科学技術のアネクドート

<< 連休中もすこしは働いていれば“めりはり”っぽくなる | main | 「IT化するサッカーで、新たな“情報戦”?選手やボールの動きをリアルタイムで分析」 >>
「松屋」のスパイシーチキンカレー――カレーまみれのアネクドート(49)


牛丼チェーン店の松屋のカレーメニューが豊富になっています。

従来、松屋は「オリジナルカレー」とよばれているカレーを出していました。多くの客層がいるためか味は中庸。しかし、牛丼屋らしく、牛飯に乗せる牛肉をおもな具材にした「カレギュウ」といったメニューもあります。

いっぽう、新しく加わったのは、「スパイシーカレー」とよばれるカレーのメニュー。「オリジナル」とくらべたときの特徴は、基本的な具材がルゥに溶けこんでいること。そして、すこし辛いこと。

これのプレーンなスパイシーカレーに、鶏肉などの具材がごろごろと入ったものが、写真の「スパイシーチキンカレー」です。

手前に転がっているのが、鶏肉ふたつ。スプーンでかんたんにわれるほどにやわらかく煮込まれてあります。すこし辛いルゥと鶏肉のうま味が相まって相乗効果を出します。

もうひとつ、このカレーでは脇役ながら、3つほどルゥに転がっているのが蓮根です。鶏肉にくらべると小さいものの、それでも一口で食べられるかといった大きさがあります。

プレーンなルゥに、ごろごろとした肉、そして蓮根。ごろごをとした肉のおともに蓮根を加えるという発想に、松屋のメニュー開発の熱心さをうかがうことができます。

オリジナルカレーとスパイシーカレーとも、プレーン、カレギュウ、チキンカレー、そしてごろごろした豚肉の入ったポークカレーがあります。

松屋のカレーのメニューはこちらです。
| - | 23:59 | comments(0) | trackbacks(1)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2013/08/20 4:33 PM |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE