科学技術のアネクドート

<< 「蒸らし」で、濃い成分がお湯に拾われやすくなる | main | 気温とはべつの「温度」で暑さを示す >>
1.5食分で1人前。あまり0.5食分……
袋入り焼きそばには、3食分が1袋に入って売られているものが多くあります。2食分や4食分でなく、3食分です。

これは、袋入り焼きそばが売られはじめた1975年、1世帯あたりの平均人数が3.27人だったことや、フライパンで一度に調理できるのが3食分であることなどからきているとされます。

3食分のほかに1食分のみの袋入り焼きそばも売っています。しかし、1食分だと量がすくないため、3食分を買うという人もいます。つまり1人分を1.5食分、食べるわけです。

3食分を2人で食べるときは、一度に料理して使いきることができます。しかし、1人で食べるとなると、まず1.5食分をつくって食べ、残りの1.5人分は冷蔵庫に入れて、後日つくって食べることになります。

このとき、「3袋であること」がちょっとした課題となります。

麺については、1袋目を使いきります。2袋目を袋から出して半分だけ使い、残る半分は袋に戻すなどします。そして、空けない3袋目とともに包装袋に入れて、冷蔵庫に入れることになります。

このくらいのことであれば、ちょっとした課題には入らないかもしれません。

しかし、3袋入りになっているのは麺だけではありません。粉末ソースも3袋入りになっています。



そこで粉末ソースのほうも1袋目を使いきります。そして2袋目を半分だけ使うことになります。

しかし、この「2袋目の半分」というのがなかなかのくせものであります。麺の袋とちがって、粉末ソースは不透明の袋に入っているため「ちょうど半分」が直感的にわかりづらく、入れすぎが気になります。また、袋を大胆に切って空け口を大きくしてしまうと一気にどばっと粉末が落ちてしまうことに。さらに、残る半分のほうは開封されため粉末が湿気ってきて、後日、使うときには袋から粉末が出づらくなったり、指が汚れてしまったりすることがあります。

とはいえ、この焼きそばはあくまで3食分です。2袋目の麺や粉末ソースを半分だけ使って半分は残すという利用法は3食分からすれば特例的です。ですので「3食分を3袋でなく2袋に入れてほしい」といった求めが通じるはずもありません。

そこで、せめて、こういう袋のくみあわせはどうでしょう。とくに粉末ソースの袋については……。

全体を3袋でなく4袋にする。1袋目は1食分、2袋目は0.5食分、3袋目も0.5食分、4袋目は1食分の量とする。

こうすれば、1人前を1食分で食べる人も、1.5食分で食べる人も、どちらも袋の中味を使いきることができます。

このブログの記事で扱われるくらいの課題は、当然ながらそれぞれの焼きそば製造企業も検討したことがあるかもしれません。「3食分を2回で食べる」という例がすくなく、袋をわざわざ2種類つくるまでもない、という結論に達しているのでしょう。

参考資料
エルザ 2019年2月13日付「『マルちゃん焼そば』はなぜ3人前? ライフスタイルが変わっても“3人前”を貫く理由」
https://beauty.oricon.co.jp/special/100673/
森野熊八 グルメタイム 2016年9月3日付「『マルちゃん焼きそば』はどうして1袋3人前なの?」
http://kuma-umai.blog.jp/archives/1059032338.html
| - | 11:01 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE