科学技術のアネクドート

<< 録音が生音をかき消す | main | 組織的・戦略的に観光地を経営する >>
湿った“舌”に、海からの空気がぶつかり大雨に

2020年7月9日(木)9:00の天気図
出典:気象庁ホームページ

(2020年)7月に入り、九州地方や中部地方などでは梅雨前線による大雨が降りました。

本州や九州また四国では平年、梅雨入りは6月上旬ごろで、梅雨明けは7月中旬から下旬にかけてとなります。そして、一般的に梅雨入り間もない時期よりも、梅雨明けに近い時期のほうが、大雨が降る向きがあります。

梅雨明けに近い時期に大雨になりやすいのは、梅雨前線で温かく湿っている空気に、さらに東シナ海あたりの温かく湿った空気がぶつかるからです。

中国大陸の東端から日本列島にかけては、7月上旬ごろ、高度3000メートル以下の空で「下層ジェット」とよばれる強い風が吹くようになります。中国大陸のほうから日本列島に向かって、つまり西から東に向けて風が吹くわけです。この強い風が運ぶのは、暖かく湿った空気です。日本列島あたりの湿度の分布を描くと、ちょうど多湿の領域が「つ」の字ように「舌」を東に向けて出したかたちになることから、この現象は「湿舌(しつぜつ)」とよばれます。

いっぽう、湿舌が起きている下層の空とはうってかわって、高度5000メートル以上の上空は、涼しく乾いた空気に覆われています。中国大陸ではすでに梅雨が明けており、大陸からは北西よりの風が涼しく乾いた空気が、この高度5000メートル以上の高層に入りやすくなるのです。

こうなると、空の下層は温かくて湿りがちで、空の上層は涼しく乾きがちに。この差は大気の状態の不安定さをもたらします。そのため、雨が降りやすい状況にあるといえます。

さらに、7月上旬になると太平洋高気圧が勢力を西へと広げていきます。高気圧では、時計まわりに風が吹くため、東シナ海のあたりでは、南東から北東に向かって風が吹くことに。その風に乗って、海上ちかくの温かく湿った空気がどんどん台湾のほうから日本列島のほうへとやってきます。

この東シナ海からの温かく湿った空気が向かう先には、湿舌が起きていて雨の降りやすい状況になっている梅雨前線があります。そして、このふたつが九州をはじめ西日本の空でぶつかることに。

ぶつかると、温かく湿った空気がつぎつぎ上昇して雨雲がわきます。これにより、大雨が降るわけです。梅雨明け近くに大雨が降りやすくなるしくみは、このように説明することができます。

2017年7月には九州北部豪雨が、また2018年7月の西日本を中心とした豪雨が、さらに今年2020年7月の九州を中心とした豪雨があり、ここ数年とくに梅雨明けちかくの時期の豪雨がよく起きている印象です。

より長い時間軸で見ても、1901年から1950年までの50年間にくらべて、1901年から近年までの期間では、とくに日本海側で降水が増えているとする統計結果もあります。

参考資料
Nikkei Style 2016年7月12日付「梅雨の終わりに大雨が降るのはなぜ?」
https://style.nikkei.com/article/DGXKZO04600540Y6A700C1W12001
世界大百科事典「湿舌への言及」
https://kotobank.jp/word/湿舌-155702
ブリタニカ国際大百科事典「湿舌」
https://kotobank.jp/word/湿舌-155702
ウェザーマップ 2020年7月3日付「なぜ、梅雨末期に集中豪雨が発生しやすいのか」
https://newscollect.jp/article/?id=651701447525368929
遠藤洋和「過去100年に観測された夏季日本の気候変動」
http://wind.geophys.tohoku.ac.jp/yamase/reports/data10/Endo_141009.pdf
| - | 12:56 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE