科学技術のアネクドート

<< 「改良の余地をなくしていく」と「完成度」は高まる | main | 住みやすさ世界3位の大阪「文化と環境」「都市基盤」以外は100.0 >>
基礎分野の研究者「頼りの綱は科研費」


将来の技術や素材の開発につながる新たな知識や構想を発見しようとしておこなうような研究活動は「基礎研究」とよばれます。「基礎研究」はしばしば、具体的な技術や素材などを生みだすのに直結するような研究活動をさす「応用研究」と対に使われることがあります。

基礎研究をおこなっている大学の研究者は、よく「大学から配分される研究のための予算が減ってきている。頼りの綱は科研費だ」といったことを異口同音に口にします。これはどういう意味でしょうか。

まず、応用研究にくらべて、基礎研究では、研究を進めるための資金が得にくいといった状況があるようです。応用研究については、たとえば国や、国から委託されている技術開発推進機関、また企業などがつぎつぎと事業を起こして予算をつけるため、大学の研究者が委託先に選ばれれば、研究資金を得ることができます。いっぽう、基礎研究については、国も機関も企業も、その研究からどんな技術や材料が生まれるか絵に描きにくいため、そうした研究に予算をつけづらいといったことが考えられます。

資金が得にくいといっても、基礎研究にも資金は必要です。そこで、基礎研究の研究者は、おもに大学から配分される資金と、「科研費」とよばれる資金のふたつを頼りにしてきました。

大学から配分される資金には、文部科学省から国立大学に交付される「運営費交付金」や、日本私立学校振興・共済事業団を通じて私立大学に分配される「私立大学等経費補助金」などがあります。これらの資金が大学から各研究者にわたるわけです。

しかし、国立大学への運営費交付金は、2004年に国立大学が独立行政法人化してから年々減りつづけています。文部科学省は「国の直轄でなく独立行政法人になったのだから、予算は自分たちで得てよ」という姿勢を見せているのでしょう。

すると、基礎研究者たちにとって、研究を進める頼りにしたくなるのが「科研費」となります。

科研費とは「科学研究費補助金」のこと。「研究活動のはじまりは研究者の自由な発想に基づく研究にある」という国の考えから、こうした学術研究に対して、研究費があたえられるもの。自然科学だけでなく、自分文化学や社会科学といった文系色の強い研究にも使われます。いまは文部科学省の外郭団体にあたる日本学術振興会が管理しています。

ただし、基礎研究をする研究者はただじっと待っていれば科研費を得られるわけではありません。「自分はこういう研究をしますから、お金をください」と応募し、審査で認められれば、得られるというしくみになっています。こうした資金は「競争的資金」とよばれます。

応募して審査で認められないと、科研費は入ってきません。そのため基礎研究をおこなう研究者たちにとっては、科研費を獲得できるかどうかが研究をよく進められるかの分かれ目となるわけです。「頼りの綱は“科研費”だ」ということばには深刻さがあります。

参考資料
産学連携キーワード辞典「科研費」
https://kotobank.jp/word/科研費-461332
日本私立学校新興・共済事業団「私立大学等経常費補助金」
http://www.shigaku.go.jp/s_hojo.htm
日本学術振興会「科学研究費助成事業2017」
https://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/24_pamph/data/kakenhi2017.pdf
毎日新聞 8月14日付「@大学 財務基盤強化へ収益源模索 国からの交付金・補助金、減額で危機感」
https://mainichi.jp/articles/20180814/ddm/013/100/032000c
| - | 15:13 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sci-tech.jugem.jp/trackback/4693
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • アナウンサーも日常的に「やつ」
    ★ (08/03)
  • “遅れて来た”日産自動車、“満を持して”リーフ
    うぼで (06/13)
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE