科学技術のアネクドート

<< 10月27日は「地上をはなれて星を見る」 | main | 殺人光線の開発(1) >>
「科学者」といえば誰?
通っている大学院の授業で「『科学者』と聞いて思い浮かぶ人物はだれか」という話題になりました。学生からはアインシュタイン、ダーウィン、キュリー夫人、白川英樹などの名前が…。

授業でけっこう盛り上がったこの話題に刺激を受けて、次のような試みをしてみました。

「インターネットのイメージ検索で、[科学者]と入れてみて上位100位までにどんな人物が出てくるか調べる。[Scientist]でも入れてみて調べる」

グーグルのイメージ検索を使いました。出てきた人物が誰だか特定できなかったり、関係のない絵などが出てきたりしたものはのぞきます。

まずは[科学者]の結果から。



1位。国立感染症研究所の元所員・荒井英雄
3位。アルバート・アインシュタイン(1879年-1955年)。
4位。アルバート・アインシュタイン
7位。イタリアの自然哲学者ガリレオ・ガリレイ(ユリウス暦1564年-グレゴリオ暦1642年)。
8位。「現代物理学の父」と称される元理化学研究所所長・仁科芳雄(1890年-1951年)。
9位。英国の数学者バートランド・ラッセル(1872年-1970年)とアルバート・アインシュタイン

19位。アルバート・アインシュタイン

25位。自然化粧医学会・井上浩郷代表取締役社長。
29位。日本電気・関本忠弘元社長。

32位。2005年度文部科学大臣表彰「若手科学者賞」を受賞した、名古屋大学大学院工学研究科・川瀬晃道教授と西澤典彦准教授。
33位。NHKのディレクター“辰巳さん”
37位。古代ギリシャの哲学者アリストテレス(前384年-前322年)。
38位。元京都帝国大学教授、東芝技術本部長で、探検家でもある西堀榮三郎(1903年-1989年)。

53位。古代エジプトの王・ツタンカーメン(紀元前1342年頃-紀元前1324年頃)。
54位。東京大学大学院総合文化研究科広域化学専攻・藤垣裕子准教授。
58位。2005年末のヒト胚性肝細胞捏造事件が発覚した韓国の黄禹錫教授。

67位。米国ペンシルヴァニア州立大学の歴史学教授で『科学史から消された女性たち』『女性を弄ぶ博物学』を著したロンダ・シービンガー
68位。“キュリー夫人”ことマリ・キュリー(1867年-1934年)。
69位。自然科学研究機構・志村令郎機構長。

84位。ジェームズ・ワトソンにDNAのX線写真をこっそり見られた、英国の結晶学者ロザリンド・フランクリン(1920年-1958年)。

98位。博物学社・菌類学者の南方熊楠(1867年-1941年)。
99位。ドイツの衛生学者で、「10億個のコレラ菌をみずから飲んだ」とされるマックス・ヨセフ・フォン・ペッテンコーフェル(1818年-1901年)。

幅広い顔ぶれとなりました。

[Scientist]でも、イメージ検索。



11位。米国オークリッジにある国立研究所「Y-12国家安全複合体」の主任研究者にこのたび指名されたジョン・レッキー
13位。イスラムの科学者・哲学者として知られているイブン・シーナー(980年-1037年)。

21位。2003年から英国ダートマス大学で職に就いたマリー・コーチ博士と、医学部3年生のジャミ・ベシック
23位。米国のフットボール球団ヒューストン・テキサンズでチア・リーダーをつとめてもいる、25歳のロケット研究者サマー・ウィリアムズ
25位。米国立海洋大気圏局の行政官で、元副海将のコンラッド・C・ローテンバッカー博士。

36位。“悪魔科学者”の役割を演じるアーロン・ウェバー

40位。英国の化学者ジョン・ドルトン(1766年-1844年)。
41位。アルバート・アインシュタイン(1879年-1955年)。
42位。日本の理化学研究所感染免疫応答研究チームの石戸聡青木雅美植松未香後藤栄治中村湖之美星野真理松木洋平水戸麻理

55位。ドイツ自然科学者アカデミーの会員ロニ・アローニ

64位。“How a Scientist Changed the Way We Think”を上梓した英国生物学者リチャード・ドーキンス
65位。2003年から英国ダートマス大学で職に就いたマリー・コーチ博士と、医学部3年生のジャミ・ベシック(再掲)。
66位。日本の理化学研究所励起子工学研究チームの客員研究員で、東北大学大学院理学研究科の岩長祐伸
67位。米国リハイ大学の終身職を放棄したセオドア・ハプナー

74位。イタリア国立認知科学技術研究所で人工生命などを研究しているステファノ・ノルフィ博士。
75位。英国サセックス大学でロボットの社会的協調などを研究しているエセキエル・ディ・パオロ博士。
76位。ビッグバンを最初に主張した米国物理学者ジョージ・ガモフ

90位。2005年末のヒト胚性肝細胞捏造事件が発覚した韓国の黄禹錫教授。
92位。インドのニューデリーで開催された国際電波科学連合総会でヤング・サイエンティスト賞を受賞したルイス・ロドリゲス

100位。2007年ノーベル化学賞を受賞したドイツのマックス・プランク研究所のゲルハルト・エルトゥル

有名な人物から、はじめて聞くような人物までじつにさまざま。イメージ検索は日々移ろうものなので、断定的なことはなにもいえませんが、[科学者]と入れたときに「アインシュタイン」が4回も出てきた結果は特筆に値するかもしれません。いっぽう[Scientist]のほうでは、複数回名前が挙げられたのは、チアリーダー兼ロケット研究者のサマー・ウィリアムズのみ。アインシュタインが出てきた回数は1回でした。

なぜ[科学者]ではアインシュタインが多く拾われたのでしょう。そこには「科学者に一般人とは別格」というイメージと「アインシュタインといえば人間ばなれした理論と風貌をもった人物」といった日本人の連想パターンがあるのかもしれません。かくいう私も、授業では「科学者といえばアインシュタイン」と答えた口です。

みなさんは「科学者」といえば誰の顔が思い浮かびますか。

現在の「科学者」のイメージ検索結果はこちら。
http://images.google.com/images?client=safari&rls=ja-jp&q=科学者&ie=UTF-8&oe=UTF-8&um=1&sa=N&tab=wi
おなじく「Scientist」のイメージ検索結果はこちら。
http://images.google.com/images?svnum=10&um=1&hl=ja&client=safari&rls=ja-jp&q=Scientist&btnG=イメージ検索
| - | 23:59 | comments(6) | -
スポンサーサイト
| - | 23:59 | - | -
コメント
自然科学機構の志村機構長が、出ていた!驚き
| sadakun_d | 2007/12/23 5:22 PM |
sadakun_dさん、こんばんは。
イメージ検索は「こんな人が」という人が引っかかる点が楽しいですね。
お言葉をありがとうございます。
漆原。
| 漆原 | 2007/12/24 10:32 PM |
ご無沙汰しています。どの国でも科学者のイメージは混乱しているようです。鉄腕アトムを発明する天馬博士、バックトゥー・ザ・フュ−チュアーでタイムマシンを発明するブラウン博士って言いましたか、どなたも(?)天才科学者ってことになっていますが、実は技術者ですね。概ね変人風で、余人には意味不明な人物として描かれています。

ところで、何をやてるか分からない人を許容する社会でないと科学者は生き難いかも知れません。ナポレオン契い了代に何故あんなにお金があったかよく分かっていませんか、経済的な余裕があるから数学者/科学者などが暮らして行けたのでしょう。
世知辛くなると韓国の黄教授のような事件も起きます。縮まる国日本がステム・セルの矢野教授のような方を生み出し難くなることを懸念しています。
| 寺田和己 | 2008/01/03 9:06 PM |
寺田さん、こんにちは。
たしかに天馬博士はや、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のドクは、一見、科学者っぽい風貌ですが、技術者ですね。
知名度があまりに少なくても「憧れ」が生まれないし、知名度が高すぎても黄教授のようになってしまうおそれがあるし、科学者の人気とは、なかなか難しいものですね。
今年もどうぞよろしくお願いします。
| 漆原 | 2008/01/05 5:32 AM |
「鉄腕アトム」は天馬午太郎博士(群馬大学工学部)。えっ!昭和41年生まれ、丙午(ひのえうま)。モデルは誰かなあ〜

お茶の水博士もモデルがいるようで

どうせなら「サイボーグ009」のデヴィッドギルモア博士もノミネート
| sadakun_d | 2010/10/13 10:56 AM |
sadakun_dさん、こんにちは。
「研究者」や「博士」で検索すると、また一味ちがった顔ぶれになるかもしれませんね。
お言葉ありがとうございました。
漆原。
| 漆原 | 2010/10/15 7:54 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE