科学技術のアネクドート

<< 建てもの2階の神社、屋上神社とはまたちがい | main | 「蒸らし」で、濃い成分がお湯に拾われやすくなる >>
コロナから半年、世界保健機関「マスク指針」を変えていた


写真作者:Nenad Stojkovic

日本ではあまり報じられていませんが、世界保健機関(WHO:World Health Organization)はマスク着用についての指針を(2020年)6月に大きく変えました。

かつて世界保健機関は「健康な人がマスクをつけても感染を防げる根拠はない」と言っていたのを覚えている人もいるかもしれません。けれどもいまは「感染が広がっている地域の公共の場でのマスク着用を推奨する」と言っています。

世界保健機関は、6月までは一般の人たちがマスクをつけることについてつぎのように伝えていました。

「新型コロナウイルス感染症の患者や接触者が家から出るときは、医療用マスクをつけるべきである」

「家で感染者を看る人も、おなじ部屋にいるときは医療用マスクをつけるべきである」

いっぽう、6月の指針変えで、世界保健機関は「根拠が進んだことにもとづくもの」として、つぎのような三つの新しいことを追加しています。

「新型コロナウイルス感染症の診療に携わる人だけでなく、医療現場ではたらいているすべての人に医療用マスクをすすめる」

「市中感染している地域では、60歳を超える人たちや、基礎疾患のある人たちに、物理的距離がとれないところでは医療用マスクをつけるべきと伝える」

「根拠が進んだことに照らして、広く感染が起きており、物理的距離をとるのがむずかしいところでは、一般の人びとにマスクをつけるよう政府は促すべきと伝える。たとえば、公共交通機関、店、また人が集まったり群がったりする場所においてである」

この方針がえについて、英国の放送協会(BBC:British Broadcasting Corporation)は、「WHO、マスク方針を大転換」といった強い見出しでこれを伝えています。

いっぽう、世界中でも、マスクをつける人の率が極めて高いと考えられる日本では、「なにをいまさら」と受けとめる人がほとんどかもしれません。いっぽう、マスクをつけるのが嫌で、WHOの「健康な人がマスクをつけても感染を防げる根拠はない」ということばを信頼していた人は、方針がえを「いつのまに」と受けとめているかもしれません。

参考資料
世界保健機関 2020年6月5日付 “WHO Director-General's opening remarks at the Media briefing on COVID-19”
https://www.who.int/dg/speeches/detail/who-director-general-s-opening-remarks-at-the-media-briefing-on-covid-19---5-june-2020
日本WHO協会 2020年6月10日付「WHO、マスク着用の指針を変更」
https://japan-who.or.jp/news-releases/2006-12/
BBC News 2020年6月6日付「WHO、マスク指針を大転換 密接場面での着用を推奨」
https://www.bbc.com/japanese/52935063

| - | 09:27 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE