科学技術のアネクドート

<< 実証実験で終わることも、終わりではないことも | main | 「やがて」のもとの意は「そのまま」 >>
肉を、たくさんの穀物とともに食べる


11月29日は、「いい肉の日」。「より良き宮崎牛づくり対策協議会」が制定したそうです。同協議会はもはや制定したことについて、あまり自分たちから宣伝をしていないようですが。

「いい肉の日」に、肉について考えるのも、きっかけとしてはよいかもしれません。

人間が食肉を食べるのとおなじように、食肉になる牛、豚、鶏たちは餌を食べます。肉牛は、本来は稲わらや牧草を食べ、人間に食肉の対象とされたときはとうもろこし、大麦、ふすまなどの飼料をあたえられます。また豚は、とうもろこし、大豆粕、大麦、ふすまなどがあたえられます。鶏は、くず米や麦などの穀類のほか、米ぬか、ふすま、魚粉などをあたえられます。

これらの畜産物が食べる飼料は、いずれも熱量、つまりエネルギーをもっています。そもそも動物が餌を食べるのは、生きていくうえで必要なエネルギーを得るためなので当然といえば当然ですが。

では、これらの牛、豚、鶏たちからつくられる肉には、牛、豚、鶏が得た餌の熱量をあわせた量がふくまれているのでしょうか。

答は「否」です。牛も豚も鶏も生きものなので、生きているだけで体に代謝が起こり、得た熱量はどんどん使われていきます。

そのため、人間がおなじ熱量の食べものを、肉から得るのと、穀物から得るのとでは、それまでに使われた熱量が大きく異なってきます。

牛の肉の熱量1キログラムがつくられるためには、牛に15〜16キログラムの穀物を食べてもらわなければなりません。つまり、人間が食料を得ようとするとき、穀物を餌とする肉牛をつくって得るのと、肉牛をつくらず穀物のままで得るのとでは、得られる食料の量に大きなちがいが生じるわけです。

おなじく、豚の肉1キログラムがつくられるためには、豚に3〜3.5キログラムの餌を食べてもらわなければなりません。鶏の肉1キログラムがつくられるためには、鶏に2.2〜2.3キログラムの餌を食べてもらわなければなりません。

こうしたことから、人間は万人に効率よくエネルギーをいきわたらせるため、肉をつくって食べることをせず、その分、穀物を食べればよいとする考えも出てきます。

しかし、多くの人が肉を食べる食習慣をもっており、さらにいえば生きものとしてヒトが雑食性であることから、人びとはそうかんたんに肉食とお別れすることはできないでしょう。

同時に人間はよく想像することもできます。「いま食べようとしているこの肉ができるまでに、たくさんの穀物も使われてきたんだ」と思いながら、肉を食べることはできます。味も変わってくるのではないでしょうか。

参考資料
デジタル大辞泉プラス「いい肉の日」
https://kotobank.jp/word/いい肉の日-694025
三重の畜産広場「肉用牛への飼料給与」
http://mie.lin.gr.jp/fureai/paneru/s02.pdf
見えの畜産広場「豚への飼料給与」
http://mie.lin.gr.jp/fureai/paneru/s03.pdf
畜産ZOO鑑「卵用鶏のエサの特徴」
http://zookan.lin.gr.jp/kototen/tori/t221_2.htm
飢餓と肉食「肉生産に必要な穀物」
http://www.nikusyoku.com/kiga/fact/02.html
ビッグフォーラム22『養豚の教科書』
http://e-venet.com/youtonnokyoukasho_sample.pdf
| - | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sci-tech.jugem.jp/trackback/4767
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • アナウンサーも日常的に「やつ」
    ★ (08/03)
  • “遅れて来た”日産自動車、“満を持して”リーフ
    うぼで (06/13)
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE