科学技術のアネクドート

<< 新幹線の車体はアルミニウム合金製 | main | 仕事のペース挽回のため、余分に仕事するか、作業時間をお金で買うか…… >>
「松屋」のごろごろチキンカレー――カレーまみれのアネクドート(79)


たとえカレー専門チェーン店でなくても、飲食チェーン店には「カレー」が料理のひとつになっているものです。そして、これはそのチェーン店の情熱の傾け具合によりけりですが、非カレー専門チェーン店であっても、ぬかりない味や具で客に勝負をしているカレーはあるものです。

たとえば、国内におよそ1000店舗ある「松屋」。従来からの料理としては「オリジナルカレー」や「オリジナルカレギュウ」などを供しています。

これらに加えて松屋は(2016年)4月12日(火)、「ごろごろチキンカレー」を発売しました。松屋からの発表にはありませんが、これまでの松屋の事例からすると、おそらく期間限定での発売と考えられます。

名が体を表すカレーです。底まで深い皿のなかに、一口で食べるのはすこしたいへんな大きさの鶏肉が10個ほど転がっています。また、ルゥに溶けこんでいるのとはべつに、切った玉ねぎも具材として見られます。

おそらく、ルゥそのものは「オリジナルカレー」のと変わらないものでしょう。しかし、やはり鶏肉の量が半端でないため、「ごろごろチキンカレー」の印象は大きくちがってきます。それは、ご飯との組みあわせでもいえること。

従来の「オリジナルカレー」では、一皿に盛られたご飯とルゥを合わせて、「ご飯をルゥで食べる」という感覚でした。いっぽう「ごろごろチキンカレー」のほうは「ご飯をルゥにまみれた鶏肉で食べる」という感覚がもっぱらとなります。このちがいが「ごろごろチキンカレーを食べている感」を高めます。

もちろん、カレー専門店とちがって、鶏肉にルゥの風味が染みきるまで煮こんでいるわけではありますまい。それでも、もともと「オリジナル」で使われていたルゥと新たに加わった鶏肉の組みあわせは相性よしです。

えてして、巷での期間限定の料理は、特徴になるはずの具材をメニューの名につけておきながら、お飾りくらいしか盛られていないということはあるもの。いっぽう、「ごろごろチキンカレー」は、その名にふさわしいカレーとなっています。「どのくらいチキンをごろごろさせれば客が満足するか」といった検討を、開発段階で重ねたのでしょう。

松屋のカレーのメニュー一覧はこちらです。
http://www.matsuyafoods.co.jp/menu/curry/index.html

参考資料
松屋フーズ2016年4月6日「『ごろごろチキンカレー』新発売のお知らせ!」
http://www.matsuyafoods.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/04/160406_gorogoro.pdf
| - | 13:28 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE