科学技術のアネクドート

<< 「なぜ太くなる? 大根の謎をゲノム解析で明らかに」 | main | STEAM教育の“A”は深くて広い >>
「悲しみがとまらない」の訴えも聞きながされる


写真作者:risa ikeda

人間は“聞きながす”ことのできる生きものです。目のまえの人が自分に向かって話しかけてくるのとはちがう“声”が聞こえてきたとき、さほど真に受けない場合もあります。

歌手の杏里さんが1983年に出した歌に「悲しみがとまらない」があります。作詞は康珍化。作曲は林哲司。

いまもラジオ番組などで、ディスクジョッキーから「ではここで一曲お聞きください。杏里の『悲しみがとまらない』です」などと紹介され、歌が流れてきます。

この歌詞の内容を要約すると、つぎのようになります。

主人公の女性が、自分の彼氏を女友だちに紹介したところ、女友だちに彼氏を奪いとられ、別れてくれと迫られて、悲しみがとまらない。彼氏からは誤解だと諭されて抱きしめられたけれど、愛を感じられない。彼を返して、だれか助けて、悲しみがとまらない。

主人公が置かれた状況は、たいへん深刻です。

もし、こうした状況に置かれた人物が本当にいて、ラジオ番組の途中に当人が「悲しみとまらないんです」と訴えはじめたら、聴いている人は「なんだこの人は」「いったいどうしたというんだ」と、他人ながらとても不安に思うことでしょう。

しかし、そうなりません。ディスクジョッキーが軽快に「杏里の『悲しみがとまらない』聞いていただきましたー。では続いては交通情報をどうぞ」などと、こともなげに聴取者を導いていきます。ほとんどの聴取者も聞きながすことでしょう。「悲しみがとまらない」が、実際だれかに訴えられているものではないとわかるからです。

ただし、自分が「悲しみがとまらない」の歌詞の内容とおなじくらいに悲しみにくれているとき、「悲しみがとまらない」の歌が聞こえてきたら、その人も涙を流すかもしれません。共感する能力を人はもっているからです。

参考資料
ウィキペディア「悲しみがとまらない」

https://ja.wikipedia.org/wiki/悲しみがとまらない

| - | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sci-tech.jugem.jp/trackback/4786
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • アナウンサーも日常的に「やつ」
    ★ (08/03)
  • “遅れて来た”日産自動車、“満を持して”リーフ
    うぼで (06/13)
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE