科学技術のアネクドート

<< 工学で「どうやって」でなく「なんで」を研究する | main | 「いごかす」かつては広い地域で使われていた >>
大停電、太陽光給電は伝わるが、自動車給電は伝わらず


きょう(2018年)9月6日(木)未明に北海道で起きた大地震により、道内すべての地域で停電が生じました。広い地域で停電は終日つづきました。あす7日(金)朝までに全体の3分の1にあたる100万世帯への供給再開がめざされていると伝えられます。

北海道ほどの広い地域で電気を1日以上にわたり使えなくなるという事態はこれまであったでしょうか。2011年3月の東日本巨大地震のときの広域停電につづき、人びとの暮らしは電気でなりたっているということを多くの人に感じさせるような大停電となってしまいました。

このたびの停電を機に、「自分で電気をつくる」ことや「自分で電気を保っておく」ことの有用さ、また課題などが、これから多く話題になっていくことでしょう。

自分の家で太陽光発電をしている人の多くは、停電のときも自分の家に電気を使うことができます。資源エネルギー庁は「停電時の自宅用太陽光発電パネルの自立運転機能について」という案内を緊急で出しました。ふだん太陽光発電装置でつくられた電気は電力会社に売られるしくみになっていますが、「自立運転モード」に切りかえて、自立運転用コンセントに必要な機器をつなぐことで、機器を使えるようになります。

実際に北海道で停電に遭った人から、ツイッターに「太陽光発電あってよかった。とりあえず、自立運転モードにしてタブレット充電しておこう」「あってよかった、太陽光発電。自立運転で電力を冷蔵庫へ」などといった投稿がされています。

車を走らせるときに電気を使う、電気自動車やハイブリッド車も、「停電のとき役に立つ」といわれてきました。停電のとき、車に貯まっている電気を家で必要な電気として使えるというわけです。

日本自動車連盟は2018年2月、「車からの電源供給」についての試験をおこないました。電気自動車、プラグインハイブリッド車、ハイブリッド車、一般的な車の4台について、どんな家庭電化製品をどのくらい使うことができるか試したのです。

「どんな家電製品を使えるか」については、電気自動車、プラグインハイブリッド車、ハイブリッド車で、1350ワットという高い電力を使うホットプレートまで使えたとのこと。一般の車では、直流を交流に換えるインバーターを介せば100ワットのランプを使えるものの、800ワットの電気ストーブになると短時間でバッテリーが上がるおそれありとなりました。むしろ、インバーターがあれば一般の車でもスマートホンの充電や、ランプの点灯などはできるということが強調されるべきかもしれませんが。

「どのくらい使うことができるか」については、一般的な車以外の車で、1250ワット1.2リットルの電気ポットでお湯を何回わかせるか試しました。ハイブリッド車では1回、プラグインハイブリッド車では27回、電気自動車ではすくなくとも30回は使えるという結果になりました。電気自動車には30回わかしたあとでも、バッテリー残量は12分の7あったとのこと。ということは2倍の60回以上お湯をわかせそうです。

ただし、今回の大停電では、電気自動車やプラグインハイブリッド車を使って難をしのいでいるという情報発信はなかなか見あたりません。そもそも北海道では電気自動車やプラグインハイブリッド車の普及率は低いとされます。広い北海道を長く走るという点では、一般の車のほうが向いていると考えられているのかもしれません。

とはいえ、電気自動車やプラグインハイブリッド車をもっている北海道民は皆無ではありますまい。これらの車をつくって売っている企業は、これらの車から給電できることやその方法また注意点などを、ウェブサイト冒頭などであらためて言及してもよいのではないでしょうか。6日23時の時点で、各社のウェブサイト冒頭に、そうした言及は見られません。

いまも、自分の車から給電するための情報をスマートフォンなどで得ようとしている人がいる可能性はあります。そうした情報の発信は、被災していない人たちにも「電気自動車から給電できる」ということが伝わる機会になります。

参考資料
読売新聞 2018年9月6日付「北海道全世帯停電、7日朝までに3分の1供給へ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180906-00050097-yom-bus_all
資源エネルギー庁 2018年9月6日付「停電時の住宅用太陽光発電パネルの自立運転機能について」
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/dl/announce/20180906.pdf
違う見方 2018年9月16日付「北海道地震がキッカケで考えた、災害時の太陽光発電について!」
https://www.chigau-mikata.club/entry/2018/09/06/115938
日本自動車連盟「災害時に車からの電源供給」
http://www.jaf.or.jp/eco-safety/safety/usertest/disaster/detail1.htm
| - | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sci-tech.jugem.jp/trackback/4713
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • アナウンサーも日常的に「やつ」
    ★ (08/03)
  • “遅れて来た”日産自動車、“満を持して”リーフ
    うぼで (06/13)
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE