科学技術のアネクドート

<< 「モジャカレー新大阪本店」のネギビーフカレー――カレーまみれのアネクドート(90) | main | 入場者数伸び悩みの背景に「どこでも斜めから見下ろし」の可能性 >>
「阿吽」は狛犬のみならず
「阿吽(あうん)」という熟語があります。梵語(サンスクリット語)の文字である梵字の、下の2文字を音にしたものです。その音は「a(ア)」と「hum(フーン)」と表現されることもあります。



この2文字は、密教で「宇宙の初めと究極」あるいは「万物の根元と宇宙が最終的に具現する智徳」を意味します。

「阿」は梵字の表音文字において最初に来るものであり口を開いて発音します。いっぽう「吽」は最後に来るものであり口を閉じて発音します。このことから「最初から最後まで」という意味を象徴しているともされます。

当然ながら仏教との結びつきも強く、たとえば寺社仏閣の庭や歴史的建造物の手前などに置かれた2頭の狛犬の像は、いっぽうが「阿」と口を開き、もういっぽうが「吽」と口を閉じています。



しかし、「阿吽」の対になっているのは狛犬だけではありません。

たとえば、仙台藩を治めていた伊達氏の家紋のひとつには、雀を意匠に使ったものがありますが、この2羽も、よく見ると左が「阿」、右が「吽」という口をしています。右の雀が左の雀の口のなかをついばんでしまいそうな近さですが……。



伊達氏の関連で言えば、初代大名の政宗などを祀った「瑞鳳殿」という霊廟にの屋根には「龍頭瓦」という青銅製の龍が置かれています。近くにいる龍の対も、やはり「阿」「吽」という口をしています。



寺社仏閣などで「対」となっているものを探すと、「あれも阿吽だ」「これも阿吽だ」と、さまざまな発見があるかもしれません。

参考資料
三省堂 大辞林「阿吽」
http://www.weblio.jp/content/阿吽
大谷大学「生活の中の仏教用語 阿吽」
http://www.otani.ac.jp/yomu_page/b_yougo/nab3mq0000000r1h.html
ウィキペディア「阿吽」
https://ja.wikipedia.org/wiki/阿吽
| - | 23:59 | comments(2) | trackbacks(0)
コメント
最初に紹介されている吽字は、通常のではなく、愛染明王の梵字ですね、これは。因みに、阿吽こそ、天竺の聖音"オーム"(唵)を構成する原子梵字といえるかと思います。オウム真理教にすっかりそのイメージは汚染されてしまいましたが。。。
| AKi08 (passer-by) | 2017/12/19 4:55 AM |
AKi08さん、passer-byにもかかわらず、コメントと情報ありがとうございました。
| 漆原 | 2018/01/18 3:36 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sci-tech.jugem.jp/trackback/4071
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE