科学技術のアネクドート

<< 「光と影」描いて異彩を放つ | main | 避暑地か家かで「なにもしない」の印象は大ちがい >>
感染症対策、子ども界では十分、おとな界では……


元写真作者:Jun OHWADA

「夏かぜ」とよばれる、暑いころにはやる感染症があります。手足口病やヘルパンギーナなどです。ところが2020年はいつになく、こうした夏かぜにかかった人の数がすくないといいます。

手足口病は、1歳から3歳ぐらいの子どもがよく発症する感染症です。ウイルスによるもので、名のとおり手のひら、足のうら、口のなかに発疹が現れます。昨年の2019年には流行しましたが、ことし2020年は流行のさかりを迎える7月下旬、目だった流行は見られませんでした。

ヘルパンギーナは、おもに小学校に入る前の子どもがよく発症する感染症です。おなじくウイルスによるもので、40度ちかい熱が出たり、口の奥に水疱ができたりします。ヘルパンギーナの患者数も、2019年の暑いころの流行にくらべると、2020年は5分の1ほどに抑えられているといいます。

2020年にかぎって、どうして夏かぜが流行しないのか。かんたんに思いうかぶ原因は、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19:COrona VIrus Disease 2019)の流行を受けて、人びとが感染症対策を念入りにとるようになったから」というものです。

けれども、そういわれても疑問を抱く人がいるかもしれません。「新型コロナウイルス感染症はこの暑いころに流行っているではないか。夏かぜが流行らず、コロナだけ流行っているのはおかしいではないか」と。

夏かぜは流行らず、新型コロナだけ流行るのは、ひとえにこういう理由からではないでしょうか。つまり「子どもに対する感染症対策はきちんとなされているが、おとなに対する感染症対策は不十分だから」ということです。

子どもをもつ親は、「新型コロナが怖いから」と、子どもにしっかり手を洗わせるなどします。また親もしっかり手を洗うようになり、親から子にウイルスが移ることも起きづらくなっていることが考えられます。新型コロナ対策を家庭ぐるみでとった結果、子どもたちに対する感染症対策がじゅうぶんにとられて、感染経路がさえぎられ、夏かぜが減ったという理屈です。

いっぽう、おとなたちだけをとってみても、上のような親をふくめ、2020年になってからは「新型コロナが怖いから」と、これまでになくしっかり手を洗うなどの感染症対策をとるようになりました。しかし、それだけでは感染経路をじゅうぶんにさえぎるまでには至っていないわけです。たとえば、飲み屋で2人以上が集まって食べ飲みすれば、よほど店が対策をとっていないかぎり、飛沫感染などが生じえます。

こうしたウイルスの伝わりかたは、子どもの世界にはなく、おとなの世界のみにあるものです。日本国内での、年代別の新型コロナウイルス感染者数は、6月下旬以降、20〜30歳代が6割ちかくにのぼっています。

参考資料
朝日新聞 2020年8月16日付「新型コロナ増えたけど…ほかの感染症が激減 その理由は」
https://www.asahi.com/articles/ASN8F5G6CN8CPLBJ005.html
宮崎千明監修、岡田晴恵著『改訂版 学校の感染症対策』
https://www.amazon.co.jp/dp/4827815712
ブリタニカ国際大百科事典「手足口病」
https://kotobank.jp/word/手足口病-99694
知恵蔵mini「ヘルパンギーナ」
https://kotobank.jp/word/ヘルパンギーナ-191174
日本経済新聞 2020年8月15日付「新型コロナ『正しく恐れて』わかってきた特徴と対策」
https://www.nikkei.com/article/DGXZZO62684590V10C20A8000000/

| - | 09:52 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE