科学技術のアネクドート

<< 戦時中「B-29」が日本の広告に載る | main | 「CoCo壱番屋」のスパイスカレー THEチキベジ――カレーまみれのアネクドート(113) >>
敏感なくちばしで巧みにくわえる
街なかの電柱に、「カラスの巣」と書かれた貼り紙があります。「電柱の上にカラスの巣があり、後ほど除去作業を実施します」とのこと。そして、なぜかカラスが「お問い合わせは下記電話番号までお願いします」と伝えている絵となっています。



電柱の頂には、たしかにカラスの巣らしきものがあります。



都会におけるカラスの巣は、小枝のほかに金属でできた衣紋かけなども使われます。細い枝や針金でつくった巣のうえに乗るのは痛そう。しかし、どのカラスの巣もこうした材料で作られるといいます。カラスにとってはふつうのことなのでしょう。

平たい地面のうえでないにもかかわらず、細い枝や衣紋かけを使って巣を作るとは、カラスも巧みです。カラスがものを運ぶときは、足でつかむよりも、くちばしでくわえるほうが多いようです。

人が指先を使って箸を操るといった細かい動きをとれるのは、指の腹に触覚の受容器がたくさん集まっているから。これとおなじように、カラスのくちばしも、ものをくわえたり離したりといった細かい作業をするのにふさわしいつくりとなっているといいます。

くちばしは硬いため、骨のようなものと思われがちでですが、じつは、くちばしの表面は、なかの骨を覆う広い意味での皮膚であるといいます。たしかに、カラスの赤ちゃんの写真を見てみると、くちばしは赤みを帯びているように見えます。

そして、カラスはくちばしの表面を通じて、熱さや痛さなどを敏感に覚えることができるということが、近ごろのカラス研究でわかってきたそうです。

体に対する脳の容積が大きいことから推しはかれる賢さ。それに、くちばしに備えられた、ものを触れるときの敏感さ。こうした能力をもって、カラスは巣を作っているようです。

なお、カラスの巣は、おもに子育てをするためのものといいます。卵や赤ちゃんが巣から落ちてしまうのが心配ですが、その前に電力会社の社員が巣をとり除いてしまうかもしれません。

参考資料
TBSラジオ放送ログ 2018年8月9日付「カラス博士・杉田昭栄名誉教授が語る『くちばしの秘密』」
https://www.tbsradio.jp/281937
生活110番「カラスの巣を撤去する前に一読! カラスの巣について知っておきたいこと」
https://www.seikatsu110.jp/animal/am_pigeon/11853/
いきもの通信 2008年5月11日付「鳥のくちばしは骨なのか?」
http://ikimonotuusin.com/doc/407.htm
AFP 2018年5月23日付「鳥に歯がない理由に新説、卵のふ化を早めるため」
http://www.afpbb.com/articles/-/3175626
| - | 19:43 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sci-tech.jugem.jp/trackback/4690
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • アナウンサーも日常的に「やつ」
    ★ (08/03)
  • “遅れて来た”日産自動車、“満を持して”リーフ
    うぼで (06/13)
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE