科学技術のアネクドート

<< 「興奮してもリラックス、コーヒーの作用を解明する」 | main | いまはなし……東京の姿、人びとの表情 >>
「バルミューダ」のバルミューダ・ザ・カレー――カレーまみれのアネクドート(118)

これまでの「カレーまみれのアネクドート」はこちら。



「家電量販店の白物家電コーナーにカレーが売っている」といったら驚きでしょうか。実際、炊飯器の売り場には、「バルミューダ・ザ・カレー」というカレーソースが売られています。

バルミューダは、おもに家庭用電器製品を開発・製造する新興企業。トースター、電気ケトル、オーブンレンジなどを販売するなか、電気炊飯器「バルミューダ・ザ・ゴハン」が人気を集めています。炊く米をあえて踊らせず、蒸気で炊きあげる方法で「土鍋よりおいしいごはん」を実現しようとしました。

この電気炊飯器と組みあわせるとよいカレーを念頭に、バルミューダはカレーソースも販売しているというわけです。

とはいえ、カレーをつくるのにふさわしいのはカレー屋。同社は、東京・湯島などに店を構えるカレー料理専門店「デリー」の協力を得て、この「バルミューダ・ザ・カレー」を誕生させました。家庭用電気製品を手がける企業のカレーが電気炊飯器のすぐ横で売られているわけです。

1箱で2皿分。カレーソースのみで、肉や目に見える野菜などは入っていません。この点は、デリーが持ちかえり用に売っている各種カレーソースとおなじです。「バルミューダ・ザ・カレー」については、「山ほどの玉ねぎを炒め抜くところ」から始め、繊細に重ねたフレーバーなどを「特別な製法で損ねることなくそのままパッケージに封入」しています(バルミューダサイトより)。

「つくりかた」として提案しているのが、鳥もも肉とじゃがいものみを具材としたカレー。塩、こしょう、カレー粉を振った鳥もも肉を炒め、ゆでたじゃがいも一口大に切り、これらをカレーソースに入れて火にかけるという簡単なもの。

味は、デリーのカレーをよく食べている人であれば、なじみあるもの。デリーの「辛さ5」のカシミールカレーよりも辛さは穏やかで、「辛さ3」のインドカレーなみでしょうか。ソースの質も粘り気はまったくない「シャバシャバ系」。これもデリーのカレーおなじみです。

バルミューダがカレーソースを売るようになったのには、「もっと直接的な体験をお客さまに提案したい」という思いがあったようです。デリーに「ダメ元」で連絡したところ、デリーの社長から了解の返事があり、実現したということです。

電気炊飯器を売るだけでなく、それで炊くご飯をどう食べるかまで提案し、その材料まで世に出すというのは、企業の消費者に対する新たな姿勢といえましょう。そうした開発の経緯もふくめて食べると、カレーの味もよりいっそう深いものになるかもしれません。

バルミューダによる「バルミューダ・ザ・カレー」のサイトはこちらです。
https://www.balmuda.com/jp/curry/

| - | 01:48 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE