科学技術のアネクドート

<< 「引けば加速し、押せば減速」に合理あり | main | 袋持参の客、袋づめで重圧を感じる >>
「基準」がないと判断も納得もしづらい


新型コロナウイルス感染症「COVID-19」(COrona VIrus Disease 2019)をめぐり、きょう(2020年)7月2日(木)の東京都内での新たな感染者が107人だったと伝えられました。東京都の小池百合子知事は17時過ぎから緊急記者会見を開き、「感染拡大要警戒」という状況にあると説明しました。

そして、専門家からの「総括コメント」を伝えました。これは「感染状況」と「医療提供体制」について、深刻度を4段階で表すもの。「感染状況」については、4段階のうち上から2番目に深刻な「感染が拡大しつつあると思われる」、また「医療提供体制」については、3番目に深刻な「体制強化の準備が必要であると思われる」にあると伝えています。

今回の「感染拡大要警戒」とはべつに、6月2日(火)から11日(木)まで東京都で発令されていた「東京アラート」は「1日あたりの新規感染者が20人未満」「新規感染者に占める感染経路不明の割合が50%未満」「週単位の感染者増加比が1未満」の3つの目安を超えることを、発令の基準としていました。

しかし、同30日(火)の記者会見で、東京アラートは今後は使わないことを伝えました。かわりに「新規陽性者数」「救急への発熱相談件数」「感染経路不明者の数と増加比」「検査人数と陽性率」「救急による5医療機関への受け入れ要請や、搬送先が20分以上決まらなかった件数」「入院患者数」「重症患者数」という7つの指標を設け、これらの指標をもとに警戒を発するかを総合的に判断することにしていました。

いまは、東京アラートで使われていたような基準がないなかで、状況の深刻度を専門家が判断したり、警戒の文言を都が発信したりしている状況です。

「基準」というものは、ものごとを判断するよりどころとなる一定の標準のことをさします。東京アラートのときのように、具体的な基準が定まっていれば、新たな判断をくだすための手だては、だれにとっても明快なものとなります。定めていた基準を上まわれば、その時点で「警戒発令」の時期だと判断すればよいわけです。なかば自動的です。

これは、「5回、授業に遅刻したら単位をあたえない」や「違反点数が15点以上になったら運転免許とりけし」などとおなじようなものです。実際「5回、遅刻したので単位をあたえません」や「15点以上なので免許とりけしです」といわれた側は、「機械的に決めるだなんて、そんな無慈悲な」と感じるかもしれません。

しかし、あらかじめ「この基準を超えたら、こうしますよ」と伝えておけば、いざそれをおこなうとき「基準を言っていたじゃないですか」と論拠にすることができます。言いわたされた側も、基準が伝えられていれば、あきらめがつきやすいというものです。

いっぽう、なにかを判断するうえで具体的な基準が定まっていないと、警戒を発令する側は恣意的に判断をせざるをえません。また、発令される側も恣意的な判断をされたと感じてしまうことになります。

今回の「感染拡大要警戒」の発表は、専門家による上記の4段階ずつの「総括コメント」にもとづくものでしょう。しかし、「4段階の何番目にあたるか」についても、具体的な基準にそった判断でないかぎり、多くの人が納得できるような警戒の根拠にはなりえません。

ものごとの判断をするときの基準が時とともにそぐわなくなれば、その基準をあらためていくことは大切です。しかし、基準を設けることそのものをやめてしまうことは、大切なこととはいえず、むしろ混乱のもとといえます。

ちなみに、4段階の「総括コメント」では、深刻度がもっとも低い度合を「緑色」で表現しているもよう。緑色の服装で会見に臨んだり、緑色のフリップを掲げたりするのは避けたほうがよさそうです。

参考資料
朝日新聞 2020年7月2日付「小池知事『夜の街、控えて』 東京都新規感染107人」
https://news.yahoo.co.jp/articles/b76a74081baf79ccb568c696a7e29067b7791f42
THE PAGE 2020年7月2日「東京都、新規感染者107人 小池知事『新宿・池袋の夜の街に注意を』 会見ノーカット」
https://www.youtube.com/watch?v=DPtut4YeSSo
ハフィントンポスト 2020年6月2日付「『東京アラート』、発令基準を上回るもなぜ出ていない?小池都知事の『話と違う』と疑問視する声」
https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5ed5b483c5b651b2b3174478
朝日新聞 2020年6月30日付「東京都のコロナ新指標、数値基準なし 小池知事会見」
https://www.asahi.com/articles/ASN6Z5F5RN6ZUTIL02D.html
| - | 18:44 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE