科学技術のアネクドート

<< 役に立つ基礎科学(2) | main | 舎人公園の不思議な境界線(2) >>
今村昌平監督の追悼上映会『楢山節考』


早稲田大学で、映画の故・今村昌平監督の追悼イベント「よみがえれ! 今村昌平」が7月15日(土)から開催されており、映画上映会に行ってきました。

今村監督は、1926年東京生まれ。1958年の日活映画『盗まれた欲情』を皮切りに、2002年の『セプテンバー11』(「日本編」担当)まで、20の映画作品を遺しています。1997年『うなぎ』という作品がカンヌ国際映画祭で監督自身2度目となるパルム・ドールを受賞したことは記憶に新しいところです。

今日は、今村監督の1983年の作品で、最初のカンヌ国際映画祭パルム・ドール作となった『楢山節考』の上映会がありました。

『楢山節考』は、日本の山村での「姥捨て」という習わしをリアリスティックに描いたもの。ここの村の年寄りは70歳になると、村を出て山の中へと連れて行かれます。村の食料が限られていることなどによる社会の掟であり、若い世代に社会を譲っていくという“新陳代謝”の象徴でもあるわけです。

貧しい村ゆえに、限られた数の人しか生きられないという村の厳しい状況の中で、水子(堕胎した胎児)を田圃に捨てたり、氏の悪い若者を生き埋めにしたりといった過酷な生活が描かれていきます。

今村監督は19歳で終戦を迎えます。今村青年の目に映った終戦の光景は、身ぐるみを剥がされたという意味での「裸になった日本人」といった光景でした。その後の映画作品にも、このときもった感覚が色濃く反映されていると言われます。

村に生きる蛇や馬や梟など、人間と同等な村の生活者としての動物の描写も見事でした。

明日16日(日)は、俳優の田口トモロヲ、北村和夫らを迎えて、追悼記年シンポジウム『今村昌平を語る』が行われ、1961年の『豚と軍艦』、1998年の『カンゾー先生』も上演される予定。他に、早稲田大学内の演劇博物館で追悼展覧会「今村昌平を探る」は8月2日まで開催中です。

早稲田大学での今村監督の追悼イベントのお知らせはこちら。
http://www.waseda.jp/enpaku/calendar/20060716.htm
| - | 22:54 | comments(11) | trackbacks(0)
コメント
今から10年前にかようなイベントがあったのですね。人類とは何かとかを専攻している学生とかに受けたのでは。
| うぼで | 2017/02/18 7:37 PM |
映画祭より、今村さんてどんな学生だったのかが興味あります。優等生?その逆?どちらでもない?(小笑)。
| うぼで | 2017/04/02 5:38 PM |
今村さんて『太陽を盗んだ男』の長谷川和彦さんを発掘した方だそうですね。すごくスリリングな作品だったのですが、ご本人は観られたりしたのでしょうか(笑)。
| うぼで | 2017/04/19 6:00 PM |
楢山〜のカメラマンの栃沢正夫さんて星になられたそうですね。硬い作品ばかり手掛けてましたが「象物語」やセイントフォー主演のアイドル映画もされててファンキーな面もある方なのだなあて感じました。安らかにお眠り下さい(-.-)Zzz・・・・。
| うぼで | 2017/04/25 11:57 AM |
海外の映画祭で今村さんと賞を競った大島渚さんも母校でかようなイベントをして貰ったりしているのでしょうか。
| うぼで | 2017/04/29 2:59 AM |
ラスト作の題がカナと数字なのが何か意味深長です。どんな内容だったのでしょう…。
| うぼで | 2017/05/20 10:15 PM |
今村さんてかような催しをして貰えるて恵まれた方ですね。他の監督さんではあまり(全く?)無いと思います。
| うぼで | 2017/06/03 4:34 PM |
関西で似たイベントがあるとしたら鈴木則文さん追悼〜てなるかも。今村さんとは違うタッチの『トラック野郎』とかいかにもプロ的な娯楽作品を出してた方でした。
| うぼで | 2017/07/05 11:55 PM |
記事の製作者の漆原さんて変わったお名前ですね。今村さん日本的な物が好きだった様なので、漆工芸に携わる人々のドラマ…?を手掛けられても良作を残せたかも。
| うぼで | 2017/09/14 7:03 PM |
うぽでさん、毎度コメントありがとうございます。
「漆原」は全国で1780番目に多く、およそ8800人いるそうです。
| 漆原 | 2017/09/16 12:44 AM |
≫漆原さんへ コメントご返信ありがとうございました。映画館でも無い場所で上映会て不思議な感じもします。今村さんが作った映画スクール出の方々現在あちこちで活躍しててすごいとも思いました。
| うぼで | 2017/09/17 7:00 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sci-tech.jugem.jp/trackback/197
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE