科学技術のアネクドート

<< 絶海の孤島にも生態系のきっかけ | main | 腸内細菌叢のちがいで脳の活動に差異 >>
「なにを求めていたか」がちがえば反応もちがう

写真作者:takanori00

サッカーのワールド杯ロシア大会では、現地時間で(2018年)6月28日(木)グループリーグの日本対ポーランド戦がおこなわれ、日本は0対1で敗れました。しかし、同グループのセネガル対コロンビア戦の結果のかねあいから、日本は決勝トーナメント進出を果たしました。

試合終盤の日本代表の戦いかたをめぐって、日本そして世界で賛否両論がうずまいているようです。日本代表の首脳陣は、同時におこなわれているセネガル対コロンビア戦の内容から、「0対1の状態を保ちつづければ、たとえ敗れても決勝トーナメントに進出できる可能性が高い」と判断し、積極的に引き分けや勝ちをねらうことをしませんでした。

この戦いかたについて、「残念な試合」「恥ずかしい」などと酷評する人びとが多くいるいっぽうで、「当たり前」「監督の度胸がすごい」などと賛同する人びともいます。

ごく単純に、この賛否両論は「この試合になにを求めていたか」のちがいからくるものといえそうです。

日本代表の首脳陣は、この試合に「グループリーグを突破して、決勝トーナメントに進むこと」を求めていました。もちろん「勝ち点をとること」や「戦う姿勢を最後まで見せること」なども求めていたでしょう。しかし、もっとも求めていたものが「決勝トーナメントに進むこと」であり、それを実現するための手段として「最後は攻めない」という、首脳陣が考える最善策をとったわけです。

首脳陣とおなじように、「グループリーグを突破して、決勝トーナメントに進むこと」を最優先で求めていた人びとは、その目的がかなったため、この試合のしかたは「当たり前」と感じるわけです。

いっぽう、この試合に「勝利してほしい」「勝ち点をとってほしい」「侍ジャパンとしてふさわしいサッカーをしてほしい」といったことを求めていた人びとにとっては、勝利しなかったし、勝ち点をとれなかったし、侍ジャパンとしてふさわしいと思えないサッカーをされたため、これらの目的がかなわなかったことになります。さらに、それが意図的な試合の運びかたによるものであったため、不満は増大したものと考えられます。

組織論の見かたからすれば、もし意思決定者である西野朗監督が、試合前に人びとに向かって事前説明していれば、反応はすこしはちがっていたかもしれません。つまり、「きょうは勝ち点を獲りにいくけれど、決勝トーナメントに進む方法としてほかの手段のほうが最善と判断した場合は、勝ち点を獲りにいかなくなることもありうるが、それは目的達成のためだから、どうかご理解いただきたい」と人びとに言っておくわけです。

しかし、そのような発言をすることはまずありえません。選手の士気が下がるかもしれないし、敵チームのポーランドが戦術を変える可能性もあるからです。この発言をすることが「グループリーグを突破して、決勝トーナメントに進むこと」にとって、マイナス要因となる以上、発言しないのは当然です。

「では、前の試合から出場選手を6人も替えたのはなぜか。グループリーグを突破して、決勝トーナメントに進むためには、控えだった選手より2試合戦ってきた選手を出すほうが確実性は高くなるではないか」と考える人もいるでしょう。これは、そのとおりかもしれません。

これに対する答えは明確です。日本代表の首脳陣は「グループリーグを突破して、決勝トーナメントに進むこと」よりも、「グループリーグを突破して、決勝トーナメントに進み、さらにトーナメント初戦で勝つこと」を、ポーランド戦に求めていたのです。

賛否両論を分けた今回の日本代表の戦いかたは、「なんのためにそれをするのか」という目的論を議論するうえでの、格好の教材にもなりました。
| - | 16:42 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sci-tech.jugem.jp/trackback/4644
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE