科学技術のアネクドート

<< 真夜中の京葉道路(後) | main | 産学連携の齟齬を減らす“常識” >>
2009年10月18日(日)は「脳死カフェ」

市民が研究者や専門家などを招いて喫茶しながら科学を語りあう「サイエンスカフェ」のお知らせです。

(2009年)10月18日(日)「脳死カフェ 脳死って移植の問題なの?」が、東京・大井の品川区大井第二区民集会所で開かれます。主催は「科学ひろば」。

科学ひろばは、非研究者の一般社会人たちによって構成されるサイエンスカフェの企画団体。

2009年6月、衆議院選挙前の通常国会で、臓器移植法の改正案が可決されました。

国会で4案出されたうち、可決された「A案」は、これまで禁じられていた15歳未満の提供者からの臓器移植について、家族の同意があれば可能とするもの。これで、国内での幼児や小児の臓器移植への道が開かれるようになりました。

国会議員による議決では、“人の死”という重い問題を対象としているため党議拘束をかけない政党も多くありました。選挙で決められた代議士ひとりひとりが、脳死に対してどのような価値観をもっていたかまでは、市民はなかなか把握できないのが現状です。

また、子どもにおける脳死については、“生還”の可能性が高いという小児科医などからの指摘もあります。法案は可決されたものの、今後も議論を続けていくことが重要なのでしょう。

科学ひろばによると、カフェでは、まず臓器移植法の内容について脳死の部分を中心に確認したうえで、参加者から脳死について意見を出しあいます。

そして、客人の翻訳家・高橋さきのさんとともに、議論を深めます。高橋さんは、ダナ・ハラウェイ著『猿と女とサイボーグ』やフェデリコ・ロージとテューダー・ジョンストンの共著『科学者として生き残る方法』などの訳書を手がけてきましたが、脳死の現場に、家族として立ち会うという経験の持ち主でもあります。

「脳死カフェ」という催しものの名前に、新鮮味あるいは違和感がある人もいるかもしれません。しかし、あえて「サイエンスカフェ」と銘打たなかったことに、科学の問題だけではない議論の幅の広さがありそうです。

「脳死カフェ 脳死って移植の問題なの?」は、10月18日(日)13時30分から16時まで、品川区大井第二区民集会所にて。参加費は800円。申し込みなどについては、以下の科学ひろばのホームページをご覧ください。 http://scienceagora.seesaa.net/

| - | 23:59 | comments(0) | -
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE