科学技術のアネクドート

<< 指揮者に「企てない」という選択肢も | main | 「まりあん」が人格的望遠鏡とともに浜で見張る >>
「サイバーフィジカルな」でなく「サイバーとフィジカルをまたぐ」

画像作者:medithIT

カタカナがいくつもならんでいて「なんかむずかしそうだな」と感じても、意味や語感がわかれば「ああ、なんだ。そのことか」と思うような外来語はあるものです。

情報技術系の報道記事や企業の広報発表では、「サイバーフィジカルシステム」ということばが目につくようになりました。

「この機能はIndustry 4.0の各種アプリケーションのリアルタイム通信に重要であるとともに、ソフトウェアで再設定できる工場内のサイバー・フィジカル・システムを可能にするという」(コンピュータ装置開発の報道より)

「サイバーフィジカルシステムの一部としてそうした設備をIoT化して繋ぐだけに限らず、最新の制御技術やAIを活用して本当に自分たちが必要としている設備をユーザの立場から構築できたことは、来るべきオープン化の時代を先取りするとても有意義な取り組みでした」(小型マシニングセンタ開発の発表より)

「サイバーフィジカルシステム」は、英語では“Cyber Physical System”と綴ります。
3語それぞれの意味は「コンピュータネットワークの」「現実の」「体系」といったもの。

カタカナがみっつ並んで「“サイバーフィジカル”な“システム”」と捉えられがちですが、「サイバーフィジカル」という形容詞句があるわけではありません。「“サイバー”と“フィジカル”にまたがる“システム”」というのが、よりふさわしい捉えかたです。「中央総武線」や「日産ルノー連合」とおなじような各語の位置づけとなります。

いままで企業や人が、評価したり意思決定したりするとき、勘や経験を頼りにしてきました。これからは、世の中のさまざまなところに出まわった感知器を使うことで、人びとの行動のとりかたなどをデータにし、そのデータを評価したり意思決定したりするときのよりどころに使うことが増えていきそうです。新たなこの方法は、コンピュータネットワークの(サイバーの)空間と現実の(フィジカルの)空間の両方にまたがるものであるため、「サイバーフィジカルシステム」とよばれるわけです。

このシステムがあたりまえのようになれば、感や経験でなく、世の中の実際の状況を表すデータがよりどころになるため、現実に即した評価や外さない意思決定ができるようになると考えられています。

日本人にとっては、「システム」はなじみあることばであるものの、「サイバー」や「フィジカル」はそれほどではありません。「サイバーフィジカル」というひとまとまりの語句と捉えられるおそれはまだ強くありそうです。

いい換え語として、「デジタルツイン」というのもあるそうです。コンピュータネットワークの空間上に現実の世界の情報をすべて再現する、つまり「双子」のような状況だから「デジタルツイン」とよばれるそうです。しかし、まずもって「デジタルツイン」が、一般の人びとに浸透することはなさそうです。わけがわからないからです。

より日本人になじみある日本のことばで「サイバーフィジカルシステム」や「デジタルツイン」を表現できれば、人びとの意思疎通はより滞らなくなることでしょう。

たとえば「脱勘システム」とか「データ根拠システム」あるいは「データ語り系」といったことばではどうでしょうか……。

参考資料
IoTニュース 2018年10月30日付「テキサス・インスツルメンツ、Industry 4.0向けマルチプロトコル・ギガビット・TSN対応のプロセッサ製品を発表」
https://iotnews.jp/archives/110287
PR Times 2018年10月31日付「ベッコフオートメーション、駿河精機、コアコンセプト・テクノロジーは、工作機械のCNCにリアルタイムモニタリング、自作制御処理、AIを組み込み、IoTと知能化を実現する小型マシニングセンタを開発」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000027362.html
岩野和生・高島洋典「サイバーフィジカルシステムとIoT(モノのインターネット) 実世界と情報を結びつける」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/57/11/57_826/_html/-char/ja
Analytics「サイバーフィジカルシステム(CSP)とは」
https://analytics-news.jp/info/cps
大辞林第三版「サイバー」
https://kotobank.jp/word/サイバー-508285
weblio 英和・和英辞典「physical」
https://ejje.weblio.jp/content/physical
Monoist 2018年8月8日付「いまさら聞けない『デジタルツイン』」
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1808/08/news043.html
| - | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sci-tech.jugem.jp/trackback/4796
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • アナウンサーも日常的に「やつ」
    ★ (08/03)
  • “遅れて来た”日産自動車、“満を持して”リーフ
    うぼで (06/13)
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE