科学技術のアネクドート

<< 「インターナショナル感でなくグローバル感」楽曲でも | main | 「すぷーん」の野菜(素揚げ)カレー――カレーまみれのアネクドート(134) >>
「込」も「枠」も「働」も国字


日本は中国から漢字をとりいれました。その漢字の字体にならって日本でつくられた文字を「国字」といいます。国字にはほぼ音読みがなく、もっぱら訓読みがあてられます。

漢字が日本にきたのは1世紀ごろではないかとされます。また漢字が日本で理解されはじめたのは3世紀ごろともされます。いっぽう、国字が使われるようになったのは、文字によってまちまちながら、奈良時代から明治時代にかけてとされます。

このように国字の来歴はいささか特殊ですが、ふだんよく目にする文字も国字であることがあります。いくつか拾ってみると……。

「込」。送りがなもふくめ「こめる」や「こむ」と読みます。「申し込み」「込み入った話」などのように、とてもよく使います。

「枠」。こちらは「わく」のみ。「窓枠」や「1枠2番」など。むしろ「枠」が生まれなかったとしたら、どう表現していたのでしょうか。

「畑」。こちらは「はたけ」または「はた」。中国では「田」が使われているという話もあります。

「腺」。こちらは音読みの「せん」と訓読みの「すじ」があります。音読みすることから、いかにも中国から医学の知識とともにやってきたような印象をあたえますが、国字です。

「働」。訓読みの「はたらく」または、音読みの「どう」。これも国字であるとは、意外な印象をあたえるものではないでしょうか。

このほか「峠(とうげ)」は、国字の代表例として、辞典などでよく見られます。

「漢字辞典オンライン」には「国字の一覧」として249の文字が並んでいます。約300はあるとする情報もあります。

必要に応じてそれぞれの国字が生まれたことからすると、これからも必要があれば新たな国字が生まれる可能性はなしとはいえません。だれかがつくった文字を、人びとが便利だと感じて使うかどうかにかかってくるのでしょう。

参考資料
デジタル大辞泉「国字」
https://kotobank.jp/word/国字-64029
漢字文化資料館「漢字はいつごろ日本に伝わったのですか?」
https://kanjibunka.com/kanji-faq/history/q0004/
漢字辞典ONLINE「国字の一覧」
https://kanji.jitenon.jp/cat/kokuji.html
OKWAVE「『峠』、『畑』、『働』などに相当する中国語は?」
https://okwave.jp/qa/q554695.html
漢字文化資料館「新しい漢字を作って普及させることは、今からでも可能ですか?」
https://kanjibunka.com/kanji-faq/history/q0515/
| - | 10:58 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE