科学技術のアネクドート

<< 「ウイルスの『存在意義』の解明進む」 | main | 「南の夜空のほうが『開けている』ように感じる」 >>
極星は時代ごとに移ろう

北極星
写真作者:niwasan

つねにおなじところで輝きつづけているということから、「北極星」というよび名がついている店や人があります。

よく知られるところでは、オムライスの名店「北極星」があります。政治家だった永井柳太郎(1881-1944)の「生活の道しるべせよ北極の天に輝く明星の如く」ということばからとったといいます。

まわりの星ぼしは、時間ごとに位置を変えるのに、北極星はどうして、おなじ位置にあるように見えるのでしょうか。これは、宇宙における星ぼしの位置がかかわることではなく、地球の自転がかかわることとされます。

地球は北極と南極のあいだを結んだ線を軸に自転しています。この地球の自転軸である地軸のほぼ延長線上に「北極星」とよばれるこぐま座のアルファ星はあります。

もし、大きなレコード回転盤のような装置のうえに人が仰むけになり、その盤の中心に顔があるように寝ているとします。そしてこの人の目線はつねに真上の天井の一点に向いているとします。

盤が回転すると、天井がぐるぐる回るように見えることでしょう。しかし、真上の天井の一点はぐるぐる回ることなく、ほぼもとのところに定まっているはずです。

これとおなじような光景が、地球という回転版のような物体のうえで空を眺めている人にも映っているわけです。

北半球にいる人にとって身近な極と北極ですが、南半球にいる人にとっては南極であるかもしれません。北半球の人が北極星を眺めるのとおなじように、南半球の人は「南極星」を眺めることができます。りゅうこつ座のカノープスとよばれる星です。

こうして、地球の人びとは「ほぼ回らない」星をふたつもっているわけです。しかし、長い時間軸で考えると、つねに北極星はこぐま座のアルファ星であり、南極星はりゅうこつ座のカノープスということにはなりません。

地球は、およそ2万5800年周期で、自転軸のまわりを首ふり運動しています。そのため時代によっては、北極星にあたる星はこぐま座のアルファ星でなく、また南極星にあたる星はりゅうこつ座のカノープスではないということがあります。

たとえば、5000年前には、北極星にあたる星はりゅう座のアルファ星だったといいます。また、1万2000年後には、七夕の「おりひめ星」でよく知られること座のベガが、北極星になるといいます。

北極星や南極星は、このように時代ごとに移ろうもの。しかし、星が時代により異なっても、北極や南極の軸の先にある星を「北極星」「南極星」とよぶことに変わりはないでしょう。「北極星」という名づけかたや呼びかたがぶれることはありますまい。

参考資料
北極星「会社概要」
http://hokkyokusei.jp/concept.html
国立科学博物館「昔は別の星が北極星だったって本当ですか?」
https://www.kahaku.go.jp/exhibitions/vm/resource/tenmon/space/seiza/seiza03.html
デジタル大辞泉「歳差運動」
https://kotobank.jp/word/歳差運動-67905
デジタル大辞泉「南極星」
https://kotobank.jp/word/南極星-590431
| - | 23:59 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE