科学技術のアネクドート

<< 将来への希望を「幸せ」の要素に入れる | main | 往復したら「いち」「に」と声に出してみる >>
大学の授業を受けて資格を得る、資格に近づく

写真作者:Masashige MOTOE

工学院大学が、2019年4月より先進工学部に「航空理工学専攻」という新たな専攻を設けることを(2017年)12月14日(日)に発表しました。

この専攻に進むと、学生は自家用機を操縦できる米国連邦航空局(FAA:Federal Aviation Administration)の資格や、事業用機を操縦できる国土交通省航空局の資格などを取得することもできるようです。

大学の学びのなかで「資格を得る」ことの意義は大きいでしょう。具体的で形のある目標に向けて挑むことになるからです。

大学の学びと資格の取得のかかわりには、いくつかの型に分けることができます。

まず、「特定の授業を受けて単位をとることによって得られる」資格があります。上にあるような航空機を操縦する資格もその例。大学の工学部についていえば、電気・電子工学関連の学科で特定の授業の単位を得れば、「陸上特殊無線技士」や「海上特殊無線技士」などの資格を得ることができます。

「特定の授業を受けて単位をとり、さらに実務経験を積むことで得られる」資格もあります。たとえば、電気関連の工事や運用を監督する「電気主任技術者」という資格は、大学で定められた科目の単位を得て、さらに実務経験が加われば得られるというもの。また「測量士」については、資格試験に合格して資格を得る以外に、大学で測量についての科目をおさめ、卒業後1年以上の実務をこなすことで得ることもできます。ちなみに「測量士補」は大学の授業のみで得ることができます。

「特定の授業を受けて単位をとれば、受験する資格を得られる」という資格もあります。建築にかかわる学科では、「一級建築士」や「二級建築士」、また「木造建築士」といった資格を得られる場合があります。

また、「特定の授業を受けて単位をとれば、試験の一部を免除される」資格もあります。たとえば「無線従事者」という資格では、「陸上無線技術士」の試験のうち、「無線工学の基礎」という科目が免除されます。

また、授業で単位をとることが、試験に合格することに直接つながるわけではありませんが、「授業を受けておけば、試験で有利になる」といった資格もあります。たとえば、情報処理や情報システムなどの授業で学んでいれば、得た知識が「基本情報技術者」や「応用情報技術者」といった資格の試験に有利にはたらくといったこともありそうです。

資格には「その仕事をするうえではもっていて当然」あるいは「もっていないとその仕事ができない」といったものもあります。

なお、資格の取得につながる授業を設けているかどうかは、各大学、各学部、各学科の方針や制度によって異なります。具体的に得たい資格がある場合、直接その大学の総務部などの担当者に問いあわせたり、ホームページで確かめたりするとよいでしょう。

参考資料
工学院大学 2017年12月14日発表「2019年4月先進工学部に新専攻を開設、〜大空へ、さらに宇宙へ〜工学院大学が航空理工学専攻と宇宙物理学専攻を新設」
http://www.kogakuin.ac.jp/press_release/2017/121401.html
福井大学 工学部・工学研究科「取得可能な免許・資格」
http://www.eng.u-fukui.ac.jp/education/department/license.html
神奈川県「測量士又は測量士補になるには」
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f211/p3662.html
総務省「九州における無線従事者国家試験科目の一部免除認定校」
http://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/press/pdf/080319-1-2.pdf
| - | 17:28 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sci-tech.jugem.jp/trackback/4461
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE