科学技術のアネクドート

<< 40年も経てば校舎は建てかえに | main | さかのぼると、まず「前」つぎに「幹」 >>
iPS細胞から“病気もち細胞”をつくり、薬の開発につなげる

写真作者:Zengame

人工多能性幹(iPS:induced Pluripotent Stem)細胞の医療への使いみちには大きくふたつあるとされます。

ひとつはiPS細胞をもとに、ほしい細胞をつくって、それを患者のからだに入れるというもの。からだに入った新たな細胞が増えるなどして、体の失われたはたらきが再生します。この方法は「再生医療」のひとつとして知られています。

もうひとつは、iPS細胞を使ったしくみを用いて、病気の治療薬をつくるというもの。「iPS創薬」などとよばれます。どういったものでしょう。

最近の例では、iPS細胞を使ったしくみで、パーキンソン病に対する治療薬の候補を見つけるという研究がおこなわれています。これは、慶應義塾大学の研究チームと製薬会社のエーザイによるもの。

パーキンソン病患者の体から細胞をとりだして、それからiPS細胞をつくります。さらにそのiPS細胞から、脳の神経細胞になる前段階にあたる「神経前駆細胞」とよばれる細胞をつくります。さらに、その神経前駆細胞を使って、ドーパミン作動性神経細胞という細胞をつくります。この細胞は、ドーパミンという神経細胞の興奮の伝達に重要なはたらきをもつ物質をつくる役目をもつもの。

つくられたドーパミン作動性神経細胞はパーキンソン病患者由来のものです。健常の人のドーパミン作動性神経細胞とちがって、ストレスを受けて死にやすいといった特徴をもっています。

この、いわば“病気をもった細胞”を用意できたところで、この細胞に対して効き目ある化合物を探していきます。つまり、ストレスによる細胞死などを抑えることのできる化合物を探すわけです。この探す作業では、すでに使われている医薬品からべつの効果を探すことを目的とした「既存薬ライブラリー」が使われています。

すると、候補の化合物を見いだすことができ、さらにその化合物を詳しく調べたところ、細胞のT型カルシウムチャネルという部分のはたらきを抑える化合物に、細胞死を抑える効果があることがわかったといいます。患者由来の細胞ではT型カルシウムチャネルが多く発現しており、細胞にカルシウムが多く流入していました。このカルシウムの流入を防ぐことで、細胞死が抑えられるというわけです。

この研究成果をもって、かならず治療薬がつくられるということまではいえないものの、大きな前進であることはたしかです。

病気だからこその特徴をもった細胞を、患者の体内でなく体外につくりだせることが「iPS創薬」では大切になるわけです。また、そうしてつくった細胞に対して、効き目のある化合物を探しだすことも大切になるわけです。

参考資料
エーザイ 2018年10月19日発表「iPS細胞を用いたパーキンソン病に対する治療薬候補物質を発見」
https://www.eisai.co.jp/news/2018/news201887.html
| - | 18:24 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sci-tech.jugem.jp/trackback/4825
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE