科学技術のアネクドート

<< 敏感なくちばしで巧みにくわえる | main | 「改良の余地をなくしていく」と「完成度」は高まる >>
「CoCo壱番屋」のスパイスカレー THEチキベジ――カレーまみれのアネクドート(113)


「期間限定」のものには飛びつくほうでしょうか。

「いまの時期しか得ることができない」といったことから「いま買っておかないと」という心理がはたらき、つねに売られているものよりも、手が出てしまうという人もいることでしょう。

カレーの世界にももちろん、「期間限定」はあります。

店を全国展開する「CoCo壱番屋」は、2018年の夏から秋にかけ「スパイスカレー THEチキベジ」を出しています。8月末までの限定とのこと。

CoCo壱番屋の通常のカレーといえば、ポークカレーあるいはビーフカレーといった素朴なソースを基本に、お好みで「チキンカツ」「ソーセージ」「ハンバーグ」などの単品からなる具材を選んで注文するもの。

いっぽう、「スパイスカレー THEチキベジ」はというと見た目も賑やか、さまざまな具材が入っています。同店の主要原料についての情報によると、鶏肉、オクラ、なす、ミニトマト、グリーンアスパラガス、豚肉、トマト、玉ねぎといった具材名が並んでいます。くわえて、同店が「にんにくとスパイスが効いた夏のカレー」と紹介しているように、いくつかの種類の香辛料もまぶされています。

つまり、CoCo壱番屋のカレーとしては、異彩を放っているといえましょう。期間限定感が高まります。

カレーソースは心なしか、通常のカレーのソースより辛めでしょうか。しかし、店内には寒気を感じるほどの冷房が効いていて、席によってはカレーソースにも冷風が当たるので熱さはなくなっていき、辛い感じは中和されていきます。ライスとも、さまざまな夏野菜の具材ともよい相性。

「期間限定」で食べてみて辛さと具の豊富さを味わい、再び、三たびと、ついCoCo壱番屋に入ってしまう人もいるのではないでしょうか。

CoCo壱番屋の「スパイスカレー THEチキベジ」の情報はこちらです。
https://www.ichibanya.co.jp/menu/detail.html?id=492

参考資料
CoCo壱番屋「ココイチ 原産地情報」
https://www.ichibanya.co.jp/menu/pdf/origin.pdf​
| - | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sci-tech.jugem.jp/trackback/4691
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • アナウンサーも日常的に「やつ」
    ★ (08/03)
  • “遅れて来た”日産自動車、“満を持して”リーフ
    うぼで (06/13)
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE