科学技術のアネクドート

<< 「タージマハール新橋店」のターリー――カレーまみれのアネクドート(24) | main | 箸の使用に“自然発生説”あり >>
終末期医療の優先順位は、患者の意志、家族の推定意志、医者の判断。


死期が近づいている患者やお年寄りに行われる医療は、「終末期医療」といいます。医療の基本方針が「病気を治す」という点だったことからすると、早晩、死を迎えることがわかっている患者を対象にする終末医療は特別な医療ともいえます。

死を直前にした患者がどう余命をすごすかは、とうぜん患者の意志で決めるべき問題です。しかし、患者の病が重くて、家族や医者と意思疎通がはかれず、患者本人の意思を伝えられないという場合もあります。そのため、終末医療の中味をどのように決めるかが問題となっています。

厚生労働省は、「終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン」を2007年につくり、示しています。

もっとも大切な原則としてあるのはインフォームドコンセント。「医療従事者から適切な情報の提供と説明がなされ、それに基づいて患者が医療従事者と話し合いを行い、患者本人による決定を基本としたうえで、終末医療をすすめること」とあります。

具体的な方法は、「患者の意志が確認できる場合」と「患者の意志が確認できない場合」にわかれます。

まず、患者がどのような最期を希望しているかがわかるときは、当然ながら患者本人からの石が最優先されます。ガイドラインは、患者と医者側が話しあいをじゅうぶんにおこない、その合意内容を文書にしてまとめておくことを方針としています。

ときが過ぎるとともに、患者の意志が変わっていくこともあります。医者側のすべきこととして、「その都度説明し患者の意志の再確認を行うことが必要である」としています。

いっぽう、より難しいのは、患者の意志が確認できない場合です。

まず、患者の家族が、患者本人がどのような治療を受けることを”望んでいそうか”を推し量れるときは、その「推定意志」を尊重して、最善の治療方針をとることが基本となります。

家族にも患者の意志がつかめないこともあります。その場合は、家族と医者がじゅうぶんに話合って、患者にとって最善の治療方針をとることが基本となります。

患者の家族がいないという場合もあります。また、多く考えられることとして、患者の意志がわからないながらも、家族が「医者である先生におまかせします」と医者側に治療を委ねる場合があります。この場合は、医者側が、患者にとっての最善の治療方法をとることが基本。医者の終末医療の方針がとても重要になってくるわけです。

厚生労働省は、「終末期医療のあり方について、患者・医療従事者ともに広くコンセンサスが得られる基本的な点について確認をし、それをガイドラインとして示すことが、よりよき終末期医療の実現に資するとして、厚生労働省において、初めてガイドラインが策定されました」と、このガイドラインをつくった理由を述べています。

厚生労働省「終末期医療の決定プロセスに関するガイドライン」はこちら。
| - | 23:59 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE