科学技術のアネクドート

<< カナリアのかわりにバイオセンサー | main | 「オリオン」で月を超えて火星へ >>
「ゴーゴーカレー」のチキンカツカレー――カレーまみれのアネクドート(56)


チェーン店でありながら個性的なカレー店として勝負しているのが、ゴーゴーシステムが展開している「ゴーゴーカレー」です。「金沢カレーブームの火付け役!!」と触れこんでいるように、石川県を中心に店を増やしてきました。ただし、第1号店は東京の新宿にあります。

店に入るとテレビ番組の映像のような体裁で、ゴーゴーカレーを紹介する映像が流れています。

しかし、ほかのカレーチェーン店との差別化はそれだけにとどまりません。カレーのメニューそのものも個性的です。「プレーンカレー」などといわれる基本的なメニューもあります。それは店の名とおなじ「ゴーゴーカレー」。ライスとルゥに加え、キャベツが盛られています。しかし、同店が売りにしているのは「カツカレー」です。

カツには、ポークとチキンがあります。写真はチキンカツ。大きめの皿の半分ほどを占めるほどの大きさのカツが、ステンレスの皿のご飯とルゥの盛られた上に乗せられています。そしてそのカツのうえにはさらに、濃厚なルゥとおなじような色あいのソースもかかっています。

カツの肉は、とんかつ専門店などのカツにくらべると厚くはありません。しかし、衣の香ばしさがそれを補います。カレールゥが主役と考えれば、薄めの肉とそれを包む衣は脇役つまり具の一部。けっしてカツが主役にならないぎりぎりの線が、このカツの厚さに現れています。

スプーンでカツをひとかけらに分けます。さらにそのスプーンでルゥとライスもすくいます。この組みあわせで頬ばりつつ、あとからキャベツを口に入れます。どの具材も突出して自己主張せず、全体として味の調和がなされています。結局のところ、個性的な具材が多くありながら、均衡が保たれているわけです。

店構え、チェーン店のネーミング、媒体への露出などが目立ちますが、それらもカレーの味があってこそ。「55の工程を5時間かけてじっくり煮込んだ特製オリジナル・ルー」を売りにしています。

「ゴーゴーカレー」のホームページはこちらです。
http://www.gogocurry.com/index.html
| - | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE