科学技術のアネクドート

<< 肉を、たくさんの穀物とともに食べる | main | いま放送中の番組でも「タイムフリー」で“遅れて”はじめから聴ける >>
「やがて」のもとの意は「そのまま」

『竹取物語絵巻』より、かぐや姫が月へ帰っていくところ
絵作者:土佐広通(1599−1670)

昔の人が使っていたあることばの意味が、だんだんと変わっていくことはよくあるものです。その結果、国語辞典には、ひとつのことばなのに、さまざまな意味が載ることになります。

「やがて」に対して、どのような語感をもつでしょうか。

仲谷鳰さん原作の漫画『やがて君になる』がよく読まれ、2018年10月からは、テレビのアニメーション番組にもなったといいます。ふたりの少女が愛しあう漫画の内容から、ここでの「やがて」には「そのうち」あるいは「いきつくところ」といった意味を思いおこさせます。

「やがて」の意味は、しかし、それだけではありません。

「そのうち」や「いきつくところ」と似ていますが、いつとはわからのの近づいたことをいうときに使う「かれこれ」のような意味の「やがて」もあります。

しかし、古語までさかのぼると、「やがて」の意味はかなり異なってきます。

『竹取物語』の「富士の煙」では、かぐや姫が天に昇ったあと、のこされた翁と媼が「薬も食はず、やがて、起きもあがらで、病みふせり」となります。ここでの「やがて」には「そのまま」の意味があてられるといいます。薬も飲まず、そのまま、起きあがらず、病みふせたわけです。

また、吉田兼好(1283頃-1350頃)作の『徒然草』第71段には「名を聞くより、やがて、面影は推し測らるゝ心地するを」とあります。この一文にあてられる現代語訳は「(会ったことのない人でも)名前を聞くと、すぐに、顔を推しはかれる心地がする」といったもの。「たちまち」あるいは「すぐに」といった意味があてられます。

つまり、古語の時代には「やがて」は「そのまま」や「すぐに」といった意味で使われていたわけです。いまも「すぐに」の意味で「やがて」を使う人は多くいますが。

「やがて」の意味の変化について、源氏物語を“イラスト訳”している「あい」さんが「あいの部屋国語力UP講座」がとてもわかりやすく説明しています。

それによると、「やがて」の語源は「ある状態に続いて、他の状態が行われること」であり、これは「そのまま、引き続いて」の意となります。

ある状態がつづくと、直後にほかの状態が起こる。そこで、「すぐに、直ちに」の意へと変化したといいます。

そして、近世に入ると、持続する間合いがだんだん長く考えられるようになり、「まもなく、そのうちに」という意に変わっていったといいます。

以上が「あい」さんの説明の抜粋です。近世に入り、持続する間合いがだんだん長く考えられるようになったというところに、人びとの時間感覚の変化が感じられて、趣深いものがあります。こうした変化を研究する国語学者もいるのでしょう。

このような「やがて」の意味の変化を味わったうえで、上の漫画『やがて君になる』の題にあらためて向きあうと、「やがて」の語源である「そのまま」の意味もしっくりとくるようになります。

参考資料
デジタル大辞泉「やがて」
https://kotobank.jp/word/軈て-647614
月刊コミック電撃大王「やがて君になる」
http://daioh.dengeki.com/contents/yagate/
竹取物語 現代語訳「富士の煙」
http://sd-challenge1.com/竹取物語030.html
徒然草DB「第71段 名を聞くより、やがて、面影は推し測らるゝ心地するを、」
http://www2.yamanashi-ken.ac.jp/~itoyo/tsuredure/turedure050_099/turedure071.htm
情報言語学研究室「やがて【軈・頓】」
https://club.ap.teacup.com/hagi/344.html
源氏物語イラスト訳で古文の偏差値20UP(↑)する勉強法「【桐壺149-】「やがて」〜2つの意味の見分け方☆」
https://ameblo.jp/aiaia18/entry-10522318190.html
| - | 14:32 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sci-tech.jugem.jp/trackback/4768
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • アナウンサーも日常的に「やつ」
    ★ (08/03)
  • “遅れて来た”日産自動車、“満を持して”リーフ
    うぼで (06/13)
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE