科学技術のアネクドート

<< お地蔵に塩 | main | 前後の見わけは左右で >>
「リデュース」は、使う資源や廃棄物の量をすくなくすること


人が生活を送ったり、企業活動を営んだりするときには、なにかしらの資源を使うことになります。そのとき新たな資源を使うことを抑え、できるだけ廃棄物をなくすことをめざそうとする考えかたがあります。そうした考えを理想とする社会は「循環型社会」などとよばれます。

循環型社会をめざすうえでは、「リユース、リデュース、リサイクル」というみっつの活動が大切といわれます。このうち「リユース」(Reuse)については「利用」の意味の「ユース」(use)に、「再び」の意味の「リ」(Re-)がついたものであるため、多くの人は「再利用」のことだと直感でわかりそう。また、「リサイクル」(Recycle)についても、「サイクル」についてもよく使うことばであるため、「廃物を資源にすること」といった理解はしやすそうです。

これらに対して、「リデュース」(Reduce)については、そもそも外来語としてさほど定着しているわけではないため、どういうものか理解することがより必要かもしれません。

リデュース・リユース・リサイクル推進協議会は、リデュースを「製品をつくる時に使う資源の量を少なくすることや廃棄物の発生を少なくすること。耐久性の高い製品の提供や製品寿命延長のためのメンテナンス体制の工夫なども取組のひとつです」としています。

そして、具体例を数多く示します。

まず「消費者の視点」として、「マイバックを持って無駄な包装は断る」「詰め替え容器に入った製品や簡易包装の製品を選ぶ」「耐久消費材は手入れや修理をしながら長く大切に使う」「利用頻度の少ないものは、レンタルやシェアリングシステムを利用する」「耐久性の高い製品や省資源化設計の製品を選ぶ」「使用頻度の少ないものをシェアする」といった6点をあげています。

つぎに「事業者の視点」として、「製品を設計する時に、製品ができるだけ長く使えるように工夫をする(耐久性、修理性等)」「製品を設計する時に、製品ができるだけ少ない材料、部品等で構成されるように工夫する(省資源化)」「製品をつくる時に、原材料を無駄なく効率的に使うように工夫する」「修理や点検等のアフターサービスを充実することにより、製品の長期使用促進に努める」「簡易梱包、簡易包装、詰め替え容器、通い箱等の利用、普及に努める」「機械器具等の手入れ方法や修理方法を工夫して長期使用に努める」「利用頻度の少ないものをシェアする仕組み、不用品を有効に活用する仕組みをつくる」「耐久性の高い製品や省資源化設計の製品を選ぶ」「食品ロスを削減する仕組みを作る」といった8点をあげています。

「リユース」であげられている具体例が5個、「リサイクル」であげられている具体例が7個であるのにくらべて、「リデュース」については14個もあげられています。使う資源の量をすくなくしたり、廃棄物のはっせいをすくなくしたりすることにつながることは、それ自体だけでなく、さまざまな方法があるということでしょう。

できるだけ資源を使わないことは、なにかを「する」ことよりむしろ、なにも「しない」ことで実現するもの。「する」ことで実現するリユースやリサイクルより単純です。しかし、なにも「しない」ということは、不景気や産業衰退につながりうるため、「リデュースしすぎるべきではない」という考えかたもあります。身の丈に合った分の資源を使うということが苦手になってしまった人間の抱えるジレンマです。

参考資料
リデュース・リユース・リサイクル推進協議会「3Rについて」
http://www.3r-suishinkyogikai.jp/intro/3rs/
ウィキペディア「リデュース」
https://ja.wikipedia.org/wiki/リデュース
| - | 16:20 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sci-tech.jugem.jp/trackback/4819
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • アナウンサーも日常的に「やつ」
    ★ (08/03)
  • “遅れて来た”日産自動車、“満を持して”リーフ
    うぼで (06/13)
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE