科学技術のアネクドート

<< 自分がなに者かを知らせたければ で | main | 絶海の孤島にも生態系のきっかけ >>
「スープカリーシャカ」のチキン野菜カリー――カレーまみれのアネクドート(110)

これまでの「カレーまみれのアネクドート」



スープカレーは、多様な日本のカレーの脇をがっちりかためる存在ではないでしょうか。中心の存在とまではいかぬまでも、「こんなカレーも」というカレーにはしっかり入ってきます。

スープカレーといえば、発祥の地は札幌市内の喫茶店「アジャンタ」とされます。札幌のスープカレーについては、このブログでは2012年に「ガラク」の「やわらかチキンレッグと野菜スープカレー」をとりあげたことがあります。

カレーソースはいわば液体ですが、よりさらっとしたスープ状のカレーに価値を見いだす人がいるからこそ、スープカレーは札幌以外の地にも広がっていったのでしょう。

たとえば、仙台市には「スープカリーシャカ」というスープカレーに特化したカレー店があります。本店の場所は、木町通の通り沿い。階段をのぼった2階に広めの店があります。

店の案内によると「シャカ」とは、手の小指と親指だけを立てるハワイのあいさつのしかたとのこと。「気軽に」や「大丈夫」の意味があるといいます。店のつくりも、洗練されているというよりは、おおらかで“シャカ”的な印象をあたえます。

スープカリーの選びかたは3段階。まず、基本のスープを「トマト」「あっさり」「ココナッツ」「さらさら」から選びます。写真は店の「おすすめ」であるトマトスープ。つぎに「野菜」を主軸として多種類ある献立からカレーを選びます。最後に、1から40までの辛さを選びます。

店ではじめて食べる人は、スープカレー全体の量の多さにすこし驚くのではないでしょうか。ラーメン鉢ほどの大きさの黒い器に、ブロッコリー、れんこん、ピーマン、かぼちゃ、なす、アスパラガス、とうもろこし、水菜などの野菜とゆで卵、そして野菜の影に隠れるように骨付き鶏腿肉が入れられています。

トマトのスープは、店の情報によると、トマトを基本に、玉ねぎ、カレー粉、コリアンダー、クミンなど香辛料が入ったもの。具材やスープに見える黒いつぶつぶがクミンでしょう。味は、トマトの酸味や甘味と、カレーの辛さが均衡したようなもの。

具が大きいゆえ、食べているときは「かぼちゃと向きあう時間」「れんこんと向きあう時間」「鶏肉と向きあう時間」といった具合に、カレーにまみえた具材それぞれと向きあうことができます。具材が多いので、ライスは脇役といったところ。

日本でのスープカレーが誕生してからもうすぐ50年だそう。札幌から始まったスープカレーの文化は、仙台をふくめ各地に広まっています。

スープカリーシャカのホームページはこちらです。
https://soupcurry-shaka.jimdo.com
本店の食べログ情報はこちら。
https://tabelog.com/miyagi/A0401/A040101/4014010/

参考資料
ウィキペディア「スープカレー」
https://ja.wikipedia.org/wiki/スープカレー

| - | 15:33 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sci-tech.jugem.jp/trackback/4642
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • アナウンサーも日常的に「やつ」
    ★ (08/03)
  • “遅れて来た”日産自動車、“満を持して”リーフ
    うぼで (06/13)
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE