科学技術のアネクドート

<< 長野五輪で原田選手の口から漏れた音は「はぁ、はぁ、はぁ、ふなきっ、はゎ、はぁ」 | main | 40年も経てば校舎は建てかえに >>
「クリスマスの夜」は12月25日でなく24日の日没後


12月24日は「クリスマスイヴ」として知られています。「イヴ」には「前日」といった意味があります。巷では「イヴイヴ」といって「前々日」をさすこともあるとか。

しかし「イヴ」のもともとの意味は「前日」というより「夜」なのであり、このことを知っておくと、クリスマスの日付に対する理解も進みそうです。

もともと、この「イヴ」は、「夕べ」を意味する“even”、あるいは「晩」を意味する“evening”の語尾がなくなった“eve”であるとされます。

ですので、「クリスマスイヴ」は本来「クリスマスの夜」という意味になります。

では、「クリスマスの夜」は何月何日のいつからいつまでの時間帯をさすのでしょう。

「クリスマス」は日本では一般的に12月25日と知られています。これからすると「クリスマスイヴ」は「12月25日(クリスマス)の夜(イヴ)」と考えてもよさそうです。しかし「クリスマスイヴ」は「12月24日の夜」とされています。どういうことでしょうか。

ここで宗教的な日付の方法がかかわってきます。

クリスマスに縁の深かったユダヤ人たちの暦では「一日は日没に始まり、つぎの日没に終わる」とされます。「クリスマスの一日」も例外ではありません。クリスマスの一日は、12月24日の日没からはじまり、12月25日の日没に終わるわけです。

すると、クリスマスの一日における「夜」の時間帯は、12月24日の日没から25日の日の出までしか存在しえないことになります。必然的に「クリスマスイヴ」といえば、12月25日の夜でなく、12月24日の日没から25日の日の出までとなるわけです。

しかし、「イヴ」の意味解釈も移ろっていきます。クリスマスのイヴの時間帯である12月24日の日没から25日の日の出までを、人びとは「クリスマスの夜」と捉えるより、むしろ「クリスマスの前夜」と捉える向きがあったのでしょう。

そのため「クリスマスイヴ」の「イヴ」は「前夜」として定着し、国語辞典などでも「祝祭日の前夜。特にクリスマスの前夜」などと載るようになったと考えられます。

こうした経緯からすると、「クリスマスは何月何日だ」と質問をして、「12月24日」と答えた人に対し、「12月25日だよ。24日のほうが楽しいからそう答えたんだろうけれど」と正すのは、半分は正解で、半分は不正解ということになります。

参考資料
 hellog〜英語史ブログ 2016年9月25日「#2708. morn, morning, morrow, tomorrow」
http://user.keio.ac.jp/~rhotta/hellog/2016-09-25-1.html
ウィキペディア「クリスマス・イヴ」
https://ja.wikipedia.org/wiki/クリスマス・イヴ
デジタル大辞泉「イヴ(eve)」
https://kotobank.jp/word/イブ-32028
| - | 17:44 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sci-tech.jugem.jp/trackback/4823
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE