科学技術のアネクドート

<< 「その仕事をカフェでするのは間違っている!」 | main | どんな企業も「環境経営」が必要な時代に >>
ポールのファウル側をかすって観客席に入った打球は本塁打


野球では、いろいろな道具や用具を使うため、なにかがなにかに「かする」という現象が起きます。

よくあるのは「ファールチップ」とよばれるもの。打者がバットで球を打とうとしたとき、バットと球がかすることがあり、その球を捕手が直接に捕ったら「ファウルチップ」と判定されます。ファールチップは、ストライクとおなじ扱い。ちなみに、捕手が直接捕れなければ「ファウル」となります。

めったにありませんが、球と球場設備が「かする」こともあります。

外野フェンスのフェア地域とファウル地域を分けるために「ファウルポール」という棒が垂直に立っています。このポールに、打球がかすることも、ありえなくありません。

打球がフェンスよりも高い位置のファウルポールに当たったのが明らかであるときは、その打球は文句の言いようがなく、本塁打の判定になります。

では、打球がファウルポールにかすって、ファウル側の観客席に飛びこんだとき、その打球には、本塁打になるのでしょうか、それともファウルになるのでしょうか。

最初の焦点は、ファウルポールはフェア地域なのかどうかです。「2016公認野球規則」を見てみると、「競技場の設定」という規則項目に、つぎのような規則の文言があります。

「境界線(ファウルラインおよびその延長として設けられたファウルポール)を含む内野および外野は、フェアグラウンドであり、その他の地域はファウルグラウンドである」

つまり、フェアとファウルを分けるためのポールは、フェア地域に含まれることになります。打球が、フェンスより高い位置のファウルポールに当たったことが明らかなとき本塁打の判定になるのは、それがフェア地域の打球であり、かつフェンスよりも上に当たったからです。

すると、つぎの焦点は、フェア地域に球がすこしでもかかっていたり、かすったりすれば、それはフェアになるかどうかです。

ここでもうひとつ、野球規則の「ファウル地域」という項目を見てみると、つぎのような説明があります。

「本塁から一塁、本塁から三塁を通って、競技場のフェンスの下端まで引いた直線と、その線に垂直な上方空間との外側の部分を指す。(各ファウルラインはファウル地域に含まれない)」

ここでいう「直線」はファウルラインのことを指し、この直線の外側の部分をファウル地域としているわけです。そして、カッコ書きで、ファウルラインはファウル地域に含まれないことも書かれています。

また、ファウルポールが、先ほどの規則にあるように、「ファウルラインおよびその延長として設けられた」ものである以上、ファウルポールもファウルラインとおなじ扱いになるはずです。

そのため、ファウルポールに打球がかすった場合、わずかにでもフェア地域にボールが含まれていることになり、これはフェアの判定になります。よって、フェンスより高い位置のファウルポールに打球がかすれば、この打球は本塁打になるわけです。

ただし、打球がファウルポールにかすったかどうかを、審判が目視で判断するのはなかなかむずかしいもの。さらに、ビデオ判定でもかすったかどうかまで見極めるのはむずかしいところ。本当はファウルポールに打球がかすったのに、ファウルと判定される可能性もありえます。

参考資料
「2016公認野球規則」
http://ru.ishibb.com/wp/wp-content/uploads/2017/02/c337229b210a858aa16c2ad1a45bd39d.pdf
野球規則「ファウルボール」
http://rules.nakano-senators.com/2015menu/2-2015/2-25#TOC-2.32-FOUL-BALL-
| - | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | 19:32 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sci-tech.jugem.jp/trackback/4202
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE