科学技術のアネクドート

<< 前を歩く人を追いぬき目的地にたどり着くかは考えどころ | main | 書評で本編以外について触れるかは議論すくなき課題 >>
分析的に評価、そして総合的に評価


小学校、中学校、高校で学期末などに先生から教え子に渡される「通知表」には、A、B、Cでつけられる「観点別評価」または「観点」とよばれる項目と、3、2、1、あるいは5、4、3、2、1でつけられる「評定」とよばれる項目があります。

「評価」と「評定」ということばが使われているわけですが、どうちがうのでしょう。

国語辞典では、「評価」に対しては「品物の価格を決めること。また、その価格。ねぶみ」「事物や人物の、善悪・美醜などの価値を判断して決めること」「ある事物や人物について、その意義・価値を認めること」などとあります。

いっぽう「評定」に対しては「一定の基準に従って価値・価格・等級などを決めること」とあります。

このふたつからすると、「評価」は価値を決めたり認めたりすることであり、「評定」は価値を決めること、となります。

しかし、実際に文部科学省が定めている「評価」と「評定」の意味合いは、やや異なります。

文部科学省は、「観点別学習状況の評価」について「各教科の学習状況を分析的に評価するものであり、学習指導要領に示す目標に照らして、その実現状況を観点ごとにA、B、Cの3段階で評価するものです」としています。

つまり、「評価」の意味そのものについては「評価するもの」となっているわけです。「評価」をべつのことばで表現して説明するまではしていません。

いっぽう「評定」については、「観点別学習状況を基本として、各教科の学習状況を総括的に評価するものであり、小学校(第3学年以上)では3、2、1の3段階、中学校では5、4、3、2、1の5段階で評価するものです」としています。

つまり、「評定」の意味するところは「評価するもの」としています。

「観点別学習状況の評価」も「評定」も、どちらも「評価するもの」としているわけです。「評価」と「評定」の辞書的な意味のちがいと照らしあわせても、あまり意味をなさないことになります。

文部科学省の「観点別学習状況の評価」と「評定」説明のなかで、対比がなされているのは、前者を「分析的に評価するもの」とし、後者を「総括的に評価するもの」としているところです。

実際、通知表には、「観点」あるいは「観点別評価」の欄には、教科・科目ごとに3ないし5項目が設けられ細分化されているのに対して、「評定」は細分化されていません。

ウィキペディアの「評定」を説明するページでは「『様々な評価を総合して最終的に定めた値踏み』というニュアンスで理解するのが適当であろう」といった説明が冒頭にされています。ウィキペディアの情報は、さほど知識・情報源として高い価値はおかれていないものの、説明としては的を射ているのではないでしょうか。

「通知表」は、文部科学省によると「保護者に対して子どもの学習指導の状況を連絡し、家庭の理解や協力を求める目的で作成」されるもの。子どものことを保護者に伝えるための通知表に載っている「観点別評価」や「評定」の意味を、どれだけの保護者が理解しているかは定かではありません。「だいたいこんなものだろう」という理解はそれなりにあるのでしょう。

参考資料
デジタル大辞泉「評価」
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/187670/meaning/m0u/評価/
デジタル大辞泉「評定」
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/187994/meaning/m0u/評定/
文部科学省「学習指導要領について」
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/gakuryoku/faq/001.htm
文部科学省「学習指導要領・指導要録・評価規準・通知表について」
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo3/siryo/07070908/004/001.htm
| - | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sci-tech.jugem.jp/trackback/4559
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • アナウンサーも日常的に「やつ」
    ★ (08/03)
  • “遅れて来た”日産自動車、“満を持して”リーフ
    うぼで (06/13)
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE