科学技術のアネクドート

<< 投げ縄で牛や馬を捕まえる意味を込めて「ラリアート」 | main | 敏感なくちばしで巧みにくわえる >>
戦時中「B-29」が日本の広告に載る

B-29

太平洋戦争の末期、日本の上空には、米国の「B-29」という大型戦闘機がつぎつぎと襲来し、日本各地を爆撃しました。各都市での多くの空襲、それに広島と長崎での原子爆弾投下にはB-29が使われました。1944年6月、北九州市の八幡製鉄所をねらった空爆を始めとし、日本の敗戦までのべ3万3000機のB-29が出動されたといいます。

当時の日本政府は、国民に対して「敵機がどういうものか」を知らせることを重視していた向きがあります。それは、いまに伝わる戦時中の広告からうかがえます。

いまの日本航空協会の前身にあたる大日本飛行協会は戦時中、兵庫県・西宮北口駅のちかくにあった「西宮航空園」の広告を出稿しました。同園は「関西国民航空錬成場」ともよばれています。広告では「これを叩きつぶすのだ」という文句とともに、B-29の絵を載せ「B29超空の要塞」という説明書きをつけています。ほかに、「グラマン雷撃機」と「ダグラス急降下爆撃機」の絵も。

そして、「アメリカが小癪にも日本に勝てると思つて戦ひを挑んでくるのは物量の力を頼りにしてのことである。敵をやっつけるにはこの物量を叩きつぶすに限る。さあもつと澤山の優秀機を前線に送らう」という文言を載せています。「物量の力を頼りにして」というのはもっともながら、「この物量を叩きつぶすに限る。さあもつと澤山の優秀機を」というあたりは、いまにすれば無謀さ極まりないことを述べているととれます。

適性文化を排除する政策がとられていたというものの、B-29の模型は売られていたようです。

大阪市西区南堀江にあった「ツバサヤ本店」の卸部は、朝日新聞東京本社が発行していた『航空朝日』という雑誌に、B-29をはじめとする戦闘機の模型を発表したことを伝える広告を出稿しています。「B29現る 頭に叩き込まう この正體!」「防空の要訣は先づ敵機を識ることだ! 今! 直ぐ 敵機模型を作れ!」という文句とともに、真横から見たB-29の絵を載せています。

また同号では、大阪市西区靭南通(いまの靱本町)にあった「大阪模型」という模型製造卸も、B-29の模型の広告を出稿しています。文句は「これがB29だ!!! 作つて、覺えて、献納しやう!」というもの。「献納しやう」の意味が謎めいています。ツバサヤ本店の広告にくらべて、より斜め上空からB-29を見おろす角度での絵が載っており、より写実的です。

また、東京・横山町(いまの日本橋横山町)にあった「旭航空機研究所」は、B-29などの戦闘機の「三面図」の広告を出稿しています。「最も正確なる三面圖」といった文言から、B-29の三面図が複数種類、売られていたことがわかります。さらに注目すべきは「陸軍航空本部御指導」という文言。これが、三面圖をつくるうえで、日本の陸軍航空本文から指導を受けたという意味であれば、やはり国がB-29の情報を国民に伝えようとしていたということになるでしょうか。広告にはB-29を真上から見た絵も載っています。

日本は、B-29についての情報を、日本への襲来より早く把握していたものと考えられます。米国は、B-29の開発を隠すことなく新聞や雑誌に報道させており、その情報は、第二次世界大戦で中立の立場をとっていた国を介して、日本に伝えられたと考えられます。

B-29の模型や三面図については、店側の「売らんかな」という商魂と、日本の「敵機を国民に知らせる」という目的が合ったため、発売が許されたと考えられます。「敵機の正体を知る」ということと「模型を売る」ということのどちらが真の目的だったかはわかりません。

参考資料
歴史を色々考えるネタ雑録ブログ 2013年8月6日付「戦時中の広告は気分が出るよね。『これを叩きつぶすのだ!!』」
http://rekisineta.ldblog.jp/zaturoku/kohkoku-hikohnippon.html
若林宣 twitter「『戦う広告』の著者でございます」
https://twitter.com/t_wak/status/464055139267911680
日本大百科全書「B-29」
https://kotobank.jp/word/B-29-120490
日本放送協会 戦争証言アーカイブス「太平洋戦争と空襲」
https://www.nhk.or.jp/archives/shogenarchives/special/vol2.html
時事通信「終戦特集 太平洋戦争の歴史」
https://www.jiji.com/jc/v2?id=20110803end_of_pacifi_war_18
日本航空協会「沿革」
http://www.aero.or.jp/gaiyo.html
Yahoo!知恵袋「戦時中、アメリカン軍の銀色の爆撃機を日本人はこどもでさえも『B29』だと知っていましたが、何で機種を知っていたのですか?」
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12154105517
| - | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sci-tech.jugem.jp/trackback/4689
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • アナウンサーも日常的に「やつ」
    ★ (08/03)
  • “遅れて来た”日産自動車、“満を持して”リーフ
    うぼで (06/13)
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE