科学技術のアネクドート

<< 「基準」がないと判断も納得もしづらい | main | 午前から花開いても「未草」 >>
袋持参の客、袋づめで重圧を感じる

写真作者:haru__q

(2020年)7月1日(水)より、コンビニエスストアなどで買ったものを入れるための「レジ袋」とよばれるプラスチック製の袋が有料になりました。

この有料化は、各店の自発的なものではなく、省令つまり経済産業大臣の命令によるものです。2006年の「改正容器包装リサイクル法」で定められた「小売業に属する事業を行う者の容器包装の使用の合理化による容器包装廃棄物の排出の抑制の促進に関する判断の基準となるべき事項を定める省令」が改正されたのを受けての有料化です。

コンビニエンスストアの店舗によっては、レジスターでのようすの変化が見られます。とくに「エコバッグ」などとよばれる持参袋をもってきた客の「慌しさ」が変わりました。

店によっては、持参袋の客は、お金を払ってお釣りを受けたあと、レジスター台に置かれた商品を自分で入れていきます。いっぽう、レジ袋の客は、これまでとおなじように店員に商品を入れてもらっているようです。対応のしかたは店によりさまざまでしょうが。

商品を袋に入れる作業は、店員がおこなっても客がおこなっても基本的にはおなじ動作となります。しかし、袋に入れる作業に慣れている店員と、あまり慣れていない客がおこなうのでは所用時間に差が出ます。

また、たくさん買った商品を、自分で袋に入れていこうとすると、うしろで並んでいる客たちの存在を重圧に感じ、焦ってしまうという客もいるようです。これは、ブッフェ形式の飲食店で、自分だけ食べものを皿によそうのに時間がかかってしまい、うしろで待つ客たちの視線を感じるときとおなじでしょう。

レジ袋の有料化をいちはやくおこなっていたスーパーマーケットでは、「レジスター台で客が袋づめする」といった光景はあまり見られませんでした。なぜなら、レジスターとはべつのところに、商品を袋に入れるためのサッカー台があるからです。

いっぽう、コンビニエンスストアでサッカー台を設けるのは、床面積がかぎられているためむずかしそうです。

「たとえ客が持参した袋であっても店員がこれまでどおり商品を入れていけばよいではないか」という考えかたもあるでしょう。現に、そのようにしている店もあるにはあるようです。

しかし、店員側にとっても、それをしづらい事情はあることでしょう。いつ洗濯したかもわからない客の持参袋に触れることに抵抗感を覚えてもしかたありますまい。また、商品を入れていくため人さまの袋のなかを見るという行為にもためらいが生じそうです。

コンビニエンスストアで、客が袋づめに時間を要したり、重圧を感じたりするという新たな問題を解決するにはどうすればよいでしょうか。

すでにおこなっている店もあるかもしれませんが、「ゆっくりレーン」と「お急ぎレーン」のように、かかる時間別に列やレジスターを分けるような店も出てくるかもしれません。袋づめに時間がかかってしまう人、また時間がかかってもよい人は「ゆっくり列」に並び、時間をかけたくない人は「お急ぎ列」に並ぶというものです。

ことさら日本では、人びとのいる前で、人びとに迷惑がかからないようにしがちです。「混んでいる時間帯には、コンビニでたくさんの商品を買いこまないようにする」といった意識が客側に芽ばえてくるのかもしれません。

まだ始まって3日目です。これから店でだんだんとよい発想が生まれ、それがほかの店にも伝わって、「レジスターでの客と店員の作業のしかた」がある程度、定まっていくことでしょう。

参考資料
経済産業省「レジ袋削減にご協力ください!」
https://www.meti.go.jp/policy/recycle/plasticbag/plasticbag_top.html
@powdersnowyuk 2020年7月3日「マイバッグ持ってコンビニ初めて行った」
https://twitter.com/powdersnowyuk/status/1278853609434710016
@masapapa_D 2020年7月3日「コンビニでエコバッグ・・・と言うか自分で袋詰めするのが思いの外ハードル高い」
https://twitter.com/masapapa_D/status/1278851246644793344
@sakusizuku 2020年7月3日「今日、会社に持って行く荷物多くてコンビニで昼ごはん買った際にレジ袋も買った」
https://twitter.com/sakusizuku/status/1278851641437851649
| - | 11:46 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE