科学技術のアネクドート

<< 本間善夫さん「化学コミュニケーション賞2013」を受賞 | main | 若田さん、船長就任式でも「和」を強調 >>
空港エスカレーターのポールに安全配慮のしるし

写真作者:Hide-sp

空港にはエスカレーターがあります。荷物を持って出発口へ移動したり、到着ロビーへ移動したりする人も多く、エスカレーターは空港になくてはならない存在といえます。

空港にあるエスカレータそのものは、駅や商業施設にあるエスカレーターととくにかわりはありません。しかし、エスカレーターの乗り口に、ふだん見られないものがあります。写真にあるような、アルミニウム製の柱が2本、立っています。また、空港だけでなく、空港行きのバスが発着するバスターミナルの扉の前などにも、このポールが立っていることがあります。

エレベーター利用者は、この2本の柱の内側を通っていくことになります。たくさんの荷物を抱えている人にとって、じゃまといえばじゃまな存在。なぜ、2本のポールがあるのでしょうか。

このポールのすぐ脇に掲げられてある表示板には、つぎのようなことが書かれてあります。

「このエスカレーターはカートの使用ができません」

空港には、「手荷物カート」とよばれる手押し車を使うことのできるサービスがあります。荷物がとてもたくさんある客は、この手荷物カートに荷物を載せて、荷物預かり所などに移ることができます。

しかし、手荷物カートにたくさんの荷物を載せたまま、エスカレーターを使うと、荷物が崩れてエスカレーターが停止したり、降り口のところでカートの車輪が引っかかって事故がおきたりしかねません。

そこで、カートの幅よりすこし狭い幅でポールを2本、立てて、手荷物カートを惹いている人がエスカレーターを使わせないようにしているわけです。

空港で手荷物カートを使う人は、使わない人よりも圧倒的にすくないでしょう。なので、エスカレーターの使いやすさを考えれば、多くの人にとってこのポールはじゃまな存在になります。しかし、手荷物カートを使う人が万一、エスカレーターで事故を起こしたら……。

これも、飛行機利用者に対して安全確保を第一とする航空業界の姿勢のあらわれといえそうです。

参考資料
ウィキペディア「エスカレーター」
http://ja.wikipedia.org/wiki/エスカレーター
羽田空港国際線旅客ターミナル「宅配・手荷物一時預かり・手荷物カート」
http://www.haneda-airport.jp/inter/premises/service/delivery.html
| - | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sci-tech.jugem.jp/trackback/3059
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE