科学技術のアネクドート

<< 世界保健機関の「自殺報道手引き」守られていない項目も | main | 書評『箱根登山鉄道125年のあゆみ』 >>
酵素を目印にしてウイルスや抗体を検出

新型コロナウイルス感染症(COVID-19:COrona VIrus Disease 2019)により、ウイルスを検出する方法が、広く人びとに知れわたるようになりました。

もっとも、多くの人に耳なじみのある方法が「PCR(Polymerase Chain Reaction)法」ともよばれる「ポリメラーゼ連鎖反応法」でしょう。ウイルスの遺伝子を増幅させることでウイルスを検出します。増幅されるウイルスの遺伝子がなければ、ウイルスは検出されません。

「イムノクロマト法」あるいは「抗原検査法」とよばれる方法も耳にすることが増えました。検出対象としているウイルスに特異的につく抗体を使って、そのウイルスに特徴的なたんぱく質を導きだします。たんぱく質が導きだされればウイルスが検出されたことになります。

これらの方法にくらべるとさほど耳にすることはありませんが、「エライサ(ELISA:Enzyme-Linked Immuno Sorbent Assay)法」とよばれるウイルス検出法もあり、新型コロナウイルスの検出にも一部で使われています。


エライサ法。色があるところは対象物が検出されていて、色が濃いと濃度が高い。
写真作者:JIRCAS Library

この方法では、酵素をウイルスがあるかどうかを検出するための目印に使います。抗原つまりウイルス、またはウイルスにつく抗体を、色のよく現れる酵素で標識しておき、その酵素活性をはかることで抗原抗体反応の産物量、つまりどんなウイルスやそれに対する抗体がどのくらい存在しているかを知ることができます。

エライサ法にはいくつかの方法がありますが、代表的なもののひとつがサンドイッチ法です。まず、プラスチック製の試験容器の表面に抗体をつけます。ここに、対象のウイルスが入っているかもしれない試料を入れます。もしウイルスが入っているとしたら、そのウイルスはプラスチック表面の抗体に捕らえられます。ここで、プラスチック表面の抗体とはべつに、酵素と結ばれた抗体を入れて、ウイルスにくっつかせます。ウイルスとくっついた量から、対象ウイルスがどのくらいの量、存在しているかを知ることができます。

このサンドイッチ法をふくむエライサ法を、新型コロナウイルスの検出法として販売している企業もすでにあります。また、新型コロナウイルスの抗体を検出する方法としてもエライサ法が使われています。

参考試料
化学辞典第2版「ELISA(エライサ)」
https://kotobank.jp/word/ELISA%28エライサ%29-2125687

MBLライフサイエンス「ELISAの原理と方法」

https://ruo.mbl.co.jp/bio/support/method/elisa.html

Elabscience「ELISAキット」
https://filgen.jp/Product/Bioscience4/Elabscience/Elab_COVID-19_ELISA.pdf
横浜市立大学 2020年3月9日発表「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の患者血清中に含まれる抗ウイルス抗体の検出に成功」
https://www.yokohama-cu.ac.jp/amedrc/news/202003ryo_covid19.html

| - | 13:47 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE