科学技術のアネクドート

<< 三つの「風神雷神図屏風」を部屋の真んなかに立って見くらべ | main | 「ディープ」な宇宙開発紹介ラジオ番組が「おかわりスペシャル」で復活 >>
「カフェ アリエッティ」の彩り野菜とチキンカツのグリーンカレー――カレーまみれのアネクドート(71)


京都・茶屋町の国立博物館から東へ緩やかに登る七条通を進んでいくと、東山七条にたどりつきます。京都駅からのバスは、ここで折れて東大路へ。左へ折れると祇園方面へ、右へ折れると東福寺方面へ向かいます。

東大路は京都の東端の道路と思われがち。でも、さらにこの東山七条から東へと進んでいく坂道があります。京都女子大学、さらには豊臣秀吉の墓である豊国廟へと向かう道です。

この坂道の途中には、通学路だからでしょうか、街のはずれにしてはいくつもの飲食店が並んでいます。その並びに構えているひとつの店が「カフェ  アリエッティ」。若い夫婦できりもりしている地元のカフェです。

「カフェ アリエッティ」にはふわふわのパンケーキなどのスイーツを目当てに来る客が多いようです。しかし、ここで出されるカレーにやみつきになる一部の人もいるといいます。

献立表にあるカレーは、ランチメニューの「彩り野菜とチキンカツのグリーンカレー」と「ドライカレーと野菜のワンプレートランチ」。どちらも毎日12食限定。

一般的に、スイーツの品揃えが多いカフェでのカレーの位置づけとは通常「いちおうありますよ」程度のもの。しかし、この店では、店の献立としては脇役であってよいはずのカレーにも手抜かりがありません。

「彩り野菜とチキンカツのグリーンカレー」は、ルゥの緑色とも白ともいえるような色からすると、見た目はまったく辛さを想像させません。

しかし、その実はというと「この色のルゥで、これほどの辛さが出せるのか」と膝をたたくほどの辛さがあります。ココナッツミルクの甘さから入りつつ、すぐに旨みの多い辛さがやってきます。

献立表にも「辛いです! でもおいしいよ」と手書きで加えられた一言が。その一言を書いたと思われる若い女将さんに聞くと、「これでも、すこしマイルドにしたんですよ!」とのこと。

カレーの名にある「彩り」を加えているのが具の数々。揚げものとして、チキンカツ、れんこん、なすがあります。さらにパプリカとブロッコリーも添えられて、これらがライスやルゥの色と対照的です。

パンケーキ、フレンチトースト、スコーン、サンドイッチと、出す食べものに妥協を許さない店。カレーもその例外ではありません。

「カフェ アリエッティ」の食べログ情報はこちらです。
http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260304/26023351/dtlmenu/photo/
| - | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE