科学技術のアネクドート

<< 袋持参の客、袋づめで重圧を感じる | main | 最善策は近づかず、視線もあたえず >>
午前から花開いても「未草」


 かやに寝てまた睡蓮の閉づる夢 赤尾兜子

梅雨の時期ににあう花のひとつにスイレン(睡蓮)があります。雨で潤った池の水面に、みどりの円い葉を浮かべ、そのところどころに白い花を咲かせています。

日本で自生しているスイレン属の植物はヒツジグサ(未草)。「未(ひつじ)」は時刻のよび名のひとつで、いまの午後2時ごろをさします。また、午後1時から3時のあいだをさすこともあります。

夏になると、白い花がこの「未」のころに開くから「ヒツジグサ」とよばれるようになったとされます。しかし、花を開く時間帯はかならずしも一定ではなく、午前中から開きはじめるものも。

ただし、夜を待たず、暮れなずむ時間帯には花を閉じてしまいます。花を開かせたり、閉じたりする時間帯は、天気や温度などによって変わっているものとされます。

1年365日と1日24時間を考えれば、ヒツジグサの花を見られるのは、かなり貴重なことといえなくもありません。

なお、池の水に葉を浮かべ花を咲かせる、見ためのにた植物にハス(蓮)があります。ヒツジグサをふくむスイレンは、分類をさかのぼっていくと、スイレン属 → スイレン科 → スイレン目。ハスのほうは、ハス属 → ハス科 → ヤマモガシ目。スイレンとハスは、進化の系統的にはかなり異なる分類といえます。

参考資料
デジタル大辞泉「未草」
https://kotobank.jp/word/未草-610835
大辞林第三版「未草」
https://kotobank.jp/word/未草-610835
精選版 日本国語大辞典「未草」
https://kotobank.jp/word/未草-610835
NHKみんなの趣味の園芸 草津市立水生植物公園みずの森さんの園芸日記 2019年6月19日付「スイレン綺麗です」
https://www.shuminoengei.jp/?m=pc&a=page_mo_diary_detail&target_c_diary_id=585356
ウィキペディア「スイレン属」
https://ja.wikipedia.org/wiki/スイレン属
ウィキペディア「ハス」
https://ja.wikipedia.org/wiki/ハス
| - | 14:43 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE