科学技術のアネクドート

<< 新しい学習指導要領、理数教科では国際水準を意識、反復学習も | main | ポールのファウル側をかすって観客席に入った打球は本塁打 >>
「その仕事をカフェでするのは間違っている!」


ウェブニュース「JBpress」で(2017年)4月14日(金)「その仕事をカフェでするのは間違っている!『カフェでの作業ははかどるか』の心理学(前篇)」という記事が配信されました。

カフェで仕事などの作業をおこなうことは、すっかり社会で定着したといえるのではないでしょうか。もちろん昔から喫茶店で商談をしたり、原稿を書いたりする人はいました。そこから進んで、いまではカフェ側が、コンピュータ使用向けの電源や通信電波を用意している状況です。カフェで「がっつり」仕事をするという人も増えました。

これだけの人がカフェで「がっつり」仕事をしているのですから、おそらくカフェでの作業は「それなりに実のあるもの」と人びとに思われているのでしょう。

しかし、カフェという環境は、ほかの客の雑談も聞こえてくるし、背景音楽も鳴りひびくしで、全体的には雑然としています。本当にカフェでの作業ははかどるのでしょうか。

こうした疑問に、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所の精神薬理研究部で研究をする、心理学者の請園正敏さんが答えています。請園さんは、心理学を本格的に研究する動機のひとつとして、「一人部屋で作業するより、誰かがいるカフェで作業した方がはかどる」という現象に興味をもったことをあげています。

請園さんの話によると、カフェのような身のまわりに人がいるような環境での作業には、捗る場合と捗らない場合とがあるとのこと。カフェですべき作業と、すべきとはいえない作業がありそうです。

また、原稿を書くといった執筆の作業についても、「量」をとるか「質」をとるかで、カフェのような場所で仕事をしたほうがよいかどうかは変わってきそうです。

では、どのような内容の仕事が、カフェ作業にふさわしいのか。記事では、請園さんが専攻している心理学の分野から説明が加えられています。

JBpress「その仕事をカフェでするのは間違っている!『カフェでの作業ははかどるか』の心理学(前篇)」はこちらです。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49706

記事の取材と執筆をしました。

また、21日(金)掲載予定の後篇では、カフェでの仕事がより捗るための状況のつくりかたや、請園さんの実践していることなどを伝える記事が配信されそうです。
| - | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sci-tech.jugem.jp/trackback/4201
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE