科学技術のアネクドート

<< 「あますところなく枯木に雪の花が咲く」と解釈 | main | 書評『武蔵野』 >>
「とんきち」のジャンボ! カツカレー――カレーまみれのアネクドート(116)


カツカレーの“主従関係”にはさまざまなものがあります。

要素としてあるのは、カレーソース、カツ、ライス、それにカツ以外の具材といったところ。「カツカレー」といってもカレーですので、たいていの場合、カレーソースが“主”となり、カツをふくむほかの要素は“従”になるもの。カツもあくまで、具材のなかでは目玉となる存在といった位置づけになりがちなものです。

しかし、店によっては、明らかにカツが“主”となるところもあるもの。東京・府中市本宿町にある「とんきち」のジャンボ! カツカレーもそのひとつといえましょう。

店は、ひれかつやロースかつなどのカツを定食で出すとんかつ屋。甲州街道ぞいに建つ趣ある店で、開店は1974年といいますから45年ほどの歴史があります。

献立を見ると、ほかにもチキンカツ、カキフライ、クリームコロッケなどの揚げものの定食が充実しています。その献立表を裏がえすとあるのが「とんきちカレー 大人気!」の見だしのもとにある、カツカレーなどのカレー料理の献立。「カツカレー」の類は「ジャンボ! カツカレー」「ジャンボ大盛り! カツカレー」「カツカレー」「納豆カツカレー」「チーズカツカレー」「メンチカツカレー」。やはりカツカレー類が充実しているようです。

写真の「ジャンボ! カツカレー」は、直径40センチメートルにもなろうかという大きさの白皿に盛られたカツカレーライス。野菜サラダと味噌汁がついてきます。

カレーソースがかかったライスの上に乗るカツはじつに堂々としています。カツ定食などにも使われるであろうカツがそのままカツカレーに使われているのでしょうか。巷のチェーン店にあるような、チキンカレーや野菜カレーなどの顔ぶれのひとつとしてあるカツカレーとは、カツが明らかにちがいます。

カレーソースはややさらさらしていて、味はさほど辛くなく、主張は強くありません。ライスによく染みこんでいます。白ソースがかかっている点は特徴的ですが、こちらも隠し味といった程度。カツよりもさきに、まずカレーソースとライスだけを食べた人は「ソースとライスはあくまで脇役といったところだろうか」と感じるかもしれません。

その感じかたは、カツを食べたときに「やっぱりそうだったのか」となります。厚みのあるカツは、衣ごとスプーンでかんたんにちぎれるほど柔らかい。肉の味はさっぱりとしていますが、それがほどよい味のソースとよくなじみます。肉の白い部分にソースをかけて食べると、ソースとカツの相性のよさがさらに感じられるでしょう。まさに「カツカレー」。

堂々たるカツを主役とすれば、皿の大きさや、ソースやライスの量の多さは、カツの大きさとの均衡をとるためといえそうです。この店が扱うカツを中心に据えると、必然的に「ジャンボ! カツカレー」ができてしまうのではないでしょうか。

「カツをカレーで食べたい」と望んでいる人にとってはうってつけの店です。

「とんきち」の食べログ情報はこちらです。
https://tabelog.com/tokyo/A1326/A132602/13099105/
| - | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE