科学技術のアネクドート

<< 「待つことです」と語る森田浩介さんのインタビュー、『Rikejo』マガジンに掲載 | main | 自転車が倒れない物理でパラダイム転換 >>
「ビックカメラ」社名の由来に「バイクバイク」説も
いまさらの話題ですが、家電量販店の「ビックカメラ」は、どうして「ビッグカメラ」でなく「ビックカメラ」なのでしょうか。

英語の“big”(ビッグ)は「大きい」という意味のことば。日本人にもなじみのある“big”を社名に用いて「ビッグカメラ」とすれば、多くの人に知られるという点では有効だったことでしょう。

しかし、「ビックカメラ」は「ビック」です。英字表記では、“bic”です。

日本人が英語を使うとき、「ク」と「グ」の区別はあいまいになりがちです。とくに、つづりの最後に「g」「c」「ck」などがくる単語についてはなおさらです。

たとえば、「犬」に当たる英語は“dog”ですが、「造船設備」にあたる英語は“dock”。日本人には「犬」を指す単語なのに「ドック」と発音して、「ホッドドックください」などと言う人もいれば、「造船設備」を指す単語を「ドッグ」と発音して、「人間ドッグに行ってきました」などと言うと人もいます。

もしかして、いまもビックカメラの上層部の人たちは、「ビッグ」のことを「ビック」と認識している、というおそれはないのでしょうか。

その可能性はまずもってないであろうことは、ビックカメラの薬屋に「ビックドラッグ(BIC DRUG)」という店名がついていることからもわかります。きちんと「ビック」の「ク」と、「ドラッグ」の「グ」を使いわけています。



当のビックカメラは、社名の由来について、ホームページでつぎのように説明をしています。

「『Bic』はバリ島のスラング(俗語)です。『大きい(Big)』の意味を持つ一方、ただ大きいだけでなく中身を伴った大きさ、という意味もあります。『限りなく大きく、限りなく重く、限りなく広く、限りなく純粋に。ただの大きな石ではなく、小さくても光輝くダイヤモンドのような企業になりたい』という希望をこめて、『ビックカメラ』と命名しました」

さらに、ウィキペディアの「ビックカメラ」の項目には、「要出典」となっているので情報源は明らかではありませんが、つぎのようなことも書かれてあります。

「創業者の新井隆司は、バリ島を訪れた際に現地の子供たちが使っていた『ビック、ビック』という言葉に、『偉大な』という意味があると聞いて社名に使ったと述べている」

バリ島は、インドネシア南部にある島です。インドネシアにはさまざまな語族がいるため、バリ島では公用語のインドネシア語とはべつに、バリ語が使われています。

しかしながら、グーグルで、「"Balinese" "bic"」などと検索しても、それらしく、“bic”が使われている文例は見られません。また、インドネシア語で、「バリ語」は“bahasa Bali”なので、「"bahasa Bali" "bic"」と検索しても、おなじく日常的に“Bic”ということばが使われている形跡は見られません。

この件について、米国の言語学者で、オックスフォード大学出版の英語辞典の編集などに携わったことのあるベン・ジマー氏は、彼のブログでつぎのように推察しています。

「新井氏は、ほんとうはなにを聞いたのだろうか。バリ島の子どもたちが、英語の模倣として『ビッグ、ビッグ』と言っていて、それが、新井氏自身には無静音化されて聞きとられ、ビックカメラという社名になったということはありうるのだろうか。それも可能性ではあるが、私は、新井氏の『ビック』には英語とは関係ない、より考えられうる原因があると思っている。インドネシア語で、非常にありふれたことばのひとつが『バイク(baik)』であり、『よい、素晴らしい』を意味するのだ。『バイク』は会話ではしばしば『バイク、バイク』のようにくりかえして使われる……」

たしかに、インドネシア語では「baik」は、日常会話でもとてもよく使われる単語です。そして、意味も「よい、素晴らしい」なので、新井氏が聞いたとウィキペディアで説明されている「偉大な」という意味とそう遠くはありません。

よく使われるインドネシア語であれば、バリ島の子どもたちも知っているにちがいありません。そして、「バイクバイク」と、早口で子どもがしゃべっていれば、それが「ビックビック」と聞こえてもおかしくありません。

ジマー氏の推測する「バイク」説がほんとうであれば、「ビックカメラ」は「バイク」がもとになって生まれた社名ということになります。しかし「バイクカメラ」だと、日本人からすれば、バイクを売っているのかカメラを売っているのか、よくわかりません。

バリ島の子どもたちがしゃべっていたことばが「ビック」と聞こえたからこそ、「ビックカメラ」の社名は誕生したのでしょう。そして、いまや「ビックカメラ」は、多くの日本人になじみのある店の名前になっています。

参考資料
ビックカメラ「よくあるご質問」
http://www.biccamera.co.jp/ir/faq.html#q0102
ウィキペディア「ビックカメラ」
https://ja.wikipedia.org/wiki/ビックカメラ
Language Log「"BIG" IN JAPAN(AND BALI)」
http://itre.cis.upenn.edu/~myl/languagelog/archives/003211.html
| - | 13:36 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sci-tech.jugem.jp/trackback/3809
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE