科学技術のアネクドート

運動直後は空腹感が失せがち

写真作者:Kenny Holston

気の向くままにたくさん食べることの“免罪符”として運動をしているという人は多いことでしょう。「きょうは運動したから、その分、余計に食べてもいいだろう」と。

しかし、激しめの運動をしたすぐあと、激しく食べたいくらいにお腹が減っているかというと、そう感じない人は多いのではないでしょうか。「食べものは運動をするエネルギー源であり、運動でエネルギー源が減ったのだから、運動したあとに食べたくなる」というのは筋がとおるものの、実際の感覚はそうならないわけです。

運動直後に空腹感がない理由としては、つぎのようなことがいわれています。

まず、空腹感が起きるのは、血糖値が低いときとされます。血糖値とは、血液のなかのブドウ糖の濃度のこと。ブドウ糖は、エネルギーのもとですから、それが血液中ですくなくなると、脳が空腹感をもたらすわけです。逆に、血糖値が高いとき、脳は空腹感をひきおこしません。

では、激しめの運動をしたすぐあとの、人の血糖値はどうなっているのでしょうか。

じつは、一時的に、血糖値が下がった状態になるといいます。これは、運動しているときの刺激によって、肝臓や筋肉に貯めこまれているグリコーゲンというエネルギー源が引きだされ、それがブドウ糖へと変わり、血液中でのブドウ糖の濃度が上がるからと説明されます。つまり、運動でからだがエネルギーを必要としたので、エネルギー源がからだに供給されたわけです。

こうしたことから、運動前は「運動しおえたらたくさん食べよう」と考えていても、実際は「運動したけれど、お腹が減らないぞ」となり、夜なのでそのまま寝てしまう、といった人もいそうです。けれども、このときの「空腹感のなさ」はあくまで一時的なもの。翌朝に起きたときは「とてもお腹が減ってしかたない」といったことも起こりえます。

参考資料
HelC+「満腹感や空腹感を感じる食欲のメカニズムを探る」
https://www.health.ne.jp/library/detail?slug=hcl_3000_w3000111&doorSlug=fat
教えて!goo「運動すると食欲がなくなる理由は?」
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/7678910.html
ライフハッカー 2013年9月25日付「『激しい運動で食欲が減る』現象の科学的分析」
https://www.lifehacker.jp/2013/09/130925exercise_eat.html
| - | 18:44 | comments(0) | trackbacks(0)
屈折の原理を使って前方を視野に入れる

写真作者:JD Lasica

暑い季節、プールには人が多くなります。浮き輪でぷかぷか浮かんだり、水中歩行をしたりと思い思いにプールで過ごします。

そのいっぽうで、プールに確保されている泳者用レーンでもくもくと泳いでいる人もいます。

泳ぐ人の速さはまちまち。陸を小走りするぐらいの速さで泳ぐ人もいれば、ほぼ前に進んでいないぐらいにゆっくり泳ぐ人もいます。そうしたなか、泳いでいる人たちにとってはかなり大きな課題が生じます。

ぶつかってしまう(しまった)!

プールによってはレーン内の左側を遅い人向け、右側を速い人向けなどと、分けているところもあります。それでも、速さはさまざまですので、ぶつかるおそれは残ります。

ほかの人より速く泳ぐ人にとっては、前で泳いでいる人にぶつかるのは避けたいところ。そこで、混んでいるプールなどでは、自分の前で泳いでいる人に近づいてしまっていないかを、顔を前のほうに向けて、目で確かめることになります。

しかし、これが日本人の泳ぎかたを悪くする弊害にもなっているといわれます。

水泳のクロールでは、顔の向きは真下を基本とし、息つぎのときだけ横を向くのが理想的な姿勢とされます。顔を前のほうに向けると、体の姿勢が崩れて、水の流れに対して抵抗が生まれてしまい、前に進みづらくなるからです。

とはいえ、顔を前のほうに向けないと、前で泳いでいる人にぶつかってしまいます。はて、どうにかならないものか……。

車の運転では、鏡を使って運転者が自分の死角も見えるようにしています。いっぽう、泳者はゴーグルとよばれる水よけの眼鏡をかけています。車の鏡とおなじようなことを、ゴーグルでもできないものか……。

運動用具の製造業者はこうした課題を解決する、「かゆいところに手を届かせられる」用具をちゃんと開発しているものです。

運動用品製造業のミズノは、「水泳中の前方視界が2倍以上に広がる」ゴーグルを開発・製造し、商品にしています。

きもは、ゴーグルのレンズの角度を傾けていること。通常のゴーグルでは、レンズの表面は目の表面と平行になっています。これに対し、このゴーグルのレンズには、天側から地側にかけて傾斜があります。地側が出っぱっているかたちをしています。

このレンズの傾きが、光の屈折の効果を高めます。ゴーグルの内側は目を覆う空間があるのに対し、外側は水で満たされています。つまり、レンズを境界にして、空気と水という異なるふたつの媒質が存在していることになります。こうした境界では、境界面と光の進む方向に角度がつくほど、光の進む方向が大きく変わってきます。

このゴーグルは、レンズを傾けることで大きな屈折を生じさせ、これにより、泳者の顔は真下を向いていながら、眼では前方の視界を捉えることを可能にしているわけです。

レンズ表面に角度をつけられる仕様のゴーグルは、ほかにも、水泳用具の販売をおこなうアリーナの商品に見られます。

運動では、何度もからだの動きをくりかえすことで、「型」ができてしまうもの。運動環境の事情によって、人びとがふさわしくない「型」を身につけてしまうのは、できれば避けたいところ。

課題の解決をはかったこれらのゴーグルは、泳ぐ人の「型」をふさわしいものに導くものといえます。

参考資料
ミズノ公式オンラインショップ「トレーニング用スイミングゴーグル(ノンクッションタイプ)」
https://www.mizunoshop.net/disp/CSfGoodsPage_001.jsp?GOODS_NO=59494
アリーナ「COBRA ULTRA(ミラー加工)」
https://asia.arenasport.com/ja-JP/ja-JP/AGL-180M.html
| - | 19:06 | comments(0) | trackbacks(0)
「考えさせるな」で、使い勝手を高める

写真作者:emdot

モノやアプリケーションなどを意匠するときは、見た目のよさとともに、使い勝手のよさを考えることが大切になります。

たとえば、自動券売機がいくら洗練されたかたちをしていて、前を通る人を見た目でうっとりさせるものだとします。見た目のよさは申しぶんない。しかし、いざ利用者がこの機械で券を得ようとするとき、画面のどこを押したらよいのかがわからない、あるいは、硬貨をどこに入れたらよいかがわからない、といったことでは、見てくれがよいだけの役たたずとなってしまいます。残念な自動発券機です。

このようにならないために、モノやアプリケーションの設計や意匠を担う人は、使い勝手のよさも意識するわけです。ただ見たり眺めたりすることが目的のモノやアプリケーションはそう多くありませんから、設計者や意匠家はほとんどの場合において使い勝手も重視しなければなりません。

では、モノやアプリケーションの使い勝手をよくするには、どうすればよいか。世の中には、「鉄則」や「法則」がさまざま述べられています。

そうしたなかでも、米国のスティーブ・クルーグという、使い勝手の分野における専門家が述べる、つぎの原則は多くのモノやアプリケーションを意匠するうえで参考になりそうです。

「考えさせるな」
Don't Make Me Think.

つまり、使い手が、そのモノやアプリケーションを目の前に「どう使ったらよいのか」と考えなくてもよいように設計や意匠をせよ、というわけです。この法則は、ウェブサイトの使い勝手について述べたクルーグの著書『超明快 Webユーザビリティユーザーに「考えさせない」デザインの法則』で、述べられ、書名にも入っています。しかし、この法則は多くのモノやアプリケーションにも当てはまりそうです。

いまが、「考えさせるな」を実行しやすい時代であるのもたしかでしょう。コンピュータを使って途中までを、またすべてを、設計・意匠できるからです。設計・意匠をしてみて、試しに使い勝手を吟味してみて、「ここが使い勝手が悪い」という点が見つかったら、その部分を改善すればよい。かつては、設計図の紙に戻って、図面を描きなおさなければなりませんでしたが、いまはコンピュータ上でそうした設計変更の作業ができます。

設計や意匠をする人も、「使い勝手を試してみる」ことはもちろんできます。この作業をおこたらずきちんとやることが、使い勝手をよくする大きな近道であったりするのかもしれません。

参考資料
Pop !n Sight 2019年7月25日更新「優れたUIデザイン(ユーザインターフェース)を作るために意識すべき、たった1つの原則」
https://popinsight.jp/blog/?p=2594
An Event Apart “Steve Krug”
https://aneventapart.com/speakers/steve-krug
wikipedia “Steve Krug”
https://en.wikipedia.org/wiki/Steve_Krug
| - | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0)
井伏鱒二が放屁したなら、太宰治が音で知った可能性大

三ツ峠
写真作者:アラツク

井伏氏は、濃い霧の底、岩に腰をおろし、ゆつくり煙草を吸ひながら、放屁なされた。いかにも、つまらなさうであつた。(太宰治『富嶽百景』)

太宰治(1909-1948)が、師に仰いでいた井伏鱒二(1898-1993)と、1938(昭和13)年の初秋、山梨県の三ツ峠に登山したときのこと。頂上で井伏が「放屁」つまりおならをしたと、太宰は『富嶽百景』で記しています。ほんとうは井伏はおならをしていなかったともいわれていますが……。

ここでは仮に、井伏がおならをしたとします。太宰がそれに気づいたのだとしたら、太宰は井伏のおならをどのように感じとったのでしょうか。

おならの伝わりかたには、おもに臭い、自己申告、音があります。

臭いによるというのは、やや考えづらいもの。太宰によると、このとき三ツ峠の頂上には、濃い霧が吹きながれてきていたといいます。屋外であり、風も吹いていたでしょう。また、太宰は「井伏氏は、濃い霧の底、岩に腰をおろし」などと、かなり客観的に井伏氏の行動を捉えています。1メートルの近さにはいなかったのではないでしょうか。こうしたことから、太宰が、おならをした井伏の風下にいて臭いを感じた可能性は残されるとしても、井伏のおならの臭いは届きづらい状況だったのではないでしょうか。

井伏の自己申告という線もまずなさそうです。太宰は、井伏のようすを「いかにもつまらなそうであつた」と書いています。ことばを発せず、ただぶぜんとしてたばこを吸っている井伏のありようが想像されます。「ああ霧ばかりでつまらんから。屁をこいてやつた」などと井伏が自己申告していれば、太宰はそれを記述するのではないでしょうか。

すると、残されたのは音。これが太宰におならが伝わった可能性としてはもっとも高そうです。臭いよりも音の指向性のほうが低く、井伏に対して太宰がどんな位置にいても聞こえてきたでしょう。

問題は音量ですが、一般的におならの音量は、ガスの速度と量で決まり、勢いよく量も多く出すと「ぶぉー」と大きな音になります。晩年の恰幅のよい井伏には「ぶぉー」という音がにあいそうですが、戦前期の井伏はけっこう痩せていたことが肖像写真などからうかがえます。ですので「ぶぉー」だったかどうかはともかく、意図的に勢いよくおならを出したのかもしれません。「つまらない」というかわりに。

参考資料
太宰治『富嶽百景』
https://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/270_14914.html
朝日新聞 2017年1月21日付「井伏鱒二が読む『屋根の上のサワン』 魂のバリアフリー」
https://www.asahi.com/articles/photo/AS20170116003464.html
朝日新聞 2013年2月2日付「おならの音は、何で決まる?」
https://www.asahi.com/shimbun/nie/tamate/kiji/20130204.html
| - | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
水分が抜けるから体重が落ちていくという考えも

写真作者:Leifheit International USA

糖質を摂るのを抑える「糖質制限」は、減量法として根づよい人気を保っているようです。「体重が減る」という効果を実感しやすいからでしょう。

いっぽうで、糖質制限によって体重が減るのは、「見かけだおし」だとするような論もあります。それはつぎのようなもの。

ふだん、人は、糖質をエネルギー源として使っています。糖質は、穀物や砂糖などにふくまれる物質で、炭水化物から食物繊維を引き算したものともいえます。

しかし、糖質制限をして、エネルギー源として使っている糖質を摂らなくなると、人はどうにか体内でエネルギーを捻出しなければなりません。そこで、人のからだは、肝臓や筋肉に多く貯められている糖原質とよばれる物質を分解し、これをエネルギーに変えていきます。糖原質は、グリコーゲンともよばれます。

このとき、糖原質には結合水とよばれる水分がともなわれています。糖原質1グラムに対し、結合水は3グラム。つまり糖原質は、つねに3倍の水分をともにしているというわけです。

この糖原質が、エネルギー源として使われて糖質になるとき、糖原質は分解されます。そのとき結合水が解かれ、水分として体外に排出されることになります。

こうしてどんどん水分がからだから抜けていく現象が、体重減として現れるため、「糖質制限で体重が減る」という事実がつくられるというわけです。

そして、この逆もまた真なり。ふたたび糖質を摂れば、エネルギーとして使われない分が、糖原質となって、肝臓や筋肉に貯えられます。糖原質がつくられるときは結合水がともなうので、人のからだは糖原質の3倍の重さの水分を得ることになります。こうして体重がふたたび増えていくわけです。

人のからだの内訳は、人によって異なるもの。

ふだん糖質を摂りすぎているような人が糖質制限をして、望ましい摂りかたになるということであれば、糖質制限をする効果はあるのかもしれません。

しかし、糖質を摂るのを断つといった極端な糖質制限は、一般的にすすめられていません。糖原質が分解されたあとは、つぎに筋肉が分解されるようになるため、糖質を摂るのを断ちつづけることは、筋肉を失うことになるといいます。また、日常的に得るべきはずのエネルギーを断つというおこないが、生存の危険をもたらすという論もあります。

参考資料
MYLOHAS 2019年7月12日付「糖質制限ですぐに体重が落ちるのはなぜ? 勘違いポイントを教授が解説」
https://www.mylohas.net/2019/07/194202sp_muscle_moritani03.html
農畜産業振興機構「スポーツ選手の食事法」
https://sugar.alic.go.jp/japan/view/jv_0106b.htm
デジタル大辞泉「糖質」
https://kotobank.jp/word/糖質-580418
デジタル大辞泉「グリコーゲン」
https://kotobank.jp/word/グリコーゲン-56758
福永倍雄「糖尿病」
https://www.toyama-kusuri.jp/ja/members/lectures/document/tounyoubyo/tounyoubyo.pdf
| - | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0)
やけに「二俣新町」だけ小さい

街なかには、「ちょっと違和感を覚えつつ、いつもなんとなく見ている」ものがあります。「べつになおしてほしいとまでは思わないけれど、でもちょっと……」といったぐらいのものが。

府中本町駅と東京駅や海浜幕張駅のあいだを走るJR武蔵野線の「停車駅のご案内」という車内表示には、40以上の駅名が書かれてあります。西船橋駅から府中本町駅までの武蔵野線の区間のほか、電車が乗りいれる京葉線の海浜幕張駅まで、それにおなじく京葉線の東京駅までの駅なども示されています。

40以上の駅が並ぶなか、ただひとつ、やけに小さく示されている駅があります。



二俣新町駅……。

この駅は、千葉県市川市内にある京葉線の駅。西船橋駅から南船橋駅や海浜幕張駅のほうへ行く路線と、西船橋駅から市川塩浜駅や東京駅のほうへ行く路線の分かれた先に、ぽつねんと孤立している駅です。海浜幕張駅方面に行く武蔵野線も、東京駅方面に行く武蔵野線も、どちらも二俣新町駅には停まりません。


衛星写真で見た二俣新町駅。手前の西船橋駅から線路が「Y」に分かれた先にある。
Google Earth Pro

だからというわけではないでしょうが、「二俣新町」の字だけ「ちょっと違和感を覚える」ほど、やけに小さくなっています。となりの「南船橋」や「市川塩浜」などの字とくらべると、半分ほどの級数しかないのでは。漢字の上にある英字“Futamata shimmachi”の大きさは、ほかの駅とおなじにかかわらず……。

この「停車駅のご案内」には、ほかにも位置づけ的には、ぽつねんと孤立している駅があります。快速の「しもうさ号」と「むさしの号」のみが停まる大宮駅です。


しかし、大宮駅のほうは、二俣新町駅とちがって、小さな扱いではありません。

なぜ、おなじ孤立した位置づけの駅なのに、二俣新町駅の表示は小さくて、大宮駅の表示はほかの駅と同等なのか。

これを推測するに、まず、大宮駅のほうが二俣新町駅よりも主要な駅であるため、二俣新町駅クラスの小さな表示にするのははばかれるといった事情はありそうです。二俣新町駅の1日平均乗車人員は4800人ほどなのに対して、大宮駅のほうは25万8000人ほど。また、二俣新町駅は京葉線の各駅停車のみしか停まりませんが、大宮駅には東北、上越、北陸の各新幹線や東北本線などの在来線、それに私鉄やニューシャトルも停まります。「二俣新町とは格がちがうのだよ、格が」といった声が大宮方面から聞こえてきそうです。

また、この「停車駅のご案内」に特有の事情もあるでしょう。二俣新町駅の表示を、ほかの駅とおなじ大きさにすると、そのすぐ下にある路線の分かれ目の「Y」に駅の枠が重なってしまいます。すると、実際は二俣新町駅には停まらないのに停まるように見えてしまう誤表示になりかねません。これは情報としてよくない。

それにしても、もうすこし二俣新町駅の存在感を強くしてもよさそうなものです。

二俣新町駅の表示だけやけに小さいことの経緯を探ると「過去の名ごりである」という線が浮かんできます。

武蔵野線の、2012年ごろまで使われていた「停車駅のご案内」には、二俣新町駅のほか、潮見駅と越中島駅という二つの駅の表示も小さなものでした。インターネットでは過去の「停車駅のご案内」が見られます。

かつて、武蔵野線から乗りいれた列車は潮見駅と越中島駅を通過していたため、その列車の橙色の帯に重なるのを避けるため、ほかの駅の半分の大きさで表示されていたのでした。

当時の「停車駅のご案内」では、潮見駅と越中島駅の表示の小ささと、二俣新町駅の表示の小ささを統一させていたのでしょう。ところが、潮見駅も越中島駅もダイヤ改正によって停車駅となったため、大きな字の駅に格あげに。その結果、二俣新町駅の表示だけがもとのまま残され、二俣新町駅のみがやけに小さい表示になっているという線ではないでしょうか。

二俣新町駅の級数を1.5倍ぐらいにして存在感を強くすることは意匠上できそうです。それにより、「二俣新町駅がここにある」という情報は伝わりやすくなるでしょう。

しかし、載せないわけにはいかないけれども、武蔵野線にとって二俣新町駅は停まる駅ではありません。「この電車は二俣新町駅には停まりませんからね」と伝えるには、むしろこの小ささのままのほうが効果的といえます。

参考資料
ウィキペディア「二俣新町駅」
https://ja.wikipedia.org/wiki/二俣新町駅
ウィキペディア「大宮駅」
https://ja.wikipedia.org/wiki/大宮駅_(埼玉県)
Rapid for Minami-Koshigaya 2012年9月13日付「武蔵野線車内ドア上用路線図購入w」
https://ameblo.jp/sakaiseita/entry-11353891674.html
ニコニコ大百科(仮)「武蔵野線」
https://dic.nicovideo.jp/a/武蔵野線

| - | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
「ジョナサン」のトマトとチキンのヘルシー雑穀カレー――カレーまみれのアネクドート(121)

これまでの「カレーまみれのアネクドート」はこちら。



ファミリーレストランのカレーは,万人が食べられるカレーから、好きな人が食べるカレーへと進化しています。このブログでも2015年にデニーズの「マッサマンカレー」をとりあげました。

いっぽうで、ファミリーレストランは、「健康」志向のカレーにも力を入れています。

ジョナサンでは、グランドメニューのひとつとして「野菜の旨み! トマトとチキンのヘルシー雑穀カレー」を出しています。さまざまな野菜を具にし、また、ライスを雑穀米にし、健康を意識したカレーであることを訴えます。献立表には「カロリー630」とあり、減量にはげんでいる人にはこの熱量表示も惹くのでは。

献立の説明によると、味の基本はトマト。酸味あるトマトペーストと甘みの強いイタリア産トマトがカレーソースに使われているよう。いっぽう具のほうは、鶏肉のほか、ブロッコリー、ひよこ豆、パプリカなど。さらに、乾いたグランベリーが散らばっていて、これがカレーとは異なる味を味を出しています。

ライスのほうは、ジョナサンで出している汎用的な雑穀米とおなじでしょう。わずかに紫色をしていてナッツがふくまれています。「ヘルシー」をうたっているからか、量は少なめライスほどで多くありません。

献立の写真にある、トマト8分の1切りや、ブロッコリーひとかけ、ごろごろした鶏肉のカレーが出てくるかというと、実際はそれぞれかなり小さめ。ファミリーレストランの献立の写真と実際の料理の差をいかになくしていくかは、このカレーにかぎった課題ではありません。

とはいえ、小さい具だからこそ、それぞれがトマトを基本とするカレーソースにきちんとまみれています。

個人経営のカレー専門店が、新たな料理として「ヘルシーカレー」ひとつを出すのは労力のかかるもの。対して、ファミリーレストランは、つねに料理を開発しています。そうした行動力の強みから生まれたカレーともいえるでしょう。グランドメニューのひとつになっているものの、ファミリーレストランのグランドメニューはひんぱんに変わるもの。興味ある方は、早めに食べておいたほうがよいかもしれません。

ジョナサンによる「野菜の旨み!トマトとチキンのヘルシー雑穀カレー」の紹介はこちらです。
https://www.skylark.co.jp/jonathan/menu/menu_detail.html?mid=107_12542

| - | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0)
欲望に対する行為が遅いと上品――法則古今東西(30)
これまでの「法則古今東西」の記事はこちら。

人がなにか行動をとるとき、「品よく見られたい」と願うことがあります。「品よく」を意識するということは、その当人はふだんの自分の行動に品があるとは思っていないのでしょう。とはいえ、人はその場で演じることができる動物ですから、品よく振るまえれば、うまくやりすごせることもあります。

では、品よく振るまうにはどうすればよいか。落語家だった立川談志(1936-2011)が、品のよさや悪さについて「法則」ともいえる、見かたを遺しています。

「上品とは、欲望に対して行為の遅いこと」


立川談志。1959年、柳家小ゑん時代。
写真作者:朝日新聞社

暑さから免れたい。座席に座りたい。早く帰りたい。あの人に会いたい。崎陽軒のシウマイを食べたい……。人はさまざまな欲望を抱きます。おそらく目が覚めているときは1分に一度くらいはなにかしら欲をもつのではないでしょうか。眠っているときでさえ、呼吸をしたい、肌を掻きたい、夢のなかでの理不尽から解放されたいなどと、欲を抱きます。

こうした欲を叶えるには、それを満たすための行為をすればよいことになります。このときの行為が遅い人は上品であり、逆に、行為が早い人は下品であるというわけです。

たとえば、電車で「座席に座りたい」と思っていたところ、10メートルほど先に1人分だけ席が空いていたとします。空席を見るやいなや、全力で走ってその席に向かい、ずどんと腰を落としたら、まわりの人からどう見られるでしょう。「品のないやつだ」と感じられることでしょう。

いっぽう、「座席に座りたい」と思っていても、自分の目の前の席が空いたらおもむろに座る、ぐらいの行為であれば「品のないやつだ」とは思われません。

あるいは、立っている年配の客がいるのを見て、空いた席を確保し、「さあ、どうぞ」などと導けば、「まぁ上品な人だこと」と思われるでしょう。このときの行為は、欲望に対して遅いといえます。自分の「座席に座りたい」という欲は、まだ満たされていないわけですから。

意匠でも、余白を大きく使って小さな文字で書かれたものは上品な印象をあたえ、逆に、余白がないくらいの大きな字で書かれたものは下品な印象をあたえます。これも、「上品とは、欲望に対して行為の遅いこと」が当てはまります。つまり、「伝えたい」という欲に対して、小さな文字で書けば、相手に伝わるまでの時間は遅くなります。逆に、大きな文字で書けば、相手に伝わるまでの時間は早くなります。この表現のちがいが、上品な印象か下品な印象かのちがいに現れるというわけです。

「品」は人に備わっている性質といいますから、そうそう変わるものではなさそう。しかし、すくなくとも、「上品とは、欲望に対して行為の遅いこと」を心得ておくことで、上品な振るまいかたに近づくことはできるでしょう。欲望に対する行為を遅くすればよいのですから。
| - | 18:03 | comments(0) | trackbacks(0)
「おおよそ24時間周期」のきっかけつくるゲノム配列のひとつ決まる

写真作者:Housing Works Thrift Shops

ヒトをふくむ多くの生きものでは、「おおよそ24時間の周期」で生理現象が起きています。これは、それぞれの生きものが細胞内にもっている「体内時計」のしわざによるものとされます。

この体内時計によるおおよそ24時間周期でのくりかえしをもたらすゲノム配列の一部を、東京大学の研究者たちが決定したと、(2019年)8月8日に東京大学が発表しました。理学系研究科生物科学専攻教授の深田吉孝さんらの研究チームによるものです。

多くの生きもののからだにおおよそ24時間の周期がつくられるのは、生きものの細胞のなかで、「転写・翻訳を介したフィードバックループ」がはたらいているからと説明されます。

転写とは、デオキシリボ核酸(DNA:DeoxyriboNucleic Acid)の配列を、相補的リボ核酸(cRNA:complementary RiboNucleic Acid)に写しとる反応のことで、遺伝子をもとにたんぱく質がつくられるまでの第一段階にあたります。

また、翻訳は、転写のさきの段階にある反応で、べつの種類のリボ核酸が、いくつかのアミノ酸をならべてタンパク質をくみたてることをさします。

そして、フィードバックループとは、ここでは「活発」な状態と「抑制」の状態の両方が、影響を及ぼしあいながら、その過程が一周すること、といった意味です。

転写から翻訳へという過程が「活発」になると、その結果としてタンパク質がつくられます。ここでのタンパク質は、体内時計のしくみにかかわるものなので、「時計タンパク質」などとよばれます。こうしてつくられた時計タンパク質は、今度は転写の反応を「抑制」する方向にはたらきます。これで転写の反応はいったん抑制されるますが、時が経つと、ふたたびべつの時計タンパク質が転写のきっかけをつくり、転写から翻訳へという過程が活発になります。

これで一周したことに。

この「活発」と「抑制」のくりかえしが、おおよそ24時間の周期でなされています。つまり、「転写・翻訳を介したフィードバックループ」とは、転写から翻訳へという過程が起きながら、「活発」な状態と「抑制」の状態がたがいに起き、一周することをさします。この一周が約1日をかけておこなわれているため、体内時計による「おおよそ24時間の周期」が保たれているのです。

じつは、この「転写・翻訳を介したフィードバックループ」は、はたらく時計タンパク質などの要素のくみあわせによって、3種類あることがわかっています。それぞれ、異なる時間帯に、「活発」な状態と「抑制」の状態が起きています。

今回、東京大学の研究チームは、その3種類のループのうちの1種類についての成果をあげました。転写が起きるには、転写因子とシス因子というふたつの要素が結びつく必要がありますが、今回、DBP転写因子と結びつく「D-Box」というシス因子のゲノム配列を決定したということです。

今回の研究でチームは、MOCCS2とよぶ解析法を開発し、転写因子が結びついた部分のゲノム配列がどうなっているかを網羅的に調べ、D-Boxのゲノム配列をけっていしたとのこと。

今後は、ほかの2種類のフィードバックループではたらく時計シス配列などの解析や決定が進んでいくかもしれません。

参考資料
東京大学大学院理学系研究科・理学部 2019年8月8日発表「体内時計による約24時間周期のリズムを生み出すゲノム配列を決定」
https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2019/6494/
東京大学大学院理学系研究科・理学部「パネルディスカッション『なぜ私は理学を選んだか』」
https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/event/guidance/2011/yoshitane.html
名古屋大学 2015年5月11日発表「触媒で体内時計のリズムを変える」
http://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20150511_itbm.pdf
| - | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0)
「科学のこと」より「人のこと」


科学ライターや科学ジャーナリストとよばれる人たちは、仕事のなかで「科学のこと」を伝えます。

たとえば、ノーベル賞が発表されたとき、科学ライターや科学ジャーナリストは、「今回、受賞した大隅さんが研究対象としたオートファジーというのは、細胞がタンパク質を分解するためのしくみのひとつで、『自食』ともよばれ……」などと解説したりします。

このあたりの「科学のこと」を伝える仕事は、科学ライターや科学ジャーナリストの本分といえましょう。

しかし、科学ライターや科学ジャーナリストたちが個人的な食事の席などで、そうした「科学のこと」を話しあうかというと、まったくないわけではないものの、そうしたことはあまり起きないようです。

「やっぱり、大隅先生が酵母からオートファジーの遺伝子群を発見したことが、この分野の歩みでは大きかったですよね」などと「科学のこと」を口にするよりも、「私、10年前ぐらいに大隅先生に会って取材したことがあって、熱っぽく語ってくれた人柄ををいまでも覚えてますよ」などと、自分や相手をめぐる「人のこと」を口にすることのほうが多いようです。

「人のこと」を伝えるのは、新聞では社会面などで、放送ではワイドショーなどでよく見られるもの。仕事の場面では、かならずしも科学ライターや科学ジャーナリストの出番とはなりません。

では、仕事では「科学のこと」を伝える科学ライターや科学ジャーナリストが、なぜ個人的な会合などでは、科学をめぐる話題で「科学のこと」をあまり話さず、むしろ「人のこと」を話しあうのか。

多くの場合は、その会合のときに、当人たちが「科学のこと」を話題にできるほどのきちんとした知識や伝え方を、もはや失っているからではないでしょうか。

科学ライターや科学ジャーナリストは、仕事で「科学のこと」を伝えようとするとき、知識や情報を集中的に得て、きちんと伝えることを心がけます。しかし、基本的に「科学のこと」は、複雑なしくみをふくんでいるもの。その時点ではきちんと伝えられたとしても、その後は得た知識をすぐ忘れていってしまいます。

そのため、たまに個人的な会合でおなじ職業の人と会っても、得た知識や情報をもはや忘れてしまっているため、「科学のこと」を話しあうということにはなかなか至らないわけです。うろ覚えな知識で「科学のこと」を話して、相手に伝わらなかったり、問いかえされてしどろもどろになったりといった状況を無意識のうちに避けている、といった理由もあるでしょう。

その点、「科学のこと」それもある分野に特化した「科学のこと」をつねに考えている研究者たちの会合のほうが、より「科学のこと」が話しあわれることは多いのではないでしょうか。研究者どうしの雑談から、あらたな発想や発見のたねが生まれるともよくいいます。

「科学のこと」より「人のこと」のほうが、話すときに知識を必要としません。自分の感覚や体験をもとに話すことができます。気軽に話すことができるため、ふだんの会話では「人のこと」が話しあわれることが多くなるのです。
| - | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0)
「機知に富んだ話」には「予期しがたい着想」と「驚き・喜びをあたえる意図」がある

写真作者:Krystyn Wukitsch Foran

「あの人は機知に富んでいる」といいます。「機知に富んでいる」といった話をして、不快な感情を抱く人はまずいません。しかし、機知に富んでいるとは、具体的にどんなことをさすのでしょう。

「機知」そのものは、才能や知恵のことをさします。国語辞典などでは、その場その場に応じてはたらかせるものとされます。しかし、これだけでは具体性に欠け、機知に富んだ人をめざすことはなかなかできません。

にた英語に「ウィット(wit)」があります。『オクスフォード英語辞典』には、“wit”はつぎのように説明されているそうです。英文学者の早乙女忠が紹介しています。

「予期しがたい着想により、驚きと喜びをあたえようと意図した思考と表現の適切な結合に基く談話または記述」

ここでの「予期しがたい」とは、ウィットに富んだ話を聞かされることになる自分以外の人たちにとって「予期しがたい」といったことでしょう。ウィットに富んだ話を企図するのは自分自身ですから。ただし、自分もウィットに富んだ話を考えつくまでは、「こんな話を思いつくなんて」と予期していないという点では、過去の自分もふくまれてよいかもしれませんが。

そして、「驚きと喜びをあたえようと意図」する点も、ウィットに特徴的です。おそらく「驚き」だけでも「喜び」だけでもなく、「驚きかつ喜び」なのでしょう。驚きをあたえるだけであれば、相手が知らないようなことを言えばかなえられそうですし、喜びをあたえるだけであれば、相手をほめればかなえられそうですから。なお、「予期しがたい着想」にはたいてい「驚き」の要素もふくまれるでしょうから、予期しがたい着想をすれば「驚き」をあたえるという点は乗りこえられそうです。

そして、この「驚きと喜びをあたえようと意図した思考」と「表現」が「適切な結合」を起こすことが条件であるとしています。これは、相手に表現として伝わらなければ元も子もないわけですから、当然といえば当然です。もっとも、思考と表現を結びつけることはかんたんなことではありませんが。

ウィットは「談話または記述」であるということも記されています。より難易度が高いのは、談話のほうではないでしょうか。とっさに機転をきかせる必要があります。記述のほうは、より長い時間を費やして考えることができます。

「機知に富んだ話」も、だいたいこの「ウィット」で記されている要素が揃っていることが条件になるのではないでしょうか。談話において、相手に対して機知に富んだ話で返せるのは、心に余裕のあるしるしととられます。ほんとうにその場での着想で機知に富んだ話ができる人は、あふれんばかりの才能や知恵をもっているといえそうです。そうしたその場での着想がなかなかできない人は、せめて機知に富んだ話を自分の引きだしに閉まっておくのが手でしょうか。

なお、この記事に、機知やウィットは見あたりません。

参考資料
早乙女忠「ウィットとポエトリー」
https://www.meijigakuin.ac.jp/gengobunka/bulletins/archive/pdf/2018/19saotome.pdf
| - | 19:14 | comments(0) | trackbacks(0)
書評『最弱球団 高橋ユニオンズ青春記』
わずか3年間で消えた、「伝説」といってよいプロ野球球団の全貌を追った1冊です。

『最弱球団 高橋ユニオンズ青春記』長谷川晶一著 彩図社 2015年 288ページ


日本のプロ野球にはセントラル・リーグとパシフィック・リーグがあり、両リーグに6球団ずつが所属している。この「セ・パ12球団」の体制はいまや定着しきっているものの、かつてはそうでなかった。1954(昭和29)年から1956(昭和31)年にかけて、パ・リーグに8球団が所属する時代があったのだ。この3年間だけ存在していたのが「高橋球団」だ。

1953(昭和28)年まで、パ・リーグは7球団制という不規則な試合日程を余儀なくされる体制にあった。そこで、当時のパ・リーグ総裁で、いまの千葉ロッテマリーンズの源流にあたる大映スターズのオーナーでもあった永田雅一が、財界の名うてだった高橋龍太郎を口説き、8番目の球団として高橋ユニオンズを設立させた。

選手や監督がいなければ球団はなりたたない。高橋球団に集まったのは、ほかの7球団ですでに全盛期を過ぎていた選手たちだった。そのなかに、かのヴィクトル・スタルヒンもいたというと聞こえはよいが、すでに18年目。「横綱」と体型を揶揄されていたともいう。監督は、前年度まで阪急ブレーブズの監督だった浜崎真二が就いた。川崎球場を本拠地とした。

本書では、この「最弱」とまでいわれた高橋ユニオンズのペナントレースの、さらには球団経営の、“悪戦苦闘ぶり”を、時系列で追っていく。著者はプロ野球を主題にいくつもの本を著しているライター。高橋龍太郎の孫が遺していた高橋ユニオンズ関連の膨大な資料と、いまも存命している所属選手たちへの取材をもとに執筆しており、ウィキペディアなんかでは得られない逸話がふんだんに披露される。オーナー、選手、監督、球界関係者などのセリフも豊富で、登場人物たちの歓喜や落胆が生々しい。

「最弱」の球団に所属していたからこそ、プロ野球選手でいられたという人物も多かったろう。多くの選手は、高橋球団が「解散」すると、ほどなくして引退してしまった。なかには、東京六大学野球のスター選手だった佐々木信也のように将来を嘱望される選手も入団していた。だが、佐々木さえその後、大映ユニオンズで1年、大毎ユニオンズで2年を過ごしたあと解雇されている。

また「1イニング7四球」といういまも破られぬプロ野球記録をつくってしまった田村満は、いまも自分がうちたてた成績を悔いている。それぞれが人生をかけていた。

高橋球団は4年目にさしかかった1957(昭和32)年の春、突然のように「解散」を余儀なくされ、選手は散りじりになった。むしろ赤字つづきながら3年間も存続できたという点をたたえたい。これはひとえに、オーナーの高橋龍太郎に“球団愛”があったからにちがいない。3年間の勝率は、いずれも4割さえ超えることがなかったが、それでも足しげく球場に赴いて選手たちを励まし、勝利したときはほんとうにうれしそうにして選手をねぎらったという。

いまほど映像記録が発展していなかった時代だ。高橋球団に関する映像や音声の記録ももはやないだろう。そうしたなか、1冊の読みものとして高橋球団がいまの時代にも「存在」していることの価値は大きい。

『最弱球団 高橋ユニオンズ青春記』はこちらでどうぞ。
https://www.amazon.co.jp/dp/4801301010
| - | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
刺激を感知器が受け、脳が指令して「ごほんごほん」


「ごほんごほん」

夏かぜでしょうか。せきをしている人を見かけます。止めたくても止められない人は、街なかでまわりの人から白い目で見られるなどして、辛い思いもしていることでしょう。

せきは、からだの外から入ってきた異物をとりのぞこうとするからだの防御反応といえます。のどや気管、それにふたつの肺への通り道である気管支などには「咳受容体」とよばれる感知器の役割が備わっています。

この咳受容体が、異物が入ってきたときの刺激を感じると、その刺激が脳にある「咳中枢」に伝わると、今度は咳中枢から横隔膜や呼吸筋に対して「せきをせよ」という指令が伝わり「ごほんごほん」とせきが出ます。

かぜなどでウイルスが軌道に感染すると、そこの部分が炎症を起こします。炎症そのものも異物に対するからだの防御反応のひとつととれますが、炎症が起こるとそれだけ咳受容体は敏感になり、せきが出やすくなるとも考えられます。

たいていのせきは3週間未満でおさまる急性のものですが、咳喘息(せきぜんそく)やアトピー咳、また慢性気管支炎などの場合は3週間以上もせきが続くことがあり、遷延性のせきと診断されます。さらに8週間もせきが続くと慢性と診断されます。

参考資料
くすりと健康の情報局「咳(せき)の原因」
https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/20_seki/
角田康典「咳について考えてみませんか」
http://www.ekisaikai.com/health_column/pdf/helth_h25_007.pdf
| - | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
球速表示の上に「育 它 罠」
漢字などの文字を長いことじっと見ていると、その文字が部分ごとにばらばらに見えてきて「こんな文字をしていただろうか」と感じることがあります。これは「ゲシュタルト崩壊」とよばれる心理です。「ゲシュタルト」とは人名でなく、ドイツ語で「形態、状態」を意味する“Gestalt”からきています。

いっぽうで、人は、かたちあるものがなにかの文字っぽく見えたとき、それを知っている文字に当てはめようするものかもしれません。

千葉県美浜区にあるZOZOマリンスタジアムの内野2階席には、電光掲示板があります。ボール、ストライク、アウトの数を表示する緑、黄、赤のランプの左側に電光掲示板があり、白い文字で情報が示されます。白色発光ダイオードかなにかでできているのでしょう。

プロ野球の試合などでは、通常はその電光掲示板に、上から順に、選手名、その選手の現在の打率、その選手の現在の本塁打数が記されます。

しかし、投手が投じた直後には、掲示が切りかわり、下部に「138km/h」のように球速が示されます。

さて、そのときの電光掲示板の上段には、三つの文字のようなかたまりが見られます。



しかし、外野スタンドなどのごく遠くで観戦していて、しかもあまり視力のよくない人は、ぱっと見ではなんと書いているのかわかりません。

ZOZOマリンスタジアムの外野席で観戦していたある人は、つぎのように言います。

「球速の表示が出るたびに、その上はなんて書いているのだろうと疑問を抱くようになりました。ほかの球場では球速表示のすぐそばに、合わせて広告が出るようにしているところもあります。だから、はじめはなにかの広告ではないかと思っていたんです」

このときの試合は千葉ロッテマリーンズ主催のもの。ロッテの製品にちなんだ広告かなにかでしょうか。

「ところが、どうも漢字3文字に見えました。左は『育』という文字にに見えます。まんなかの文字は、はじめ『毛』に見えていました。すると『育毛』ですね。そして右の字は、こざとへん『阝』に『宅』でしょうか」

となると「育 毛 𨹏」です。

「しかし、こんな名前の製品をロッテが売っているはずないと、いぶかしがりました」

この観戦者は、まんなかと右の「文字」について、つぎのような推測をしたそうです。

「まんなかの文字は『它』ではないかとも思いました。日本語では、あまり使われていないので中国語のように感じました。右の文字は『罠』にも見えてきました」

これだと「育 它 罠」となります。「它」は「タ」と読み、「へび」などの意味をもちます。

「『育てる』はべつにしても、『へび』と『わな』ですから、なにか意味がありそうです。しかし、球速表示のすぐ上に『育它罠』という文字を合わせて示す球場の意図がさっぱりわかりませんでした」

試合よりもこの「みっつの文字の塊と思しきもの」が気になってしまった観戦者は、スマートフォンよりも望遠の効くカメラを持っていたので、それで電光掲示板を撮ってみて、確かめたそうです。

「ああ! となりました。漢字ではなく『H E Fc』の三つだったのです!」



この「H E Fc」は、そのときのプレーが記録上なにに該当するかを観客に示すもの。Hは「ヒット(Hit)」、Eは「エラー(Error)」、Fcは「野戦(Fielder's Choice)」を意味します。

「それぞれの枠の上のほうに白いグラデーションがかかっているでしょう。それを、私は心のなかで漢字の部首のなべぶた『‎亠』とか、うかんむり『宀』とかにちがいないと決めこんでしまったんですね。『Fc』の『F』の部分は、こざとへん『阝』だっていうね……」

人は、正体のまだわからない象形に対して、なにかしらの意味を求めようとするようです。
| - | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0)
運転手に「ラム確認」促す


街なかには、いわゆる業界用語が貼りだされていることがあります。一般の人はほぼ知らないだけに、「これはなの意味だ」とかきたてられます。

駅のバス停には「ラム確認」という札が掲げられてあります。まさかバスの利用客に伝えるものではありますまい。そのうえに「経路確認」とあるので、「ラム確認」もバスの運転士に伝えるものでしょう。つまり「ラムを確認せよ」と。

「ラム」といえば、蒸留酒の「ラム酒」、うる星やつらの「ラムちゃん」、横浜大洋ホエールズの「ラム一塁手」などが思いうかばれます。しかし、この「ラム」は「ラムコーダー」の「ラム」なのだそう。

「ラムコーダー」と聞いても多くの人はぴんときませんが、路線バスに乗ったことのある人は、だれもが「ああ、あれね」とわかるようなものです。

「つぎは、免許センター、免許センターでございます。お降りの方はブザーでお知らせください」

このようにバスの車内で流す放送の音声を出す装置を「ラムコーダー」といいます。バス業界の人たちは、これを省略して「ラム」とよんでいるのでしょう。そして、出発前に運転手に「経路確認」とともに、「使うラムコーダーが合っているかの確認」を促しているのでしょう。異なる車内放送を流すと、乗客が混乱したり、降りたい停留所で降りれなくなったりしますから。

なぜ、「ラムコーダー」なのか。日本語では「音声合成装置」ともよんでいるそう。「合成装置」に当たる部分が「コーダー」でしょうが、「ラム」がなんなのか。インターネットで、“Lamcoder”、“Lambcoder” “Ramcoder”などと検索しても、それらしい情報は見あたりません。

日本で初めてラムコーダーをつくったのは、レゾナント・システムズという企業のようです。それまで、バスの車内放送には音声テープが使われていました。しかし、運転手が操作でたいへんだったり、テープが摩耗してのびたりと、問題もあったようです。

これらの問題を解消すべく開発されたのがラムコーダー。レゾナント・システムズは1980年代後半に「TLS-1」という装置を富士急行バスに収めたとされます。

その後、ラムコーダーは発展し、近ごろの型では、放送する機能だけでなく、経済的な運転や安全運転などを支える機能までついているといいます。

ところで、日本語で「音声合成装置」というからには、「つぎは、免許センターでございます」といった声は、じつは機械によってつくられているのでしょうか……。

レゾナント・システムズのサイトには、「レコーディング → データ化 → プレイ」という工程があり、女性がレコーディング・スタジオで録音に臨んでいる写真も掲げられています。声そのものは、人の肉声をもとにしたもののようです。おそらく「データ化」の工程を「音声合成」とよんでいるのでしょう。

バスが出発する近くに、運転手の視界に入るように「ラム確認」と札を掲げるのは、注意を促す手立てとしては原始的ともいえます。原始的ではありながらもこうした手だてが使われるのは、きっと効果的であるから。

参考資料

産業技術資料データベース「ラムコーダー TLS-1」
http://sts.kahaku.go.jp/sts/detail.php?no=107211161057&c=&y1=&y2=&id=&pref=&city=&org=&word=&p=890
資材部会ビジネスネットワーク VOICE「(株)レゾナント・システムズ トランジスタからICヘ 時代を先取りした放送装置」
http://jabia.or.jp/car_news/pdf/voice/09.akivoice.pdf
レゾナント・システムズ 製品情報「音声合成技術」
http://www.resonant-systems.com/seihin_n/seihin00.html
ウィキペディア「レゾナント・システムズ」
https://ja.wikipedia.org/wiki/レゾナント・システムズ
ユキサキNAVI「バス停[バス]用語集(あ行)」
https://www.homemate-research-bus.com/useful/glossary/bus/
| - | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0)
膠のような“べたべた”こそ愛想
  枯れたまち にべもなし 侘しげに鼻垂らし
  (米津玄師作詞・作曲「Flamingo」)

「にべもなし」は「そっけない」は「愛想がない」といった意味のことば。川柳などに出てきそうですが、現代の楽曲でも出てきます。

漢字もふくめると「鮸膠も無し」となります。「鮸膠」はニベ科の魚のうきぶくろを原料とする膠(にかわ)のこと。膠とは、接着剤にもなるゼラチン状の物質です。このニベ科の魚は「鮸」や「鰾」と書いて「ニベ」と読みます。つまり、膠のことも、そのもととなる魚のことも「にべ」というわけです。また「鰾」で「うきぶくろ」ともよびます。この魚は、ほぼうきぶくろとおなじものと捉えられていたのかもしれません。

「膠がない」から「にべもなし」。つまり、べたべたしない。人の心と人の心が親しくべたつくようなことがないから、「そっけない」「愛想がない」という意味になるわけです。いにしえの人は、魚の名から、洒落や風流のきいた表現をうみだしたものです。


毛氏梅園元寿撰輯「梅園魚品図正 巻1」より「鰾」
所蔵:国立国会図書館

魚のうきぶくろの大きな役割は、気体をこのなかに入れて浮力を得ること。魚の種類によってはほかにも、水中の音を響かせられるため聴覚を補助的に支える役割や、原始的な魚では呼吸を支える肺の役割もあるといいます。

ニベの膠は、日本ではかつて弓を作るときの接着剤として使われていたといいます。

ニベのをふくめ、膠のおもな成分はコラーゲン。タンパク質の一種で、動物のからだにおいては細胞どうしを接着します。つまり、ニベのからだでも「接着」のために使われていた材料が、うきぶくろから抽出されて、膠という「接着」の材料となり、人びとにも使われてきたことになります。

参考資料
J-Lyric.net「Flamingo 歌詞」
http://j-lyric.net/artist/a0579b7/l049516.html
棚橋正博 そのことば、江戸っ子だってね!?「にべもない」
https://www.web-nihongo.com/edo/ed_p050/
ウィキペディア「ニベ」
https://ja.wikipedia.org/wiki/ニベ
| - | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0)
興行の興奮高めるリング外
プロレスリングの興行では、むかしもいまも選手どうしの「場外戦」とよばれる戦いが、ほとんどの試合で見られます。

選手たちの戦場は基本的にリング内。しかし、リングのふちには3本の細いロープが張りめぐらされているのみ。技を受けた勢いで選手がリング外に出されたり、あるいは劣勢の選手が意図的にリング外に出たりします。そして、片方の選手がこうしてリング外に出ると、それを追ってもう一方の選手もリング外へ出て戦うことも多々あります。これが、試合における場外戦です。

プロレスはリング内で決着するものというのが大義。そのためリング外に出た選手は、審判役のレフェリーが「20カウント」を数えるよりまえにリング内に戻ってこなければ負けとなります。双方の選手ともリングに戻れなければ「両者リングアウト」となり、事実上の引きわけとなります。両者リングアウトを見せられた観客には「両者負け」にも映りますが。

「20カウント」内に戻らなければならないということは、逆にいえば「20カウント」内ならリング外にいられるということ。選手たちはむしろリング外で派手に場外戦をくりひろげます。昭和時代のプロレスでは、ジャイアント馬場(1938-1999)などの日本人選手が、クラッシャー・リソワスキー(1926-2005)やディック・ザ・ブルーザー(1929-1991)などの外国人選手を場外戦で鉄柱にぶつけ額を“流血”させるというのがよくある展開でした。また、場外戦でテレビ中継の実況席がめちゃめちゃに破壊されるというのも定番的なできごとでした。

もし、プロレスリングの戦場がリング内のみだったとしたら、どうでしょうか。選手たちはいったんリング外に逃げて体力を回復するといったことができなくなります。でも、それだけではありません。

リング外の選手めがけて跳んだり、観客席の折りたたみいすを持ちだして相手選手にぶつけたりといった、選手たちの“戦いの表現”もかぎられてしまいます。これは、勝敗だけでなく、戦いかたをも楽しもうとする観客たちの興味をも失わせるもの。興行にとって非常に重要な“試合中のスパイス”が失われてしまいます。ですのでプロレスでは、特別な試合を除けば、場外戦を排するようなことにはなりません。


写真作者:dat'

近年では、リングの外に出ると、さらに花道や観客席まで移って場外戦をおこなう選手たちもいます。

そこまでリングから遠ざかると「20カウント」内にリングに戻ることはできるのでしょうか。

できるのです。「20カウント」とは、レフェリーが数を数えること。「1カウントは1秒」とはかぎりません。むしろ「1カウントは1秒」としてカウントをとるレフェリーを見たことがありません。

選手たちとレフェリーのあいだには「あうんの呼吸」のようなものがあるのでしょう。たいてい18カウントや19カウントほどで選手はリング内に戻ってきます。あるいは、選手がリング内に戻るときに18カウントや19カウントほどが数えられているといってもよいかもしれません。いずれにしても、観客は「よくぞリング内に戻ってきた」と興奮ぎみに拍手を送ります。

こうして、試合が決するまでに、何度かの場外戦がくりひろげられます。場外戦により観客の興奮度は高まっていきます。

ただし、ときには観客が場外戦にまきこまれてけがをすることも。けがを負った観客が主催者に損害賠償を求める訴訟を起こしたことも過去にはあります。観客に危害をあたえず、観客が興じる場外戦をくりひろげる方法を磨くことも、リング外での“戦いの表現力”を高めるものといえましょう。

参考資料
ウィキペディア「インターナショナル・ヘビー級王座」
https://ja.wikipedia.org/wiki/インターナショナル・ヘビー級王座
日刊サイゾー 2012年7月5日付「『プロレスから場外乱闘が消える!?』観客の訴訟リスクを抱え込んだプロレス界に垂れ込める暗雲」
https://www.excite.co.jp/news/article/Cyzo_201207_post_10918/
| - | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0)
ひとつの製品でも「実用」と「趣味」の度は変わる
たいていのものごとは、「でない」や「非」がつくと、反対の意味になるもの。たとえば「日常的」の反対は「非日常的」です。

けれども、ものごとによっては「でない」や「非」をつけてもさほど意味をなさず、むしろほかの表現で示するほうが、意味の反対ぶりが伝わりやすくなるものもあります。

「実用的」に「非」をつけると、「非実用的」となります。「この製品は非実用的だ」などといった言いかたはできます。では、「非実用的な製品」とはどういう性質をもったものかというと、それは「趣味に用いられる性質をもった製品」となるでしょう。

つまり、「実用的」の反対は、「非実用的」といえるけれど、「趣味的」ともいえるわけです。おなじように「実用と趣味」「実用性と趣味性」なども、ほぼ反対にあるものといえます。「非実用的」というと「役に立たない」という印象が強くなります。より嗜好されている印象をあたえたいときは「趣味的」と表現するのがよいでしょう。

反対にあるものとはいっても、多くの製品やサービスは、「実用」の要素だけが、あるいは「趣味」の要素だけが込められているというものではありません。このふたつが“同居”している製品やサービスは多くあります。

たとえば自動車は、一台に「実用」と「趣味」の両方が込められやすい製品の典型例ではないでしょうか。遠くまで移動する手段としての実用の側面と、運転することに快を感じる趣味の側面があり、どちらの度が高いかはそのときの目的、運転手の気分、その車の設計思想などによって変わってくるわけです。

ひとつの製品やサービスにふくまれる実用性と趣味性の比率は、時代とともに変わるものでもあります。

航空分野の雑誌は、かつて戦争前や戦争中は「必要な知識を得るためのもの」と位置づけられ、実用性の度が高かったといいます。しかし、戦争が終わり、読者が実用性を感じなくなると、こうした雑誌あるいは、そこに載る航空模型などに対し、趣味的な価値が見いだされるようになったようです。

また、カメラという道具はかつてはとても高価だったため、趣味としてもたれ、使われる道具でした。しかし、戦争の色が濃くなると、趣味を推奨しづらい風潮が生じたようです。そこで、写真雑誌などで、国策宣伝に寄与する写真の募集がされるようになったといいます。つまり、意図的な趣味性から実用性への転換がはかられたわけです。

一般的に、それが目的をかなえる唯一の手段であるという状況であるほど、実用性の度は高くなるものです。はじめは手段がそれしかなかったものの、ほかの手段も現れて選べるようになれば、はじめの手段は選ばれにくくなります。あとから現れた手段のほうがより目的をかなえるものと見なされれば、はじめの手段の実用性は一気に失われます。それでもなお、そのはじめの手段が選ばれるのは、趣味としての価値を感じる人が残るからでしょう。


寝台特急の車内
写真作者:tsuda

たとえば、深夜の移動手段としてかつて寝台列車が多く走っていました。きわめて実用性は高かったことでしょう。しかし、より安い価格で夜行バスなどの手段が現れると、寝台列車は実用性を失いました。しかし、それでもほんのわずかな実用性と、それなりの趣味性がまだ残されているため、寝台列車は絶滅はしていません。

こうして製品やサービスなどの歩みを、「実用性」と「趣味性」の度の変わりかたで見ていくと、その背景にある社会状況までよく見えてきます。

参考資料
神野由紀「近代日本の手作りとジェンダー 大量生産の時代における趣味のジェンダー化」
https://kaken.nii.ac.jp/ja/file/KAKENHI-PROJECT-15K01927/15K01927seika.pdf
兵器生活「非常時とカメラ」
http://www2.ttcn.ne.jp/heikiseikatsu/737000.html
| - | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0)
紙ストローはプラで覆われず、紙コップはプラで覆われ……



2019年に入り、ストローに紙製のものを使う飲食店が増えてきました。プラスチックのごみが海に流れこみ環境汚染が広がっているという報道などを受けてのものでしょう。

紙とプラスチックのちがいのひとつは、水がしみこむかどうかです。プラスチックとちがって、紙には水がしみこんできます。そのため、紙製ストローを長いことコーヒーなどの液体に浸しつづけていると、途中で折れまがるなどしてしまいます。

紙ストローの耐久性実験を伝える記事では、紙ストローを1時間ほど飲みものに浸しておくと、指の圧力にふにゃふにゃになったとのこと。

しかるに、飲食店のもちかえり商品で使われている紙コップは、しばらく飲まずにコーヒーなどを入れていても、紙製ストローほど水がしみこんでぐしゃぐしゃにならず、液体を貯めておくコップの役割を果たしつづけます。

一般的に、こうした液体に耐えうる紙コップの内側は、ポリエチレンというプラスチック材料で覆われています。

つまり、飲みものを出している飲食店のなかには、いまのところ「内側をプラスチックで覆っているために液体がしみこまない紙コップ」と「内側をプラスチックで覆われていないために液体がしみこんでふにゃふにゃになる紙ストロー」を同時に使っているところもあるはずです。

紙ストローが使われるようになったなかで、「プラスチックでコーティングされている紙ストローはいかがなものか」といった声もあります。たしかに「紙製」でありながら、プラスチックが使われているという点では、いんちきな感を抱く人もいるでしょう。

しかし、紙ストローについて、プラスチックで覆われているものを許さないということになると、おなじことを紙コップでも求めなければ、筋が通らないことになります。

紙コップにコーヒーを入れて、机に置いていたら、やがて紙コップがずぶずぶになって、机が水浸しに……。このような状況が起こりうることを考えると、紙コップに水がしみこむときの深刻度は、紙ストローに水がしみこむときよりも高いといえそうです。

それでも、紙コップの耐水性と紙ストローの耐水性の足なみを揃えていくのだとすれば、どちらも生分解性の、つまり微生物によって分解される、プラスチックで覆うという方法に行きつくのではないでしょうか。

さらにその先は、生分解性プラスチックが広まり、結局のところコップもストローも紙でなくプラスチックを基本材料としたものに戻るかもしれません。

しかし、いくら生分解性だからといっても、そうかんたんには分解されなかったり、大量に使いすぎて処理しきれなかったりして、ふたたび生分解性プラスチックで覆った紙コップや紙ストローへの需要が高まっていくのかもしれません。

参考資料
atta 2018年12月6日付「話題の紙ストロー 耐久性実験!! byスタッフM」
https://www.atta-v.com/pages/ideanote_detail.php?id=7900
スラド「スターバックス、全世界の店舗で2020年までに従来のプラスチック製ストローを廃止する計画」
https://science.srad.jp/story/18/07/11/0542212/
木村容器 2018年10月12日付「もっと紙コップを使おう! 紙コップはなぜ水が染み出さないの?」
https://www.pack-kimura.net/useful/article052593/
プラなし生活 2017年11月24日付「プラスチックストロー全面廃止!シアトルの偉大な決断」
https://lessplasticlife.com/marineplastic/responses/seattle_plasticstraw_ban/

| - | 15:19 | comments(0) | trackbacks(0)
地球は自分の引力で丸くなる

地球
写真作者:NASA

ありとあらゆるものには「かたち」が備わっています。水のようにときによってかたちが変わるものでも、その瞬間にはかならずかたちがあります。

宇宙における基本的なかたちのひとつといえるのが「球」ではないでしょうか。太陽や地球などの天体は、完全な球とはいえないものの、「地球にはどんなかたちをしているか」といわれれば、ほとんどの人は「球」とこたえるでしょう。

どうして多くの天体は球体なのか。これには、万有引力が深くかかわっています。

万有引力とは、すべての物体のあいだに作用する引力のこと。この万有引力は、物体の中心からあらゆる角度にあるものが等しく引っぱられるように作用しています。ですので、いったん、まわりの小さな物体を引きよせるくらいの重さの物体ができると、その物体に向けてあらゆる角度から小さな物体が引きよせられるようになります。この物理からすると、まずもって天体は、三角錐や直方体のようなかたちでなく、球のかたちになっていきそうです。

その途中には、引きよせられた物体が尖ったかたちをしていて、全体としてもいびつなかたちになるときもあるかもしれません。

しかし、天体は大きくなるほど、大きな引力をもつようになります。すると、天体そのものが、自分の中心に向かって等しい強さで引っぱられるようになります。だとすると、たとえ長い時間がかかるとしても、いびつになっている部分もいびつでなくなっていきます。

こうして天体は結果的に球のかたちになると考えられます。

「はやぶさ」が到着した小惑星イトカワや、おなじく「はやぶさ2」が到着したリュウグウなどは地球や太陽ほどの球のかたちをしていません。イトカワは、長ほそいジャガイモのようなかたちをしていますし、リュウグウは四角いクッションをぱんぱんに膨らましたようなかたちをしています。

これの小惑星は、自分のもっている重力がさほどなく、かたちを保つ強度のほうが上まわっているため、完全な球体に近いかたちまでにはならず、いびつになっているものと考えられます。

参考資料
国立科学博物館「地球はどうして丸いのですか?」
https://www.kahaku.go.jp/exhibitions/vm/resource/tenmon/space/earth/earth01.html
コカねっと「惑星の形はなぜほとんど丸いのか?」
https://www.kodomonokagaku.com/hatena/?2fe803545be2dc87d0bebf5c6f7f013a
月探査情報ステーション「天体はどうして丸いのですか?」
https://moonstation.jp/faq-items/q024
| - | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
建てものの跡地は植物観察の適地
建てものがとり壊された空き地では、やがて時が経つと草が生えはじめます。とくに暑い季節は、雨が降り陽が照りがくりかえされると、さまざまな草がどんどん生えてきます。

それらの草を人はよく「雑草」といいます。それらの草が「雑草」であるかどうかは、人の観念や見かたによるもの。草は、ほかの生きものから「雑草」といわれていることを知るよしもありません。



「ねこじゃらし」ともよばれるイネ科のエノコログサなどがたくさん生えているなかで、ひときわ背の高い草が目だちます。梅雨に入ったころに芽生えたのでしょうか。8月にもなると、人の背丈とおなじぐらいまで育ちました。

人は、空き地の草を「雑草」と括りつつも、名を当てて分けていきます。

この草は、「オオアレチノギク」ではないでしょうか。南アメリカ原産で、名にあるとおりキク科。一年草です。

葉に触ってみると、かなりすべすべしています。葉のかたちは、下のほうはのこぎり形。インターネットなどの画像では、葉はほうぼうに開いているものの、この草は成長したてということか、天側に向かっているばかり。

このまま時が経つと、鐘のかたちの花をつけるでしょう。そして、10万ほどともいわれる種を実らせます。つぎの代へと命をつないでいきます。

どんな草が生えるか。葉はどんなかたちや色をしているか。成長の早さはどれほどか。どのくらいまで高くなるか……。建てものがの跡地は、草の育ちかたを観察するのにぴったりです。もっとも、つぎの建てものが建てられるまでの、はかない観察ではありますが。

参考資料
シンジェンタ 雑草ポケットブックオンライン版「オオアレチノギク」
http://www.syngenta.co.jp/golf/weeds/weeds13.html
ウィキペディア「オオアレチノギク」
https://ja.wikipedia.org/wiki/オオアレチノギク
ブリタニカ国際大百科事典「エノコログサ」
https://kotobank.jp/word/エノコログサ-37102
| - | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0)
サイゼリア「刻んだ野菜の=ディアボラ風」を公言


サイゼリヤ愛好者のみなさん、お元気でしょうか。きょうはお店でどんな料理を注文するでしょうか。

肉料理の献立には、「ディアボラ風」とつく料理があります。たとえば、「若鶏のディアボラ風」。この「ディアボラ」(daivola)とは、イタリア語で「悪魔」の意味。鶏肉をほぼからだ丸ごと焼いて皿に置いた料理をイタリアでは“pollo alla diavola”(鶏肉の悪魔風)というそうです。「悪魔」が料理名につくのには、諸説あるようですが。

ですので、サイゼリヤでの「若鶏のディアボラ風」という料理名は、イタリアで言われている“pollo alla diavola”とわりと近いことになります。

しかしサイゼリアの献立表の「若鶏のディアボラ風」のうえに載っている欧文でのよびかたは、“Grilled Chiken with Vegetable Salsa”。“Diavola”を使っていないのは、本場の欧州料理に対する尊敬の念からでしょうか。

「若鶏のディアボラ風」のほかにもうひとつ「ディアボラ風」がつくサイゼリヤの料理として「ディアボラ風ハンバーグ」があります。こちらの欧文でのよびかたは“Humberg Steak with Vegetable Salsa”。 

このふたつの「ディアボラ風」に通じているのは、同店が「野菜ソース」とよんでいる切りきざんだ野菜が肉のうえに乗っていること。これらの料理名と料理法から、たいていの人は「“ディアボラ風”というのは“あの野菜ソース”が乗った肉料理のことだ」と捉える人も多いのではないでしょうか。

おそらく、サイゼリヤ側にも「野菜ソース」を乗せる肉料理は「ディアボラ風」とつけることで、客にひとまとめで認識してもらおう、といった意図はあったのではないでしょうか。

サイゼリヤの(2019年)7月に改定された献立表には、その意図があらわれでています。肉料理の「リブステーキ」の献立の横には「トッピングディアボラ風ソース(ガーリックガルム付き)」という新たな単品があり、「トッピングディアボラ風ソースをかけて」とうたっています。

つまり、このサイゼリヤの「野菜ソース」を「ディアボラ風ソース」とよぶことを、サイゼリアは公式的に認めているわけです。といいますか、サイゼリアみずからがそうよぶよう、導いているわけですが。

このサイゼリヤの「野菜ソース」は、明らかに「野菜ときのこのピザ」の食材としても使われています。「若鶏のディアボラ風やディアボラ風ハンバーグに使われている刻み野菜が使われているピザ」ということで、「このディアボラ風のピザを1枚お願いします」と注文する客もいそうです。「悪魔風」というのがなんのことかあいまいなわけですし、そう注文して店員に通じれば、店内での意思疎通としては問題ありますまい。

なお、「トッピングディアボラ風ソース(ガーリックガルム付き)」とはべつに、献立表にはないものの「野菜ソース」またの名を「ディアボラ風ソース」を単品で注文することもできるもようです。

参考資料
サイゼリヤ「グランドメニュー」
https://www.saizeriya.co.jp/menu/grandmenu.html
ネタフル 2018年11月26日付「サイゼリヤ『野菜ソース』は必ず追加オーダーするべし」
http://netafull.net/saizeriya/059360.html
| - | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0)
「東京-下田」を定期便が行き来



21世紀のいま、「東京と下田を結ぶ」というと、多くの人は鉄道を思いうかべるのではないでしょうか。JR東日本の東京駅と伊豆急行の伊豆急下田駅のあいだを「踊り子」という特別急行列車が走っています。東京-伊豆急下田間の特急は、「踊り子」の前身の「伊豆」と「おくいず」が、1961(昭和36)年12月の伊豆急行線開業により走りはじめたのがはじまりとされます。

「踊り子」の前身の特急列車が走りはじめる30余年も前に、べつの乗りものが「東京-下田」間を、定期的に客を乗せて運んでいたといいます。それは飛行機です。

1928(昭和3)年に、東京航空輸送社という民間企業が発足しました。相羽有(あいばたもつ、1896-1979)という記者の経歴ももつ実業家が起こした会社です。相羽はすでに1917(大正6)年に、日本飛行学校という学校を起こすなどしていました。

東京航空輸送社発足翌年の1929(昭和4)年、相羽は定期航空の認可をえると、英国製の「アブロ504」と、ドイツ製の「ハンザ・ブランデンブルクW.29」という飛行機で、東京-下田間の定期航空営業を始めました。

羽田空港が「東京飛行場」として完成したのは1931(昭和6)年のことです。これより1年早く、東京航空輸送社は「東京-下田」の定期航空便を飛ばしていることになります。

発着地の「東京」とは、どこのことでしょう。

航空史の情報によると、その「東京」とは鈴ヶ森。いまの品川区南大井付近だったといいます。しかも陸上ではありません。水上が発着地です。じつは、上の2機は水上飛行機の仕様で飛んでいたのです。

いっぽうの下田の飛行場ももちろん水上で、いまの下田市の武ガ浜あたりの海上を離発着していたようです。

乗客は何人かというと、2機とも1人。つまり、各便とも1人の操縦士が1人の乗客を乗せて運んでいたことになります。

その後、東京航空輸送社は、日本の航空製造業者だった愛知という企業から「愛知AB-1旅客輸送機」を借りうけました。この航空機の乗員数は前の2機より多いもの。そこで東京航空輸送社は1931(昭和6)年より「エアガール」とよばれる客室乗務員を航空機に同乗させて、乗客に給仕する仕事に当たらせました。このころ、航路も拡大し、東京を発って下田を経て、清水まで至る定期便となっていました。

インターネットには、当時の便の「時間表」も見られます。下り便は、東京を朝9時に出発し、下田には10時25分に着。そして10分後の10時35分に下田を出発し、清水には11時40分着となっています。ちなみに特急「踊り子」の東京-伊豆急下田間の所要時間は、約2時間30分です。

また、上り便は、清水を昼の13時に出発し、下田に14時5分着。そして下田14時15分発で東京には15時40分着となっています。

この便は、毎週、月、水、金曜に運行していたようです。平日のみの運行だった点は、いま多くの人びとが週末に行楽のため旅客機に乗っている状況とは異なっていたようです。乗員数がすくなかったため、運航の曜日は選ばななかったのかもしれません。

東京航空輸送社は、1939(昭和14)年3月、国の方針により、当時すでに国策会社と化していた大日本航空という企業に吸収されました。太平洋戦争で日本が敗れると、連合国側により飛行機をもったり飛ばしたりすることが一切禁止されたため、この大日本航空は消滅しました。

参考資料
ウィキペディア「踊り子(列車)」
https://ja.wikipedia.org/wiki/踊り子_(列車)
ウィキペディア「東京航空輸送社」
https://ja.wikipedia.org/wiki/東京航空輸送社
観光Fan「相羽有(アイバタモツ)」
http://kankoufan.com/contents/iteminfo.php?iid=170
ウィキペディア「アブロ504」
https://ja.wikipedia.org/wiki/アブロ_504
衣本啓介「羽田空港の歴史」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjca/48/4/48_4_4_7/_pdf
空港探索・3「下田水上飛行場跡地」
https://airport1111.blog.so-net.ne.jp/shimoda-airstrip
旅客機の友 2005年5月4日付「輸送機設計懸賞に優勝した愛知AB-1旅客機」
https://ameblo.jp/takamino55/entry-10001698035.html
時刻表歴史館「東京航空輸送(1931)」
http://www.tt-museum.jp/golden_0080_tkk1931.html
朝日新聞 1931年4月2日付「初サービスに聲も晴々と エア・ガールの旅客機に清水まで試乗の記」

| - | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0)
ピースという名のミーム、いまも健在

写真作者:duvsbefilmoc

このブログの2009年3月8日付の「ピースという名のミーム」という記事では、日本人がカメラを前にするとかなりの確率で「ピース」をすることについてとりあげました。記事では、グーグル画像検索で「集合写真」と入れて出てきた上位5件の画像での「ピース率」を割りだしています。5つの画像には計125人がいて、ピースの数は41個。「ピース率」は約33パーセントだったと伝えています。

人がピースをしているから、自分もつられてピースする。そして何度となくピースをしているうちに、自分がとるポーズとして固定化する。こうして、日本人のあいだでピースは広まっていったのでしょう。模倣をつうじて人から人へ伝達される文化的な遺伝子を「ミーム」といいますが、33パーセントという「ピース率」から、ピースはかなり強力なミームといえます。

さて、この記事から10年以上が経った2019年7月のいま、日本人の「ピース率」はどうなったでしょうか……。

10年前とおなじように、グーグル画像検索で「集合写真」と入れて、上位5件の画像に写っている人びとの数とピースの数から「ピース率」を求めてみます。

1点めの画像は、ニコンの「集合写真の撮りかた」という記事での写真。高校生ぐらいの年代とみられる13人のいずれもピースをしていません。よって、13分の0。

2点めの画像は「ミツモア」という見積もり依頼アプリの企業の「集合写真の撮り方のコツ!」という記事での写真。青年8人が写っていますが、いずれもピースをしていません。よって、8分の0。

3点めの画像は「社内報ナビ」というサイトの「まずはこれを覚えよう! 集合写真撮影7つの基本(社内報の作り方)」という記事での写真。就職活動をしているような若い年代5人が写っています。2個のガッツポーズは見られますが、ピースは1個も見られません。よって、5分の0。

ここまでの3点での「ピース率」は0パーセント。ピースよ、絶滅してしまったのか……。

4点めの画像は「フォトファン」というサイトの「集合写真の撮り方」という記事での写真。結婚式の二次会で撮られたもののようで、新郎、新婦、そのほか友人(たぶん)が多くいます。写っている人にひとつひとつ番号を振って数えると87人いました。そして、ところどころでピースが見られます。その個数は15。よって、87分の15。

そして5点めの画像は、ヤフーのコーポレートブログの「スマホでもOK! 集合写真の撮り方7つのポイント」という記事での写真。カメラ愛好者たちと思われる人たちが、スタジオ内に集合して撮られています。こちらも人数が多いため、写っている人に番号を振っていくと56人いました。ピース、ピース、ピース、ピース、ピース。こっちでピース、あっちでもピース。いたるところでピースが見られるではありませんか。なかでも、それこそ絶滅したのではと考えられていた「ダブルピース」、つまり一人が両手でするピースも見られます。ピースの個数は43個。よって、56分の43。

この5点の画像では、合計で169人が写っており、ピースは58個でした。よって「ピース率」は……。

約34.3パーセントとなりました! いかがでしょうか!

上位3点の画像で「ピース率」は0だったものの、帳尻を合わすかのように4点めと5点めで挽回し、結局10年前とほぼおなじ「ピース率」となりました。世に無数にある集合写真のうちの5点だけなので、統計的信頼性はありませんが……。

とはいえ、写真に写る機会が増え、ポーズも多様化するなか、ピースのミームはあいかわらず健在といえるのではないでしょうか。
| - | 13:56 | comments(0) | trackbacks(0)
右はぴったり、左はぽろり

写真作者:Fe Ilya

人のからだはぱっと見たところ、左右対称のようです。しかし、それは大まかな特徴にすぎず、細かく見ればいろいろな部位で左右対象がくずれています。だいたいにおいて、体のうちにある臓器の多くは、左右非対称に置かれているのですから、「からだは左右対称」というのは幻想といってよいかもしれません。

からだのつくりが左右非対称であることを、イヤホンをつけているときに感じる人もいるのではないでしょうか。たとえ、左右でおなじ大きさ・かたちのイヤーピースをはめていても、決まってどちらかの耳のほうがずり落ちてくる、といった経験を日々している人もいることでしょう。

実際、イヤホン・ヘッドホンの専門店が、店員の左右の「耳型」をとったときの写真があります。この写真では、「外耳道」とよばれるいわゆる耳の穴のかたちが、左耳ではわりとまっすぐなのに、右耳ではかなり蛇行しているように見えます。

生まれたばかりの赤ちゃんにも耳の穴はあります。もちろん、もとをたどれば母親のおなかのなかで胎児のときに、かたちづくられているわけです。

母親の妊娠4週目ごろ、胎児のからだには「鰓弓(さいきゅう)」とよばれる突起が複数つくられます。この鰓弓のひとつが「外耳(がいじ)」つまり鼓膜より外側の耳となり、また、ひとつめの鰓弓とふたつめの鰓弓のあいだのくぼみである「鰓溝(さいこう)」が、耳の穴になっていくといいます。

生まれてきた赤ちゃんの耳のかたちが左右でかなり異なるということもあるようです。耳の穴のかたちの左右差は、生まれる前から生じている場合が多いのでしょう。

耳の穴の左右差はめずらしいことではない、といっても、実際にイヤホンをつけるときにどちらかの耳だけ、ずり落ちてしまうのも困りもの。店で売っているイヤホンには、たいてい大中小3種類ぐらいのイヤーピースがついているので「右耳が大なら、左耳も大」などとこだわらず、左右でべつの大きさのを試してみるのも手でしょうか。

また、巷には、イヤホンのかたちを注文したり、あるいは自分でかたちを整えたりすることのできる製品もあるようです。

さらに、演奏家などが舞台で耳につける「インイヤーモニター」とよばれる雑音遮断型のイヤホンには、店で自分の耳型をとってもらいかたちを定めるというものも。もちろん、特注の度が高まるほど値段は張りますが、ひんぱんにイヤホンをはめては片耳からぽろっと落ちてしまう人は考えてみてもよいかもしれません。

参考資料
イヤホン・ヘッドホン専門店 eイヤホンのブログ 2018年1月19日付「イヤホンが耳に合わない時の対処法 専門店スタッフの教え」
https://e-earphone.blog/?p=1257289
ウィキペディア「外耳道」
https://ja.wikipedia.org/wiki/外耳道
imidas「人体用語事典 耳の発生」
https://imidas.jp/genre/detail/F-135-0265.html
神楽所みほ「各発生段階ににおける耳介・内耳の発生」
http://www.hs-kyoto.net/wp-content/uploads/028c83a4eadd71d497df9d75429254b7.pdf
ウィキペディア「インイヤーモニター」
https://ja.wikipedia.org/wiki/インイヤーモニター
デジマートマガジン 2016年6月28日付「究極のイヤホン! カスタムIEMをオーダーしよう インプレッション(耳型)採取編」
https://www.digimart.net/magazine/article/2016062802062.html
eイヤホン「カスタムIEM(イヤモニ)」
https://www.e-earphone.jp/custom-ear-monitor
| - | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0)
「昼にする」だけ言うのは、昼飯の特殊性と「おやつ」の影響からか

写真作者:halfrain

休憩の時間帯がきっちりと決まっていないような会社では、正午ごろになると同僚たちが「そろそろ昼にしよっかー」「きょうはどこ行く」などと話すことでしょう。そして、昼飯を食べに店に向かいます。

しかし、晩飯を食べようとするとき「そろそろ晩にしよっかー」と言ったり、夜勤あけで朝飯を食べようとするとき「そろそろ朝にしよっかー」と言ったりすることは、まずありません。

朝昼晩のうち、なぜ昼だけは、「昼にする」と言うだけで「昼飯をとる」という意味だと伝わるのでしょうか。

まず「昼にする」の「にする」はどのような用法かというと、「それまでの動作をうち切って、新たな動作にとりかかる」というものが該当しそうです。それまでの仕事をうち切って「昼」つまり「食事」にするのですから。この用法での「にする」には、ほかに「LINEから離脱して風呂にする」などがあります。

これをふまえて「昼」に目を向けてみます。あらためて、国語辞典の「昼」の項目には「昼食。昼めし」と載っています。その用例には「昼のしたくにかかる」といったものが。やはり、「昼」1文字だけで「食」という動作性がふくまれています。

いっぽう「朝」の項目はというと、「食」の意味がふくまれるような解説は見られません。

では「晩」の項目はというと、「晩飯」という意味があると載っています。用例には「晩のおかずを買って帰る」とあり。たしかに、「晩のおかず」で「晩飯のおかず」のことだと通じますから、「晩」には「食」の意味がふくまれています。

しかし、「晩にする」と口にしても「晩飯にする」の意味はまず伝わりません。「そろそろ晩にしよっかー」と同僚に言っても、「え、なにするの」と聞きかえされそうです。この点からすると、「晩」がふくむ「食」の意味は、「昼」がふくむ「食」の意味よりも、小さいといえそうです。

ここからは推測ですが、朝昼晩のうち、かつて、もっとも「食」に対する「特殊な意識」が向けられがちだったのが昼だったのではないでしょうか。そして、そのために、「昼」ということばが「食」を象徴するものとして使われるようになったのではないでしょうか。

というのも、日本では江戸時代に入るまでは、体を動かして働く工人や農民たちをのぞけば、食事は朝飯と晩飯の一日二食が基本だったとされます。その後、食材の流通事情の変化もあったのでしょう、江戸時代に入ってから、多くの人たちが、一日三食の生活をとるようになったといいます。

つまり、朝飯と晩飯はあたりまえだったところ、新たに昼飯もとるようになったわけです。そうなった当初、朝昼晩の飯では、昼飯がもっとも特殊性の高い飯だったことでしょう。

いっぽうで、昼飯があたりまえにとられるようになるより前から、工人や農民たちは、午後に「おやつ」をとっていたといいます。この「おやつ」は、「午後3時ごろ」に該当する「八つ時」からきたことば。つまり、時間帯をさして「食」の意味とする「おやつ」の例が、「昼」よりもまえにあったことになります。

この「おやつ」で「食」のことを表すという前例があったのだから、「昼」で「食」のことを表すという使いかたも、現れやすかったのではないでしょうか。

まとめると、「お朝にする」や「お夜にする」とは言わず、「お昼にする」だけ言うのはなぜかに対する説は、つぎのようになります。

朝飯、昼飯、晩飯のうち、新たに昼飯をとるようになった人びとのあいだでは、朝飯や晩飯よりも、昼飯をとるということへの意識が高かった。そこで、「八つ時」にとる食を「おやつ」とよんでいたのに倣って、「昼」にとる食を「お昼」ないし「昼」とよぶようになった。

参考資料
デジタル大辞泉「昼」
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/188633/meaning/m0u/昼/
デジタル大辞泉「朝」
https://dictionary.goo.ne.jp/word/朝_%28あさ%29/#jn-3268
デジタル大辞泉「晩」
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/180771/meaning/m1u/晩/
スーパー大辞林「する」
米穀機構 米ネット「一日3食は江戸時代から」
http://www.komenet.jp/bunkatorekishi05/35.html
| - | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0)
『STEAMで深まる鉄道模型』刊行される



新刊の案内です。

『STEAMで深まる鉄道模型』という冊子が、このたび鉄道模型を製造するカトーから刊行されました。

「STEAM」とは、“Science”(科学)“Technology”(技術)“Engineering”(工学)“Art”(芸術)“Mathematics”(数学)それぞれの頭文字をとったもの。これらの分野を、つながりをもって学んでいこうとする考えかたのことをSTEAMとよんでいます。米国でこの考えかたは始まりました。近ごろは日本の教育界などでも理系教育の大切さを支持するものだとして、広まってきています。

このSTEAMにおける知識や能力は、鉄道模型のジオラマをつくるときに大いに役立つものである、ということを事例とともに伝えているのが、『STEAMで深まる鉄道模型』です。

たとえば、Science(科学)についての題材であげられているのが、「『自然のもの』の形にまっすぐなものはない」という見出しの、自然物のかたちの特徴を記したもの。

山間の森林、ごつごつした岩肌、蛇行する川などの実例と、高校生たちが部活動でつくった鉄道模型ジオラマ作品を写真で示したうえで「自然の世界で直線が生じにくいのは、地球のすべてのものは重力などの力の影響を受けていて、その力のかかりかたは一方向性にはならないためと考えられています。自然の姿をジオラマで表そうとするとき、直線的になっている部分がないかチェックしていくとよいでしょう」などと解説しています。

ほかにも、材料や工具の使いかたの工夫を示したTechnology(技術)の話、コンセプトづくりの大切さを示したEngineering(工学)の話、鉄道模型ジオラマのファンタジー作品の発想法を示したArt(芸術)の話、相似や遠近法などのジオラマへの当てはめかたを示したMathematics(数学)の話、などが載っています。

冊子は32ページ。STEAMにちなんだ14個の主題を掲げています。

「01 鉄道模型の『しくみ』を知っておく。」
「02 『コンセプト』を考え、際立たせる。」
「03 ボードの上に『世界』をつくりこむ。」
「04 『自然のもの』を観察する。」
「05 『人工のもの』を観察する。」
「06 人の『見え方』を知り、活かす。」
「07 『材料・工具』を賢く使う。」
「08 『地面』の表現力を高める。」
「09 『地形』の表現力を高める。」
「10 『樹木・草』の表現力を高める。」
「11 『水』の表現力を高める。」
「12 『人工物』の表現を高める。」
「13 『ファンタジー』の表現力を高める。」
「14 完成した作品をアピールする。」

『STEAMで深まる鉄道模型』の価格は税別100円。まず(2019年)7月28日(日)まで開かれた「鉄道模型コンテスト2019」の会場で配られました。今後は、出版したカトーの直売店ホビーセンターカトーをはじめとする店舗で販売するほか、電子書籍などでも展開していく予定のようです。

「鉄道模型コンテスト2019」サイトでの『STEAMで深まる鉄道模型』の案内はこちらです。
https://www.moraco.jp/steam

この冊子の執筆・編集をしました。

| - | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0)
「鉄道模型の甲子園」で各校がジオラマ作品を競いあう


「第11回全国鉄道模型コンテスト」が、(2019年)7月27日(土)、東京・青海の東京ビッグサイト青海展示棟Aホールで始まりました。主催は、一般社団法人鉄道模型コンテスト。

「コンテスト」と称されるのは、鉄道模型のジオラマ作品のできばえなどを競いあうため。「鉄道模型の甲子園」とよばれることもあります。高校生や中学生たちがつくった作品が対象の「全国高等学校鉄道模型コンテスト」と、一般の人たちがつくった作品が対象の「T-TRAKジオラマコンテスト」の2部門があり、来場客たちによる投票が、各賞を決します。

高校生や中学生の作品づくりは、おもに学校の鉄道研究会などの部活動によるもの。しかし、なかには特別な授業プログラムの一環として、あるいは地理部などほかの部活動として、鉄道模型のジオラマをつくり、出品するといったこともあるようです。何人もがそれぞれの役割を果たしてつくる作品の質は、高いものがあります。

それぞれの作品の前では、来場客が興味深そうに作品に見入り、高校生たちに作品づくりの要点などを聞き、高校生たちがそれに応じる姿も。また、高校生たちが、ほかの学校の作品を見て、展示者の高校生たちと語りあう場面も見られます。

会場では、コンテストの対象となる作品の展示のほか、鉄道模型や鉄道グッズの販売、ジオラマワークショップ、5インチのミニ鉄道の運転・乗車体験会、ステージイベントなどもおこなわれています。

あす28日(日)17時まで開かれる予定。あすは10時30分からは、高校生の作品の表彰式が、また、15時からは、一般の人たちの作品の表彰式が開かれる予定です。

「鉄道模型コンテスト2019」のサイトはこちらです。
https://www.moraco.jp
| - | 18:44 | comments(0) | trackbacks(0)
大学が高校生にグローバル科学教育


大学の役割はむかしにくらべて多様になってきています。かつては、大学生や大学院生に対する教育と、教員みずからによる研究が大きなふたつの柱でした。しかし、近ごろはそれ以外の役割も増えてきています。

「大学が高校生を受けいれて教育する」といったこともおこなわれています。

文部科学省所管の国立研究開発法人、科学技術振興機構は「グローバルサイエンスキャンパス」という事業をおこなっています。

これは、大学の科学技術分人材の育成を支援するもの。その人材として光を当てているのが、高校生などの若い世代の人たちです。とりわけ「卓越した意欲を有する高校生等」を募って選び、「国際的な活動を含む高度で体系的な、理数教育プログラムの開発・実施」などを支援するとのこと。

すでに2016年から事業は始まっており、初年度は金沢大学と名古屋大学が実際の事業にとりくみました。

金沢大学の企画は「世界でかがやく科学技術イノベーション人材の育成」というもの。概要の説明によると、北陸先端科学技術大学院大学とも連携し、先端融合研究領域の教育プログラムをを高校生におこない、高校生たちに分野の融合や連携の重要性を認識させることをめざしたということです。

また、名古屋大学の企画は「名大MIRAI GSC」というもの。「講義・授業」「実験・実習の滞在型研修」「海外研修」の三つで選抜・評価をおこない、世界の科学・技術を牽引するリーダーを高校生のうちから発掘することをめざしたそうです。

2019年度は、宇都宮大学、広島大学、東京大学の3校が事業にとりくみます。

このうち、東京大学は「イノベーションを創出するグローバル科学技術人材の育成プログラム」を企画。「グローバルな視点に立って、今後の社会をデザインできる革新的(イノベーティブ)な科学技術人材として、『新しい知の創造』、そして『社会的価値の創造』を実現できる創造性を持つ科学技術人材の育成を目的とする」としています。そして、具体的に育成したい能力として、「知識を俯瞰する力」「情報を分析できる力」「課題を解決する力」「次の課題を抽出する力」「成果を具現化する力」の五つを掲げています。

この事業でそれぞれの大学が募るのは、「卓越した意欲を有する高校生等」。すべての希望する高校生たちが事業をおこなう大学で教育を受けられるわけではなさそうです。

しかし、すでに具体的な大学や大学院での学びを思いえがいているような高校生たちは、応募してみる価値があるのではないでしょうか。実際に、希望がかなって教育を受けられればまたとない機会をなるでしょうし、希望がかなわなくても「大学で学ぶ」という意識は強まることになるでしょうから。

参考資料
科学技術振興機構「グローバルサイエンスキャンパス(GSC)」事業概要
https://www.jst.go.jp/cpse/gsc/about/index.html
企画紹介
https://www.jst.go.jp/cpse/gsc/about/shoukai.html#ANC31
| - | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0)
名誉なことも不名誉なことも、したことが覚えられやすく……

日本をふくむ漢字文化圏では名前に「姓」があります。その家の名をさし、「氏」や「名字」ともいいます。1875(明治8)年に太政官布告という法令の文書を国が出し、「氏」を使うことを義務化しました。

2010年代、日本で多い姓は、多い順に「佐藤」「鈴木」「高橋」「渡辺」「田中」と並んでいます。そして、多い順にならんでいるということは、だんだんとすくない姓になっていき、その果てには日本で1世帯しか使われないような希少性までたどりつくということでもあります。まさに、姓の分布は「ロングテール」現象のひとつといえましょう。


「ロングテール」現象のイメージ。
元画像作者:Dave Duarte

なにごとも、めずらしいものは、人は興味の対象になりがちになり、また人の記憶に長くとどまりがちとなります。姓についても、めったに耳にしないようなものは埋もれずに、人びとに覚えられやすいものです。

この「姓の希少性」は、名誉なできごとをなした人にとっては「いつまでも人びとに覚えられる」ということになりますし、不名誉なできごとをした人にとっては、これまた「いつまでも人びとに覚えられる」ということになります。つまり、よいことをしても悪いことをしても、人びとに覚えられやすいことになります。

2005年に、建築事務所の一級建築士(当時)が、地震などに対する安全性の計算を記した構造計算書を偽装していたとして問題になりました。ここでは書きませんが、この一級建築士の姓がかなりめずらしいものだったため、マス媒体の報道やインターネット、また世間話などで人びとは、この人の姓を冠した「誰々事件」の呼称を使うことになりました。

もし仮に、佐藤さんや鈴木さんなどの、多い姓の人物が、おなじような疑義をもたれたとして、そのできごとを人びとが「佐藤事件」とか「鈴木事件」とかよんでいたかというと、まずもってそうはならなかったでしょう。なんの「事件」かが伝わらないからです。

もちろん、逆に賞を受けたり、前人未到の記録を打ちたてたりしたとき、その人の姓が希少であれば、後世の人びとにまで覚えられつづける可能性があります。希少な姓の人が名誉なことをしたら、その名誉は姓のめずらしさとともに、長く覚えられつづける可能性は高まります。

しかし、その人が「これで自分の名が後世にわたり覚えられるぞ」とよろこぶかどうかは、またべつの問題です。

なぜなら、その人が「希少な名前で人びとにめずらしがられたり、覚えられたりすること」そのものを快いと感じるか感じないか、というほかの尺度があるからです。

不名誉なことであっても、名誉なことであっても、自分のしたことが「姓がめずらしいから」という原因で騒がれるのは嫌だと思いながら、その姓を抱えて生きている人もいるでしょう。もちろん、その逆の人もいるでしょうが。

参考資料
ウィキペディア「構造計算書偽造問題」
https://ja.wikipedia.org/wiki/構造計算書偽造問題

| - | 19:46 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE