科学技術のアネクドート

敏感なくちばしで巧みにくわえる
街なかの電柱に、「カラスの巣」と書かれた貼り紙があります。「電柱の上にカラスの巣があり、後ほど除去作業を実施します」とのこと。そして、なぜかカラスが「お問い合わせは下記電話番号までお願いします」と伝えている絵となっています。



電柱の頂には、たしかにカラスの巣らしきものがあります。



都会におけるカラスの巣は、小枝のほかに金属でできた衣紋かけなども使われます。細い枝や針金でつくった巣のうえに乗るのは痛そう。しかし、どのカラスの巣もこうした材料で作られるといいます。カラスにとってはふつうのことなのでしょう。

平たい地面のうえでないにもかかわらず、細い枝や衣紋かけを使って巣を作るとは、カラスも巧みです。カラスがものを運ぶときは、足でつかむよりも、くちばしでくわえるほうが多いようです。

人が指先を使って箸を操るといった細かい動きをとれるのは、指の腹に触覚の受容器がたくさん集まっているから。これとおなじように、カラスのくちばしも、ものをくわえたり離したりといった細かい作業をするのにふさわしいつくりとなっているといいます。

くちばしは硬いため、骨のようなものと思われがちでですが、じつは、くちばしの表面は、なかの骨を覆う広い意味での皮膚であるといいます。たしかに、カラスの赤ちゃんの写真を見てみると、くちばしは赤みを帯びているように見えます。

そして、カラスはくちばしの表面を通じて、熱さや痛さなどを敏感に覚えることができるということが、近ごろのカラス研究でわかってきたそうです。

体に対する脳の容積が大きいことから推しはかれる賢さ。それに、くちばしに備えられた、ものを触れるときの敏感さ。こうした能力をもって、カラスは巣を作っているようです。

なお、カラスの巣は、おもに子育てをするためのものといいます。卵や赤ちゃんが巣から落ちてしまうのが心配ですが、その前に電力会社の社員が巣をとり除いてしまうかもしれません。

参考資料
TBSラジオ放送ログ 2018年8月9日付「カラス博士・杉田昭栄名誉教授が語る『くちばしの秘密』」
https://www.tbsradio.jp/281937
生活110番「カラスの巣を撤去する前に一読! カラスの巣について知っておきたいこと」
https://www.seikatsu110.jp/animal/am_pigeon/11853/
いきもの通信 2008年5月11日付「鳥のくちばしは骨なのか?」
http://ikimonotuusin.com/doc/407.htm
AFP 2018年5月23日付「鳥に歯がない理由に新説、卵のふ化を早めるため」
http://www.afpbb.com/articles/-/3175626
| - | 19:43 | comments(0) | trackbacks(0)
戦時中「B-29」が日本の広告に載る

B-29

太平洋戦争の末期、日本の上空には、米国の「B-29」という大型戦闘機がつぎつぎと襲来し、日本各地を爆撃しました。各都市での多くの空襲、それに広島と長崎での原子爆弾投下にはB-29が使われました。1944年6月、北九州市の八幡製鉄所をねらった空爆を始めとし、日本の敗戦までのべ3万3000機のB-29が出動されたといいます。

当時の日本政府は、国民に対して「敵機がどういうものか」を知らせることを重視していた向きがあります。それは、いまに伝わる戦時中の広告からうかがえます。

いまの日本航空協会の前身にあたる大日本飛行協会は戦時中、兵庫県・西宮北口駅のちかくにあった「西宮航空園」の広告を出稿しました。同園は「関西国民航空錬成場」ともよばれています。広告では「これを叩きつぶすのだ」という文句とともに、B-29の絵を載せ「B29超空の要塞」という説明書きをつけています。ほかに、「グラマン雷撃機」と「ダグラス急降下爆撃機」の絵も。

そして、「アメリカが小癪にも日本に勝てると思つて戦ひを挑んでくるのは物量の力を頼りにしてのことである。敵をやっつけるにはこの物量を叩きつぶすに限る。さあもつと澤山の優秀機を前線に送らう」という文言を載せています。「物量の力を頼りにして」というのはもっともながら、「この物量を叩きつぶすに限る。さあもつと澤山の優秀機を」というあたりは、いまにすれば無謀さ極まりないことを述べているととれます。

適性文化を排除する政策がとられていたというものの、B-29の模型は売られていたようです。

大阪市西区南堀江にあった「ツバサヤ本店」の卸部は、朝日新聞東京本社が発行していた『航空朝日』という雑誌に、B-29をはじめとする戦闘機の模型を発表したことを伝える広告を出稿しています。「B29現る 頭に叩き込まう この正體!」「防空の要訣は先づ敵機を識ることだ! 今! 直ぐ 敵機模型を作れ!」という文句とともに、真横から見たB-29の絵を載せています。

また同号では、大阪市西区靭南通(いまの靱本町)にあった「大阪模型」という模型製造卸も、B-29の模型の広告を出稿しています。文句は「これがB29だ!!! 作つて、覺えて、献納しやう!」というもの。「献納しやう」の意味が謎めいています。ツバサヤ本店の広告にくらべて、より斜め上空からB-29を見おろす角度での絵が載っており、より写実的です。

また、東京・横山町(いまの日本橋横山町)にあった「旭航空機研究所」は、B-29などの戦闘機の「三面図」の広告を出稿しています。「最も正確なる三面圖」といった文言から、B-29の三面図が複数種類、売られていたことがわかります。さらに注目すべきは「陸軍航空本部御指導」という文言。これが、三面圖をつくるうえで、日本の陸軍航空本文から指導を受けたという意味であれば、やはり国がB-29の情報を国民に伝えようとしていたということになるでしょうか。広告にはB-29を真上から見た絵も載っています。

日本は、B-29についての情報を、日本への襲来より早く把握していたものと考えられます。米国は、B-29の開発を隠すことなく新聞や雑誌に報道させており、その情報は、第二次世界大戦で中立の立場をとっていた国を介して、日本に伝えられたと考えられます。

B-29の模型や三面図については、店側の「売らんかな」という商魂と、日本の「敵機を国民に知らせる」という目的が合ったため、発売が許されたと考えられます。「敵機の正体を知る」ということと「模型を売る」ということのどちらが真の目的だったかはわかりません。

参考資料
歴史を色々考えるネタ雑録ブログ 2013年8月6日付「戦時中の広告は気分が出るよね。『これを叩きつぶすのだ!!』」
http://rekisineta.ldblog.jp/zaturoku/kohkoku-hikohnippon.html
若林宣 twitter「『戦う広告』の著者でございます」
https://twitter.com/t_wak/status/464055139267911680
日本大百科全書「B-29」
https://kotobank.jp/word/B-29-120490
日本放送協会 戦争証言アーカイブス「太平洋戦争と空襲」
https://www.nhk.or.jp/archives/shogenarchives/special/vol2.html
時事通信「終戦特集 太平洋戦争の歴史」
https://www.jiji.com/jc/v2?id=20110803end_of_pacifi_war_18
日本航空協会「沿革」
http://www.aero.or.jp/gaiyo.html
Yahoo!知恵袋「戦時中、アメリカン軍の銀色の爆撃機を日本人はこどもでさえも『B29』だと知っていましたが、何で機種を知っていたのですか?」
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12154105517
| - | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0)
投げ縄で牛や馬を捕まえる意味を込めて「ラリアート」
プロレスリングを愛好する人は、選手が技を決めたときの快感を味わうのではないでしょうか。応援している選手が技を決めたときはなおさらです。

愛好者に技を知ってもらうためという理由もあるでしょう、それぞれの技にはよび名があります。たいていの技は英語で表されるものであり、日本語に訳すれば、技と意味が一致するものです。

たとえば、かつてメキシコ出身で覆面のミル・マスカラス(1942-)が得意技としていた「フライング・クロス・アタック」は、勢いをつけて飛びながら両腕を交差させて相手選手の体にぶつかり攻めるもの。だいたい、名が体を表しています。

しかし、技の名は有名でありながらも、その語がなにを意味しているのか、さほど知られていないといった技もあるものです。

かつて日本で活躍し、「不沈艦」の愛称をもつスタン・ハンセン(1949-)の得意技といえば「ウェスタン・ラリアート」。「ウェスタン」は、ハンセン選手のカウボーイ姿から、「西部」あるいは「西部劇」にちなんだものと想像できます。

では、「ラリアート」とはなんなのでしょうか。

「ラリアート」を英語で綴ると“lariat”。ではと、「lariat」で画像検索すると、紐状の道具を写した画像が多く出てきます。

「ラリアート」は、「(馬、牛などを捕まえる)投げ縄」「(草を食べている家畜を杭につなぐ)つなぎ縄」とあります。また、動詞として「投げ縄で捕まえる」「つなぎ縄でつなぐ」という意味も。


“lariat”で出てくる写真
写真作者:Mac Armstrong

これらの意味と、ハンセン選手のウェスタン・ラリアートのようすから見ると、「投げ縄で馬や牛を捕まえるように、腕を当てて相手選手の首を捉える」といった意味が、技としての「ラリアート」に込められていることがわかります。

日本の文化においては、投げ縄としてのラリアートは、ほとんどの人にとって縁のない道具。いっぽう、プロレスリングの技としてのラリアートは、ハンセン選手の活躍などもあり多くの人びとに知られるようになりました。日本語で「ラリアート」と入れて画像検索すると、上位には、長州力選手、小島聡選手、金丸義信選手、そしてスタン・ハンセン選手らがぶちかますラリアートの写真ばかりが出てきます。

参考資料
小学館ランダムハウス英和大辞典「lariat」
https://dictionary.goo.ne.jp/word/en/lariat/
| - | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
自然物は直線を嫌い、人間は直線を選ぶ

写真作者:Masaki Shiina

人は、人がつくった人工物と、人の手が加わっていない自然物と、両方に囲まれて暮らしています。山に行けば、階段や山小屋などの人工物に合うし、木々や岩々などの自然物にも合います。

たいていのものを見れば「これは人工物だ」「これは自然物だ」とわかるもの。では、直感的にわかる人工物と自然物のちがいを、ことばで表すとどうなるでしょうか。

英国の造園家ウィリアム・ケント(1685-1748)は「自然は直線を嫌う」ということばを遺しました。自然物には、直線がほぼ見られないということです。木の幹や枝の進みかた、岩のかたち、小川の流れかた、なにをとっても直線的な要素がありません。

なぜ、自然は直線を嫌うのか。これは、「万物は重力などの力を受けており、その力のかかりかたは一方向性にはならないため直線が生じない」といった論で説明がつきそうです。直線を生みだすような力のかかりかたは、自然界では生じづらいのです。

直線的な自然物もないとはいえません。たとえば、重い雨や雹が落ちてくる軌跡は直線的です。ただし、これも水滴や氷が地球の重力にしたがった結果としての直線といえます。なお厳密には、地球の自転や太陽光によって風が吹いているため、重い雨や雹の軌跡も純粋な直線とはいえませんが。

いっぽうで、人間は直線を嫌いませんでした。物理学者の湯川秀樹(1907-1981)は「自然と人間」という随筆で、「人間は何故に直線を選ぶか。それが最も簡単な規則に従ふといふ意味において、取扱ひに最も便利だからである」と述べています。

自然界では、偶然に直線が実現する確率は無限に小さいけれど、人間は自分で手を加えてものを作るとき、とりあつかうのにもっとも便利だから直線を選ぶというわけです。使われずむだになってしまう部分をできるだけ廃して建材を用意しようとすれば、その建材は直線的になるでしょう。

ただし、人工物も万物のひとつです。時が経てば、重力などの力の影響を受け、自然物の姿に近づいていきます。さいころのように四角かったコンクリートのブロックが、雨風にうたれて風化し、丸みを帯びていくといった現象も、自然物に近づいた表れといってよいでしょう。

自然や物理を大きく捉えると、人間が直線的な人工物を作るという営みが、いかに自然のありかたに逆らっているかが感じられます。

参考資料
永井由佳里「工学を人間らしくするデザイン知識」
http://mikke.g-search.jp/QHBR/2015/20150316/QHBR20150316HTB008.html
澁澤龍彦『バビロンの架空園』
https://www.amazon.co.jp/dp/4309415571
Yahoo!知恵袋「『自然は「直線」をつくらない』というのはどうしてですか。」
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1080267670
池内了編・湯川秀樹『科学を生きる』
https://www.amazon.co.jp/dp/4309413722/
| - | 16:01 | comments(0) | trackbacks(0)
絞りを狭めて、手前から奥までぼかさず

デジタルカメラでは、「自動」の機能を使えば、対象物をそれなりに卒なく撮ることができます。多くの人は、この自動の機能を使って撮っていることでしょう。

しかし、どんな写真を撮りたいかという目的によっては、自動でない方法で撮るほうがその目的をかなえられます。

たとえば、手前から奥にかけて並んでいるような対象物を撮るとき、なるべく手前から奥までをぼやかせずに撮りたいとします。そうしたとき、たいていのカメラの機能としてついている「絞り優先」を使うと、かなえられそうです。

「絞り」とは、光線束の方向範囲を限定するための孔が空いた板のこと。絞りの孔を狭めると、光の入ってくる角度は狭まります。すると、絞りの孔を狭めていないとき、つまり孔の空きが大きいときにくらべて、手前から奥までのより長い範囲を焦点にすることができます。この焦点の範囲を「被写界深度」あるいは「焦点深度」といいます。

絞りの孔の空きを狭めることで、被写界深度は深くなります。つまり、対象物の手前から奥までを、ぼかすことなく撮ることができるようになります。しかし、その利点を得られる反面、犠牲が生じます。絞りの孔を狭めるということは、入ってくる光の量をすくなくかぎることにもなりますから、絞りの孔を狭めずに撮るときにくらべて、暗めに写ってしまいます。

この犠牲を穴うめするにはどうすればよいでしょう。

シャッターを長い時間にわたり空けておき、得られる光の量を多くすれば、暗めに写ってしまうことを避けられます。

しかし、シャッターを長い時間にわたり空けておくことについても、その利点を得られる反面、犠牲が生じます。シャッターを長い時間にわたり空けておくということは、撮影中にカメラが揺れるおそれが高まります。撮影中にカメラが揺れると、対象物がぶれて写ってしまうことに。

この犠牲を穴うめするにはどうすればよいか。

三脚を使うなどしてカメラを固定することができれば、カメラのぶれを防ぐことができます。

これらをまとめると、対象物を手前から奥までぼやかさずに撮ろうとする場合、カメラのシャッターの絞りを狭めて、シャッターを長く空けて、カメラを固定するといった方法が効く、ということになります。


絞りの孔を狭めて撮った写真


絞りの孔を狭めず撮った写真

参考資料
ニコン「露出 絞り値(F値)」
http://www.nikon-image.com/enjoy/phototech/manual/04/04.html
Canonが教える写真のコト「Av(絞り優先)モードにしてみましょう」
https://cweb.canon.jp/eos/special/beginner/column12/
KAN’S MEMO 2010年6月27日付「サルでもわかって欲しいカメラ原理講座: #02 絞りとは」
http://www.kansmemo.com/photo/camera/principles/entry-59.html
超簡単♪写真スクール「レンズの絞りと被写界深度の関係」
http://www.st39.net/pic-school/z0261.html

| - | 20:21 | comments(0) | trackbacks(0)
商品の目的が実現し、商売できなくなる


人のなにげない発言には、ものごとへの考えかたについて深く考えさせる内容が潜んでいるものです。そのなかには、「なぜ、会社を続けるのか」といったことを考えさせるものもあります。

2018年の夏から秋にかけての猛暑により、蚊の数が減っているといわれています。蚊が活動するための適温は25度から30度。ところが、各地でこの温度帯をはるかに上まわる35度以上の気温となっているため、蚊の活動がにぶっているということです。

蚊が多いと感じれば、人は蚊取り線香などの虫よけ薬を買うようになります。しかし、そう感じなければ、人はこうした商品を買いません。

蚊が多いと人が感じないと、虫よけ薬を作り、売っている会社は困ってしまいます。蚊がいるはずの夏に蚊がいなければ、商売あがったりだからです。そうしたことが、今年2018年に起きているようです。

今年の異変を伝える報道では、虫よけ薬をつくる会社の経営者が、取材にこう答えたといいます。

「夏バテ気味の蚊の『復活』を待ちたい」

おそらく、この人物は「自分たちの作った商品がもっと売れてほしいので、夏ばて気味の蚊の復活を待ちたい」と言いたかったのでしょう。

なぜ、会社を続けるのか。

この人物にとって、自分が仕事をする理由は、「虫よけ薬をより多くの人に売りたいから」もしくは「虫よけ薬をより多く使ってもらいたいから」ということなのでしょう。

一方で、虫よけ薬が存在する理由は「嫌な蚊をいなくさせるため」です。その蚊が、今年はあまりいません。

蚊をいなくするための商品を作っている会社は、蚊がいなくなってしまうと商売できなくなってしまうわけです。そして、今年、商品を作るうえで目標としていた「蚊をいなくする」は、その商品が使われることなく達成されました。

では、虫よけ薬をつくる会社の人は取材に対して、「蚊がいなくなり、私たちの夢も達成されました」と言えばよいのでしょうか。

経営者は、社員のために、あるいは株主のために、会社を保つ必要があります。そのようなことはなかなか言えないでしょう。苦渋の末に「夏ばて気味の蚊の復活を待ちたい」という本音が出てきたのではないでしょうか。

会社がある理由とは、「おなじ実現したいことをめざす人びとが集まって、その実現したいことをおこなう」ことが本義とされます。しかし、実現したいことが実現しても、会社は続いていかなければならない。矛盾の要素をふくむこの状況は、深く考えさせるものです。

参考資料
スポーツニッポン 2018年8月7日付「活動適温25〜30度 蚊の逆襲 もう少し下がればきっと来る」
https://www.sponichi.co.jp/society/news/2018/08/07/kiji/20180806s00042000379000c.html
日本経済新聞 2018年8月8日付「猛暑で蚊も夏バテ? フマキラやアース製薬、大幅減益」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33948230Y8A800C1DTB000/
| - | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
大人たちのすることで10歳代が影響を受け……


東京都内の医科大学では、女子や浪人年数の長い男子が不利となる得点操作がおこなわれていたことが明るみになり、社会問題となっています。

アマチュア・ボクシングでは、連盟会長の不正が告発されて以来、報道各社が試合会場にも詰めかけ、“会長の欠席“を伝えるなどしています。この会長は(2018年)8月8日に辞任を表明しました。

いっぽう、夏の高校野球全国大会では、予選も本戦もふくめ、選手や応援者たちが熱中症で倒れるといった事故が起こり、これもどのような対策をとるか課題となっています。

このところ社会でわいているこれらの問題には、なんの共通点もなさそうに感じられます。しかし、いずれも「大人たち意思決定で10歳代をはじめとする若い人たちが影響を受けている」という点で一致しています。

医科大学を受験するのは、たいてい10歳代後半か20歳になったばかりの世代たち。公平に扱われていたら合格し、入学できていたかもしれない受験を、大人たちの判断によって不合格にさせられてきたわけです。大学受験は、人によっては、人生を左右するような大きなできごとです。

連盟会長の欠席を伝えるために報道各社が詰めかけたボクシング会場でおこなわれていたのは、全国高校総合体育大会の会場です。選手は10歳代の高校生たち。試合内容はなにも報じられず、ただ大人たちの不正に端を発した問題だけが伝えられました。通常の試合とはちがう雰囲気のなか、選手は試合に臨んだことでしょう。

高校野球の全国大会が夏におこなわれるというのは、だれもが知っていることであり、主役の高校生たちもそれは承知してはいるでしょう。しかし、「暑い時間帯には試合を避ける」「ドーム球場で開催する」といった決定を彼らが自分でくだすことはできません。高校生たちは、大人たちがくだす決定事項にしたがって、試合をしたり応援したりする立場にあります。そして、酷暑のなか、熱中症で倒れていきます。

10歳代の若い人たちからすれば、「自分たちをそんな、かわいそうな目で見なくてもいい」とあるいは感じるかもしれません。しかし、10歳代が、自分たちでどうすることもできないことを、大人たちのおこないによって強いられているという状況は、大人たちが一種の社会的弱者をつくりだしている状況といえます。意思決定権のない人たちに対して責任をもっているのは、意思決定権をもっている人たちです。

参考資料
朝日新聞 2018年8月7日付「東京医大『寄付増やしたかった』不正合格の親から謝礼」
https://www.asahi.com/articles/ASL874VKYL87UTIL029.html
デイリースポーツ 2018年8月2日付「山根会長入院 批判回避? 高校総体ボクシング開会式欠席『体調不良』
https://www.daily.co.jp/general/2018/08/02/0011503053.shtml
| - | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
「緑の甲子園」は「緑の京セラドーム」に

阪神甲子園球場
写真:Google Earth

2018年の高校野球全国大会が、兵庫県の阪神甲子園球場で8月5日(日)に始まりました。例年にない暑さのため、球場で熱中症になる人のことが心配されています。実際、初日の6日(日)には、熱中症の疑いがある人が16人いたと大会本部が発表しました。

夏の高校野球の暑さ対策のひとつとして議論されているのが「ドーム球場で開催する」といったもの。冷房が効くためです。そして、もしドーム球場で開催するとなった場合、よく候補にあげられるのが、大阪市内にある「京セラドーム大阪」です。


京セラドーム大阪
写真:Google Earth

これまで、「甲子園(球場)」は、高校野球の全国大会が開催される場所として、100年のあいだに定着してきました。そして、「甲子園」は「高校生をはじめとする若い人たちの全国大会」を象徴することばとしても定着してきました。

「甲子園」の名がつく高校生の大会は、さまざまな分野に及びます。もし今後、高校野球を「京セラドーム」でおこなうことになり、「夏の高校野球の全国大会といえば京セラドーム」という概念が定着してきたら、高校野球以外の高校生の大会も「何々の甲子園」から、よび名は変わっていくものでしょうか……。

たとえば、全国高校ゴルフ選手権は「緑の甲子園」ともよばれているそう。これは「緑の京セラドーム」となります。京セラドーム大阪の巨大な金属色の円盤が緑色に塗られたようすを想像させます。いまは。

全国高等学校対抗民家町並みフォトコンテストという事業は「民家の甲子園」とよばれているそうです。これは「民家の京セラドーム」となります。京セラドームには、公共施設のほかに民家があるような印象をあたえます。いまは。

また、高校生が森、川、海の名人を訪ねて考えかたや生きかたを「聞き書き」して発信する「聞き書き甲子園」という活動もあります。これは「聞き書き京セラドーム」となります。京セラドームの魅力を伝える本の名前にありそうです。いまは。

ほかにも「甲子園」がついた大会名はいろいろあります。それらが「将棋の京セラドーム」「アニメ京セラドーム」「科学の京セラドーム」「俳句京セラドーム」「鉄道模型の京セラドーム」とよばれるときはくるのでしょうか。

ただし、「京セラドーム大阪」は、京セラが命名権を得て、名称としてよばれているもの。このさきもずっと「京セラドーム大阪」とよばれるつづけるとはかぎりません。

「夏の甲子園は第3日目」といったように、「甲子園」といえば「高校野球の全国大会」といった意味で通じます。それほどまで、甲子園球場がどんなところであるのか、そのイデアが一般の人には共有されています。「京セラドーム」には、まだそうしたイデアがありません。いまは。

参考資料
ウィキペディア「甲子園の名がつく高校生大会一覧」
https://ja.wikipedia.org/wiki/甲子園の名がつく高校生大会一覧
サンケイスポーツ 2018年8月6日付「熱中症の疑いは16人 大会本部発表/甲子園」
https://www.sanspo.com/baseball/news/20180806/hig18080621330037-n1.html
| - | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0)
写生は撮影とは異なるもの

絵作者:Diogo Moraes

撮影機能つきのスマートフォンを多くの人が持ちあるいています。だれもが、自分の見ている景色を写真におさめることができるわけです。このイノベーションがあったからこそ、フェイスブックやインスタグラムといった、新しい意思疎通のかたちが広がったわけです。

しかし、だれもがかんたんに撮影できるいまの時代であっても、「写生」つまり眼前の景色を絵に描くという行為はなくなりそうもありません。撮影ではできないけれど、写生であればできるようなことがあるからです。

たしかに、対象となる景色やものを「見る」ということでは撮影も写生も共通しています。けれども、撮影と写生では見ている時間の長さが大きくちがいます。写生をするときは、対象物を見つめつづけたり、何度も見たりしなければなりません。

それだけ詳しく対象物を見るということは、対象物がどんなつくりをしているのかを詳しく理解することにつながります。たとえば、渓流の景色を写生すれば、どのくらいの大きさの岩があるか、岩の置かれかたによってどのように水が流れているか、どのくらいの速さで水が流れているか、といったことを掴むことができます。そこで得られた情報は、写生をしたものを模型にするといった目的でも役立つでしょうし、観察力を養うといった能力向上にもつながるものとなります。

また、写生をすることは、対象物の特徴を明らかにすることにもつながります。写真撮影とちがって、眼前の景色のすべてを写生で表現することはできません。そのため、写生するときは必然的に、対象物の特徴的な部分を選んで拾って、それを絵にしていくことになります。つまり、写生をとおして、対象物のなかで伝えるべき部分を明確にすることができるわけです。その成果は、つぎの段階として絵画や模型などをつくる場合、デフォルメの作業に活かせます。

また、抽象的ではありますが、写生をすることにより、対象物と長く向きあうことになるため、対象物に対する記憶や印象の度合を高めたり、思いいれを強めたりすることにもつながります。こうした、印象や記憶、また思いいれは、創作の源にもなりうるものです。

複数の人が、作品づくりに携わっているような場合は、写生した絵が、みんなで分かちあう設計図のような役割を果たすことにもなります。人それぞれの頭にある完成形のイメージがばらばらなままだと、完成品の精度や統一性にも高まりづらいもの。しかし、写生で絵が描けていれば、みんながその描かれてある絵を完成イメージとして共有することができます。

写生を手段でなく目的とする人もいることでしょう。つまり、写生している時間を「楽しい」と感じ、描いたものに満足するわけです。撮影でもおなじように「楽しい」と感じる人もいるでしょうが、自分で手を動かして絵にしていくという点は、写生ならではの楽しさといえます。

撮影でなく写生をすることの目的や意義は、これほどさまざま。一見、撮影と写生はおなじような行為に捉えられがちですが、じつは根本的に内容の異なる行為と捉えるべきものといえそうです。

参考資料
3dtotal.jp 2017年1月27日付「特集 スケッチを上達するための10の心得」
https://3dtotal.jp/features/3339/
西川悠子「観察時における学習効果を上げるためのスケッチの研究」
https://aue.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=5168&item_no=1&page_id=13&block_id=21
清須市はるひ美術館 館長ブログ 2013年4月4日付「スケッチすることは、スケッチ画を作ることではない。」
http://museum-kiyosu.jp/blog/blog/2013/04/04/april-4-2013-スケッチすることは、スケッチ画を作ること/
増成和敏『プロダクトデザインのためのスケッチワーク』
https://www.amazon.co.jp/dp/4274069281/
ゆる〜く嗜む鉄道模型「スケッチを描く」
http://moritetsu.info/model-railway/a-layout-is-made/a-sketch-is-drawn/
| - | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0)
表現したい部分を強調する

写真作者:art_inthecity

芸術や工業などでは、意匠のしかたひとつとして「デフォルメする」ということがあります。

「デフォルメ」は、“déformer”と綴るフランス語。さらにその語源は、ラテン語の「形をくずす」という意味の語とされ、その原義には「形を悪くする」「醜くする」といった否定的な意味があるともされます。

しかし、いまの時代においては、形を悪くしたり、醜くしたりするために対象物をデフォルメすることはまずありません。とくに美術では、対象を変形させて表現することを「デフォルメ」とよびますが、その目的は大きくいえば「表現したい部分を強調するため」といえるのではないでしょうか。

産業的な意匠においてもデフォルメはなされます。たとえば、地図をはじめとするインフォグラフィックスでは、使う人が情報を取捨選択でき、わかりやすく使えるためにデフォルメがなされます。これも上に示したような「表現したい部分を強調する」といった目的に当てはまります。

ほかにも、「モデルとなるものが細かすぎて忠実に模造できないから」といった理由でデフォルメをするといった、必要性からくる理由もあるでしょう。ただし、しかたなく簡略化することは消極的ですし、デフォルメする本分からは外れそうです。

デフォルメが、表現したい部分を強調するためものとすれば、意匠でデフォルメをほどこす人は「自分はなにを表現したいのか」を定めておかなければなりません。そのためには、モデルとなるものをよく観察して「なにがそれを特徴たらしめているのか」「なにを自分として伝えたいのか」といったこと考える作業が必要となります。また、デフォルメをするために「なにを省いたら伝えたいことをより効果的に伝えられるか」といった削る要素についても吟味する必要があるでしょう。

デフォルメも、伝えたいことを伝えるための手段と考えると、なにをどうすべきかがわかってきます。

参考資料
カタカナ語の意味まとめ「デフォルメの意味とは」
http://imimatome.com/katakanagonoimi/katakana41.html
笑える国語辞典「デフォルメ」
https://www.waraerujd.com/blank-34
菅沼優子、根岸博康、川又武典「図形のデフォルメ技術」
http://www.mitsubishielectric.co.jp/corporate/giho/2011/11/pdf/1111112.pdf
| - | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • アナウンサーも日常的に「やつ」
    ★ (08/03)
  • “遅れて来た”日産自動車、“満を持して”リーフ
    うぼで (06/13)
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE