科学技術のアネクドート

為政者の「任命責任は私にあります」はなにも言ってないのとほぼおなじ

写真作者:nosha

閣僚が不祥事を起こしたとき、その閣僚を任命した為政者は人びとの前で神妙な顔つきをしてこんなことを口にします。

「任命責任は私にあります」

この発言の意味することはなんでしょうか。

「責任」という概念は、「答える」という意味のラテン語「レスポンデレ(respondere)」に由来するといいます。ここから生じた英語の「レスポンシビリティ(responsibility)は、日本人にも使われることばです。

そして本来的に「責任と自由は表裏一体のもの」とされます。自由になにかをしたり選んだりすることができるからこそ、そこには負わなければならない任務や義務、つまり責任が生じるからです。そのことを自由にする余地がなければ、そのことをするしかないのだから責任は生じません。

この点からすると、為政者は、だれを閣僚に選んでもよいという自由をもっています。日本国憲法の第68条には、「内閣総理大臣は、国務大臣を任命する。但し、その過半数は、国会議員の中から選ばれなければならない」とあります。国務大臣とはつまり閣僚のこと。過半数は国会議員から選ばなければならないという縛りはあるとしても、国会議員は自分をのぞいて707人もいますから「閣僚を自由に選べる」状態にあるといってよいでしょう。

「責任と自由は表裏一体のもの」という点からすると、任命権をもって閣僚を選んだからには、その任命者は任命責任、つまり任命をする義務を負っているということになります。

ここで注意すべきは、「任命責任」とは「任命をする責任をもっている」であるということです。「自分が任命をして閣僚に就いた人物が不祥事を起こしたので、自分は任命者を辞する」という意味にはなりません。

ですので「任命責任は私にあります」というのは、憲法に書かれてある、ごくあたりまえの事実を言っているにすぎないわけです。「総理大臣は私であります」といっているのとにたようなものです。

神妙な顔をして「任命責任は私にあります」と口にすると、その不祥事を起こした閣僚を選んでしまったことに対して重く受けとめているような雰囲気をつくることはできます。

しかし、この発言には法的にはなんの意味もないわけです。閣僚が不祥事を起こすたびに「任命責任は私にあります」といいながら、その任命者が辞することにならないのは当然のこと。なんの意味もないことを、あたかも意味があるように発言するというところに、意味があるのかもしれません。

参考資料
デジタル大辞泉「責任」
https://kotobank.jp/word/責任-547351
ウィキペディア「責任」
https://ja.wikipedia.org/wiki/責任
衆議院「日本国憲法」
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/shiryo/dl-constitution.htm
| - | 23:26 | comments(0) | -
車止め、使われなくても意味はある


駅などの鉄道線路の“終点”を観察するのも興をそそるものです。そこまで続いていた線路に砂利がかぶされているだけの場所もあれば、水平だったレールが急にくいっと斜めに角度をつけたような場所もあります。

「車止め」とよばれる装置がついている場所もあります。写真は、小田急新宿駅の特急ロマンスカーの線路の終点。車止めの手前側には「RAWIE」というロゴマークがあります。

この車止めをつくっているのは、ドイツのラヴィーという会社。日本でラヴィー製の車止めを輸入・販売している伊岳商事の情報によると、ラヴィーの車止めはドイツをはじめ世界41か国、21の機関で採用されているとのこと。また、規格品の車止めを大量生産するのでなく、個々の軌道構造、車両、駅施設などの条件に合わせて製造しているとのこと。

この車止めの製品名は、英語では“Buffer Stops”。日本語にすれば「緩衝止め」といったところでしょうか。手前の円筒から、ひとまわり小さな円筒が出ていて、その先に列車と接触する金具があります。万一、先頭車両がこの金具に衝突したら、小さな円筒が緩衝役となるのでしょう。その長さは1メートルもありませんが、なにもないよりは衝撃を抑えられるのはたしかなこと。

ほかにも、ラヴィーのサイトでは、“Mainline Railway Friction Buffer Stop”、日本語にすれば「本線鉄道摩擦緩衝止め」という種類の車止めも紹介されています。こちらは、駅の線路のかなり手前で、レールに乗るかたちで置かれるもの。万一、列車が車止めと衝突したとき、この車止めも動くわけですが、レールと車止めのあいだに摩擦が生じて、列車の速度が落ちるようになっているわけです。

写真の車止めが使われたことはあるのでしょうか。小田急新宿駅で列車が終点を過ぎてしまったという事故は、おそらく一度もないでしょう。あれば大きな事故として報じられます。

ということは、この車止めの出番は一度もないということになります。しかし、そうだとしても、運転士がこの車止めを見れば、運転を終える安心感や、つぎの運転に向けての安全意識を得られるかもしれません。「ここに車止めがある」ということに意味がありそうです。

参考資料
伊岳商事「高性能バッファーストップ RAWIE(ラヴィー)」
http://www.itake.co.jp/products/rawie.html
RAWIE “Buffer Stops”
https://www.rawie.de/en/buffer-stops/#fixed-buffer-stops
レールメカの巣「車止めの種類」
http://www.railmec.info/stopper/intro.html
ウィキペディア「車止め」
https://ja.wikipedia.org/wiki/車止め
| - | 14:34 | comments(0) | -
長細い施設に入る前に「空席・満席」情報を得る
きのう(2020年)1月15日(水)東京・銀座で「ファンデス銀座」という商業施設が営業をはじめました。地下1階から10階まで、いずれもひとつの飲食店や遊戯施設の空間で占める施設です。

この「ファンデス銀座」には、「VACAN(バカン)」という空席情報サービス導入されています。

VACANは、商業施設などの店舗それぞれの空席・満席などの情報を、即時的に画面で示すサービス。2016年に創業したバカンが手がけています。

ファンデス銀座の1階入口には、電子表示板があります。各店舗の写真つき案内が一覧でき、それぞれに「空」や「営業時間外」などの情報を見ることができます。日本語と英語の表記が数秒ごとに入れかわるため、英語はわかるという外国人たちも情報を把握できます。

また、電子表示板とおなじ情報を得られる専用サイトがあるので、この施設から離れたところでも空席かどうかといった情報を得ることができます。


専用サイトのスマートフォン画面

こうした長細い施設を使うときによくあるのが、エレベーターで目あての階まで行き、扉があいて降りたところでやっと満席だとわかること。そしてべつの階へ行くと、そこもまた満席ということもあります。客としては店さがしに時間がとられます。

また、施設・店の側としてはエレベーターの混雑を招きます。それに、細長い施設では1階より上層階のほうで集客しづらい傾向があるとも。

こうしたことから、施設に入る前段階での「空席・満席」情報には、施設の利用客にとっても、施設の店舗にとっても、利点があるといいます。

「ファンデス」は東京のほかの地にもあり、すでに「ファンデス上野」と「ファンデス五反田」にはVACANが導入されているとのこと。

JR東京駅構内の商業施設「グランスタ」でも、2019年10月からVACANが本格的に使われはじめました。街なかでの「空席・満席」の見える化が着実に進んでいます。

参考資料
バカン 2019年12月25日発表「空席情報配信プラットフォーム『VACAN』を
都市型コンパクト商業施設『FUNDES(ファンデス)銀座』へ導入」
https://www.vacancorp.com/blog/pr-20191225-fundesginza
| - | 14:43 | comments(0) | -
「自分はなにから定めはじめるか」を考える

画像作者:Ivan

人が想像によりつくりだす物語には「型」があるといいます。「型どおりにつくるなんて、創造的ではない」と考える人もいるでしょう。

しかし、型があるのはその分野が成熟している証拠と捉えることができます。これから物語をつくろうとする人にとっても、型は頼りになるもの。それに、物語をあたえられる側の人も、これまでも物語の型を経験してきたわけですから、型にしたがった物語をまたひとつあたえられることは心地悪い体験にはなりますまい。

ニュース記事やノンフィクションを書くときは「自分はなにを伝えたいか」を考えておくことは大切になります。

いっぽう、物語をつくるときには「自分はなにから定めはじめるか」を考えることが大切であり、それを型として分けられるのかもしれません。

たとえば、王道的な型といえそうなのは「登場人物型」です。はじめに登場人物の背景や性格などを定めてしまい、そこからその人物がいる世界や、その人物の行動のとりかたなどを定めていくというものです。

人物を定めてから世界を定めるという方法があるのであれば、逆に「世界型」もあるはずです。物語の舞台となる世界が、いつ、どこの、どんな状況であるのかを考えて、そこから登場人物や物語展開を考えていくというもの。物語でのいわゆる「世界観」を強く示すことができます。

「主題型」もありえます。たとえば「この物語では、諸行無常を表したい」とか「人と人が出会うことの素晴らしさを表したい」といったように、物語での中心となる思想内容を定めるわけです。そうすれば、それを表現するのにどんな登場人物が効果的か、といったことが定まってきます。

巷にある物語では、たいてい、こうした「型」が組みあわされているといわれます。

しかし、もし「型」が「自分はなにから考えはじめるか」なのだとすれば、その物語において型は組みあわすものでなく、ただひとつのものであるはずです。やはり、はじめに考えたものこそが、その物語づくりにもっとも強く影響をあたえるのではないでしょうか。

参考資料
物語る工房 2018年12月7日付「物語をつくり始める6系統17パターンの発想」
https://monogatari.movie/2018/12/07/物語をつくり始める6系統17パターンの発想/
| - | 23:32 | comments(0) | -
「兄貴ぼんぼんだーよん」から「歯型ぷんぷんボーイ」へ

このブログのおよそ12年前の記事「顔がにやけたケロンパ」では、「さびの部分が日本語に聞こえる洋楽の歌詞」の例として、「顔がにやけたケロンパ」と聞こえるジプシー・キングスの「ジョビ・ジョバ」とともに、「兄貴ぼんぼんだーよん」と聞こえるスノウの「インフォーマー」が紹介されています。

記事にもあるように、「インフォーマー」の「兄貴ぼんぼんだーよん」と聞こえるところには、“A licky Boom Boom Down.”という歌詞があてられています。とくに歌詞の意味はありません。日本の民謡で「エイヤーサ、ヨイヤーサ」と調子をとるのとにったようなものと解釈できます。

スノウの「インフォーマー」は1992年に発売された楽曲です。翌2013年にかけて大ヒット曲となり、その後、何人もの人がカバー曲を発表しています。スノウ自身も2018年に、発売から25年を記念して「インフォーマー2018」という楽曲と映像を発表しています。

では、カバー曲の「インフォーマー」では、件の「兄貴ぼんぼんだーよん」のところはどのように聞こえるでしょうか。

わりかしスノウの原曲に忠実に歌おうとしている人物の歌では、やはり忠実ですから「兄貴ぼんぼんだーよん」と聞こえてこなくもありません。たとえば、トニー・バブーンというバンドの「インフォーマー」の「兄貴ぼんぼんだーよん」などはそうです。

いっぽうで、歌詞そのものが原曲から変わってしまった「インフォーマー」では、当然ながら「兄貴ぼんぼんだーよん」ではなくなっています。

しかし、それでも、その部分を聞いていると、「べつの日本語」に聞こえてくる「インフォーマー」もあるものです。


ダディ・ヤンキーとケイティ・ペリーの「コンカルマ」のジャケット

スノウ以外が歌う「インフォーマー」で有名になったのが、ダディ・ヤンキーとケイティ・ペリーという男女2人組が2019年に発売した楽曲「コン・カルマ」です。つまり楽曲名も「インフォーマー」から「コン・カルマ」に変わっているわけです。「コン・カルマ」(Con Calma)はスペイン語で「落ちついて」という意味だそう。

ダディ・ヤンキーが歌っているときの当該部分は、“ I like your poom-poom, girl ”というもの。こちらは、日本語に聞こえることもなく、わりかし上の歌詞どおりに聞こえてきます。あえて日本語で聞こうと挑むなら、「わたす ぼんぼんがーぁなっ」といったところでしょうか。

ではいっぽうのケイティ・ペリーが歌っているときの当該部分はどうでしょうか……。

「歯型ぷんぷんボーイ」

こう聞こえるではありませんか。歯型がぷんぷんしている少年とは、いったいどんな人物でしょうか……。

いえ、そうではありませんでした。この部分にはつぎの歌詞があてられています。

“ I got the poom-poom, boy ”
(歯型ぷんぷんボーイ)

ですので、後ろのほうの“poom-poom, boy”については「ぷんぷんボーイ」と聞こえてよいわけです。

問題は前のほうの“I got the”が「歯型」と聞こえるということです。意図的なのか無意識的なのか、最初の「ai」が「ha」のように発音され「歯型」に。

なお、ケイティ・ペリーは自分の歯について過去に、歯並びの悪さを自覚し、歯列矯正を受けたものと見られています。そして、その後は、きれいに揃った歯を宝石で飾るまで至っているとのことです。

参考資料
スペイン語ラーニング「歌で覚えるスペイン語『Con Calma』/ 世界を旅しながら自由ライフ」
https://spanish-learning.jp/utasupe-concalma.html
Tech insight 2015年11月25日付「ケイティ・ペリー、歯並びの悪さを自覚『でも歯列矯正はムリ』」
https://www.excite.co.jp/news/article/Techinsight_20151125_161242/
mode & iideas 2017年3月7日付「ケイティペリー、歯のジュエリーは可愛い?」
https://uinfavorite.jp/2017/03/07/katys-tooth-jewelry/

| - | 23:59 | comments(0) | -
箱根湯本駅前だけ「山を下りる車」
ラジオの交通情報を聞いていると、ひんぱんに渋滞が伝えられる場所があることに気づきます。関東圏の交通情報で、とくに週末や休日などによく聞かれる渋滞場所としては、国道1号線の「箱根湯本駅前」があります。


箱根湯本駅前
Google Earth

「国道1号線の箱根湯本駅前では、行楽客の帰りで、山を下りる車が2キロ……」

伝え手は、このように伝えることが多くあります。

箱根湯本駅前の渋滞状況を伝えるときに特徴的なのは「山を下りる車」「山を登る車」と表現すること。たしかに、箱根湯本駅前よりも東側、小田原方面に行く道は、芦ノ湖、宮ノ下、塔ノ沢と下っていき、箱根湯本駅前でわりと平坦な道になるので、この下り坂を走る車は「山を下りる車」となります。逆に、箱根湯本駅前から西側、三島方面に行く道を走る車は「山を登る車」となります。

「山を下りる車」「山を登る車」という表現は、運転者たちにとっては想起しやすいもの。ただし、ただ想起しやすいということだけで、「山を下りる車」「山を登る車」を使っているのではないのかもしれません。

国道1号線は、起点を東京・日本橋、そして終点を大阪・梅田新道とする国道です。そして国土交通省によると、「国道の始まりの地点を『起点』、終わりの地点を『終点』とし、『上り』は起点に向かっていくこと、『下り』はその逆の終点に向かっていくことを言います」。

つまり、車が国道1号線で日本橋から梅田新道まで行く場合は「下り」となります。もちろん、途中で通過する箱根湯本駅前も「下り」。つまり「下り」路線は、箱根湯本駅前を過ぎると「登って」いくことになるわけです。逆もまたそうで、「上り」路線は、箱根湯本駅前まで山を「下って」いくことになります。

もしこれを、「国道1号線の上りは、箱根湯本駅前で2キロ」のように言ってしまうと、「上り」が、上り路線をさしているのか、山を登る路線をさしているのかがわかりにくい。「山を下りる車」「山を登る車」は、このわかりにくさを解消するための表現でもあるのでしょう。

参考資料
国土交通省「質問 国道の上りと下りの定義、起点と終点の考え方を教えてください」
https://www.mlit.go.jp/road/soudan/soudan_01a_03.html
| - | 23:59 | comments(0) | -
“明るい夜”の生きものへの影響、計りしれず

右上の赤い星がベテルギウス

オリオン座の星ベテルギウスの光が、2019年10月から急に暗くなりはじめています。星の最期に生じる超新星爆発とよばれる現象のまえには、星の温度が下がり、膨張することが知られています。暗くなっているのは、この超新星爆発の兆しではないかとも考えられています。

太陽系からベテルギウスまでの距離はおよそ500光年。報道などでは、これだけの距離があれば、爆発による衝撃波が太陽系や地球にあたえる影響は心配しなくてよいといいます。

また、超新星爆発が起きた星からは、ガンマ線という強力な放射線が放たれますが、ベテルギウスの自転軸から計算すると、地球はベテルギウスからのこのガンマ線を避けることができるともいいます。

では、ベテルギウスが超新星爆発したときの、地球の生態系などへの影響を心配しなくてもよいのでしょうか。

確実に起きそうなのは「夜が明るくなる」ことです。たとえ新月の夜であっても、地上に影ができるほどの明るい夜が、すくなくとも2、3か月はつづくと報じられています。

地球上には、月の明るさ・暗さの周期に同調した生理現象が見られたり、月光を頼りに生存したりする動物は数多くあります。

身近な動物としてはウナギをあげられます。ウナギは海面から150メートル以上深い海中で月光を感じながら生きているとされます。そして、満月に近い時期のほうが、新月に近い時期よりも、深く潜っている傾向があるとも伝えられます。深海まで届くわずかな光が、ウナギの行動に左右するぐらいですので、ベテルギウスの超新星爆発で夜空が明るくなった場合のウナギへの影響は計りしれません。

また、ウミガメも光に対してとても敏感とされます。ウミガメの赤ちゃんは、孵化したあと、夜を待ってから、月光などを頼りに海へと入っていくとされます。もし、月光のほかに爆発したベテルギウスも輝いていたら、ウミガメの行動にも影響がおきるかもしれません。

このように、月の明るさは動物たちに相当な影響をあたえうるものです。ベテルギウスがさらに夜を明るくさせたときの生態系への影響は、正直なところわからないというのが実状ではないでしょうか。

超新星爆発は過去にも人によって記録されています。たとえば、1054(天喜2)年にはおうし座にあった星が超新星爆発を起こしたことが、藤原定家(1162-1241)が著した『明月記』などに記されています。

しかし、『明月記』には、新たに現れたこの天体について「大きさ歳星のごとし」、つまり木星ぐらいのものとあります。今回いわれているベテルギウスほどの明るさではなかったわけです。

くわえて、現代は、さまざまな自然現象が観測できる時代です。実際に超新星爆発が起きるとしたら、あちこちで生態系の異変が観察されることは想像にかたくありません。

MIT Technology Review 2020年1月7日付「オリオン座のベテルギウスが急速に減光、超新星爆発の兆候か」
https://www.technologyreview.jp/s/179481/a-star-called-betelgeuse-might-be-ready-to-explode-into-a-giant-supernova/
Cosmo Library「ベテルギウスの超新星爆発のメカニズムと気になる地球が受ける影響とは?」
https://cosmolibrary.com/ベテルギウス超新星爆発/
ナショナルジオグラフィック 2020年1月6日付「オリオン座の巨星に異変、超新星爆発が近い?」
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/010600006/
眞鍋諒太朗 2013年発表「ウナギの産卵回遊行動に関する生理生態学的研究」
https://ci.nii.ac.jp/naid/500000582699
今村和志「アカウミガメの繁殖活動に影響を与える砂浜環境に関する研究」
https://ci.nii.ac.jp/naid/500000963097.amp
中日新聞 知るコレ! 2019年7月7日付「1000年前の『超新星』記録 明月記」
https://www.chunichi.co.jp/article/feature/shirukore/list/CK2019070702000214.html
| - | 23:59 | comments(0) | -
安全のため蓋を“親子”に
下を向いて歩いていると、ちょっとした気づきがあるものです。



マンホールです。よく見ると、大きな蓋の内部に、小さな蓋があります。

このマンホールは「親子蓋」とよぶのだそう。

小さな蓋の直径はおよそ60センチメートル。小さな蓋を開けるときは、人が入っていったり、小さめの機械を入れたりします。

いっぽう大きな蓋の直径はおよそ95センチメートル。大きな蓋を開けるときは、大きな機械を入れるときです。

ずっと見ていると、中心からすこしだけ月の影がずれたときの金環日食、あるいはやけに黄身の大きな目玉焼きのように見えなくもありません。どうして、親蓋に対して、子蓋は若干ずれているのでしょうか。

これは、実際に作業をしようと想像すると、答が浮かんでくるもの。もし、子蓋が親蓋に対して、まんなんなかにあるとしたら、作業者はクライミングでいえば150度壁ぐらいの“どっかぶり”な断崖を降りていくことになります。はしごにたどり着くまでに、宙ぶらりん状態のような危険な目に遭うことに……。

子蓋が親蓋に対して寄っていれば、子蓋を開けて難なくはしごを降りていくことができるわけです。

しかし、そもそもの謎として残るのは、「大は小を兼ねないのか」ということ。親蓋さえあれば、人は入っていけるし、小さな機械も入れることはできそうなもの。

これについては、「大きな蓋を開けているときと、小さな蓋を開けているときでは、どちらのほうが安全か。小さな蓋を開けているときのほうが安全だ」といった設計思想に基づくのでしょう。

参考資料
広報かしわ別冊 2016年第1号「足もとを見てごらん! あなたの知らないマンホール蓋の世界」
http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/120910/p041517_d/fil/renkochan1.pdf
まだプログラマーですが何か? 2014年8月27日付「親子蓋はなぜ同心円ではないのか?」
http://dotnsf.blog.jp/archives/1008235965.html
ライブドアニュース 2010年11月3日付「マンホール蓋の基礎知識」
https://news.livedoor.com/article/detail/5114320/
| - | 23:58 | comments(0) | -
月曜「多」休日「少」の「アネクドート」14周年

写真作者:Ly Thien Hoang(Lee)

このブログ「科学技術のアネクドート」は、2006年1月に始まってから、きょう2020年1月10日で14周年を迎えました。いつもご覧いただき、ありがとうございます。

このブログの管理ページでは、日付別にどれだけのページ閲覧数があったのか管理者が把握することができます。

集計をしているわけではないものの、週のうち何曜日にページ閲覧数が多く、何曜日にすくないかといった傾向は、ある程度あるようです。

ページ閲覧数が多くなるのは月曜日。しかも午前10時台が、ほかの時間帯にくらべてわりと多い向きがあります。ただし、月曜から金曜の平日では、ページ閲覧数にそれほど大きな差はありません。

いっぽう、ページ閲覧数がすくなくなるのは土曜と日曜です。こちらは、管理ページで示される棒グラフでも、明らかに目に見えるような傾向となっています。平日の2割減ほど。また、年末年始や大型連休など、多くの人にとって休日となる日のページ閲覧数は低くなります。

想像にすぎませんが、おつとめのみなさんが出勤の日、仕事場でコンピュータを立ちあげ、とりあえずインターネットで記事を見てみる、という行動をとっているのかもしれません。このブログにかぎらないでしょうが。仕事に本腰を入れるためには、その前段となる作業が必要という方もいるのではないでしょうか。

どんな状況の方にも、記事が読まれるのはありがたいもの。15年目の「科学技術のアネクドート」もよろしくお願いします。
| - | 10:55 | comments(0) | -
あの星ははるか遠くで明るく輝いていた――活動銀河の正体を探る(2)

「位置エネルギーの解放」で強烈な電磁波が放たれる――活動銀河の正体を探る(1)

超巨大ブラックホールによりもたらされる「位置エネルギーの解放」が、活動銀河核のエネルギー源となり、活動銀河は活発なまでに電波やジェットを放ちます。

その活動銀河には、セイファート銀河や、電波銀河など、いくつかの種類がありますが、なかでも準恒星状天体(クェーサー)とよばれるものは、ひときわその場所では明るく輝いているという点で特徴的です。

準恒星状天体の電波源からは、X線、紫外線、可視光線、電波と、あらゆる波長の電磁波が放たれるため明るく輝きます。放射されるエネルギーは、太陽の1兆倍以上ともされます。

それだけの明るい光を放っているのだから、もし太陽系から身近なところ、たとえば太陽系のすぐおとなりあたりに準恒星状天体があるとしたら、地球からの見た目の明るさはとてつもないものになっていることでしょう。もとより、準恒星状天体からのエネルギーが強すぎて、地球にはだれも生きていないでしょうけれども。

しかし、明るく輝く準恒星状天体が地球から遠くにあれば、さすがの明るさで活発に存在しても、地球からの見た目では、ほかの星とおなじような明るさの天体に見えるはずです。

実際、見かけではほかの星と区別がつかなかったため、準恒星状天体が最初に同定されたのは1962年のこと。わりと最近のできごとです。

天文学者たちが明るく輝く準恒星状天体の光を調べると、強い赤方偏移をもっている傾向がわかりました。これは地球から急速に遠ざかっていることを意味します。地球から遠くにあるということは、宇宙全体を膨らんでいく風船にたとえるなら、風船の端っこのほうにあるわけで、地球からきわめて遠いところにあることになります。

発見されたなかで、もっとも近い準恒星状天体の「3C 273」でも、地球から21億9600万光年のかなたにあります。この「3C 273」は初めて発見された準恒星状天体です。


3C 273

いっぽう、もっとも遠い恒常性天体となると、2011年に発見された「ULAS J1120+0641」で、288億5000万光年という途方もない距離にあります。

研究は進み、準恒星状天体でも電波をほとんど放つことのない暗いものも多数あることがわかってきました。しかも、そちらのほうが明るい準恒星状天体よりはるかに多数派だったといいます。

その、初期宇宙につくられた、つまり地球から非常に遠くにある、暗いほうの準恒星状天体でさえ、最近は発見されるようになってきました。2018年には、日本の「すばる望遠鏡」の「ハイパー・シュプリーム・カム」という超視野カメラにより、初期宇宙で1000個超の暗い準恒星状天体が発見されています。

恒星状銀河は、もっとも熱い天文学研究の対象のひとつとなっています。了。

参考資料
東京大学大学院 理学研究科・理学部「クエーサー」
https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/story/newsletter/keywords/36/04.html
ウィキペディア「3C 273」
https://ja.wikipedia.org/wiki/3C_273
ウィキペディア「ULAS J1120+0641」
https://ja.wikipedia.org/wiki/ULAS_J1120%2B0641
百科事典マイペディア「恒星状天体」
https://kotobank.jp/word/恒星状天体-496044
AstroArts 2018年5月2日付「初期宇宙に1000個を超える暗いクエーサー」
https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9883_quasar

| - | 13:03 | comments(0) | -
「位置エネルギーの解放」で強烈な電磁波が放たれる――活動銀河の正体を探る(1)

「活発な人」というのはいるものです。エネルギーがみなぎって、まわりからは輝いているように見える人です。

おなじように「活発な銀河」というのもあります。「活動銀河」とよばれる銀河です。「活動銀河核」とよばれる中心部から、非常に強い電波を、幅広い波長で発しているような銀河です。


活動銀河M87(左上)と約5000光年の長さの宇宙ジェット
写真作者:NASA and The Hubble Heritage Team(STScI/AURA)


活発な人は人ですから、そのエネルギー源は食べものということになります。では活動銀河のエネルギー源はなにかというと、活動銀河核のさらに中心にあるとされる超巨大ブラックホールから「解放された」位置エネルギーだろうと考えられています。

ブラックホールはきわめて強い重力場をもっています。そのため「事象の地平線」とよばれる境界線よりも中心側に物質が入ってしまうと、もはや外へ脱することができなくなります。物質だけでなく光さえも脱せないため、ブラックホールは黒いわけですが。

では、ブラックホールに引かれゆく物質のエネルギーの状態はどうなっているのでしょうか。

ブラックホールとのあいだに十分な距離が保たれているときは、その物質はブラックホールの天体からかなり高いところにいることになるので、位置エネルギーをたくわえていることになりっます。しかし、物質がどんどんブラックホールの中心に吸いよせられていくにつれ、ブラックホールの重力によって速度が増していくはずです。つまり、その物質は、ブラックホールから離れたところでは位置エネルギーをもっていたものの、重力で引かれていくことで、その位置エネルギーが運動エネルギーになったと考えることができます。

このとき、位置エネルギーは、運動エネルギーに引きつぎをするため「解放」されることになります。

そして、この解放された位置エネルギーが源となって、活動銀河の中心である活動銀河核から非常に強い電磁波が放たれるわけです。活動銀河によっては電波だけでなく、「宇宙ジェット」とよばれる高いエネルギーの噴出をともなうものもあります。

活動銀河にはいくつかの種類があります。どれも活動銀河だけに活発ですが、なかでもひときわ明るいものに、準恒星状天体(クェーサー)とよばれるものがあります。つづく。

参考資料
天文学辞典「活動銀河核」
http://astro-dic.jp/active-galactic-nucleus/
天文学辞典「重力エネルギー」
https://astro-dic.jp/gravitational-energy/
東京大学大学院 理学研究科・理学部「クエーサー」
https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/story/newsletter/keywords/36/04.html

| - | 21:40 | comments(0) | -
紅茶のなかの渦とは性質が異なる

写真作者:jeremyfoo

紅茶に牛乳を入れて、さじでかき回します。すると、牛乳の渦ができます。この渦は、よく見ると、だんだん真んなかのところに巻きこむように集まっていくことがわかります。

これは、渦の内側にある牛乳の移ろいが速いいっぽう、外側にある牛乳の移ろいが遅いためと説明されます。内側にある牛乳のほうがすばやくぐるぐるぐるっと回っているうちに濃密になっていくわけです。レコード盤とはわけがちがうわけです。

「では、どうして宇宙の渦巻き銀河では、渦の巻きこみが生じないのか」

天文学者たちはこのことを長らく疑問に思っていました。かき回した牛乳とおなじような物理が宇宙でもはたらけば、渦巻き銀河の腕の部分はどんどん濃密になっていくはず。そして100億年ほどで幾重にも腕が巻きこまれたかたちになるはずです。しかし、いくら銀河を眺めても、こうした巻きこみ型の銀河は多数派とはいえません。

この困難な謎に対して、20世紀なかば、天文学者たちは「渦巻きをなす波の性質が、考えられていたものとはちがうものだから」という答案を導きました。

渦巻き銀河の腕は、いつもおなじ星たちで構成されているという考えかたを改めたのです。腕の部分にある星たちは、腕と腕のあいだを移ろうことができるのであり、人が眺めている銀河の腕は、見た目の濃さ・粗さを反映しているだけにすぎない、というわけです。こうして説明される渦巻き腕のもようは「密度波」とよばれます。

身近なところでたとえれば、車はみんなのろのろと動いているのに、伊勢原バス停付近という一定の場所ではつねに渋滞が生じている、といったものです。

では、どうして渦巻き銀河の腕のところにある星たちは、腕と腕のあいだを移ろえるのか。これは、星たちの分布でできる濃さ・粗さがつくる「重力による位置エネルギー」のちがいによって、星の公転運動が変わるからと考えられています。

こうした条件を満たす星たちの分布の濃淡が起きうることを1964年、米国で活躍した中国出身の応用数学者チア・チャオ・リン(1916-2013)と、米国の天文学者フランク・シュー(1943-)が発表しました。これが、困難な巻きこみの謎を解く大きな第一歩となったとされます。

参考資料
家正則「渦巻く銀河の謎」
https://subarutelescope.org/staff/miye/papers/wabun/199009%20NHKSpecial.pdf
天文学辞典「巻き込みの困難」
http://astro-dic.jp/winding-dilemma/
天文学辞典「密度波」
http://astro-dic.jp/density-wave/
天文学辞典「密度波理論」
http://astro-dic.jp/density-wave-theory/
日本大百科全書「渦状構造密度波理論」
https://kotobank.jp/word/渦状構造密度波理論-1611506
| - | 15:24 | comments(0) | -
「誰々が……ていただく」が増えてきた

写真作者:Paolo Fefe'

ことばは時の流れとともに移ろうものです。すこしずつながらも、まちがいなく移ろっていることばの使いかたに、補助動詞の「……ていただく」があります。

ほかの人から恩恵となるような動作を受けるときに、「……ていただく」は使われます。では、このときの動作主のことをどう表すかというと、「誰々から」あるいは「誰々に」のように、「に」や「から」などの助詞が使われてきました。

「先生からほめていただいた」
「社長に許していただいた」

ところが、この「から」や「に」のところに入る助詞として、近年は「が」が入ることが起きはじめています。

「先生がほめていただいた」
「社長が許していただいた」

本来は、ほめられたのは先生、許されたのは社長ということになるはずです。しかし、これを「先生からほめていただいた」「社長に許していただいた」といった意味で使う人がたしかに増えてきています。

上のふたつの例文は短いため、これで「先生からほめていただいた」「社長に許していただいた」を意味するといわれても多くの人が違和感を抱くことでしょう。しかし、「が」から「……ていただく」までのあいだが長くなるとどうでしょう。

「先生が『きょうの鈴木くんはとってもよくがんばりましたね』と言ってほめていただいた」
「社長が『二度とおなじようなことはないよう、今回のことは忘れてしっかりとやるように』と自分のことを許していただいた」

じつは、小説家の谷崎潤一郎(1886-1965)が著した『文章読本』のなかにも、この使い方がでてくるといいます。

「なるべく皆さんが漢語風の云い方を避けて、やさしい固有の日本語に立ち帰って頂くことを希望するのでありまして……」

この場合「皆さんが……避けて、」というつながりが強いため、違和感を覚えずに読みすすめてしまう人もいそう。しかし、「避けて」がどこにかかるかといえば「いただく」しか考えられないので、「皆さんが」でなく「皆さんに」とすべきものとなります。

また「……ていただく」のあとに体言がつづくと、やはり「誰々が……ていただく」のかたちになりやすいようです。つぎの文章は、日本年金機構のサイト内に見られる文です。

「受給者の方が退職後、事業所が被保険者資格喪失届を年金事務所に提出することで長期加入者の特例に該当する手続きも併せて行われますので、定額部分をお支払いするための届出を、受給者の方がしていただく必要はございません」

この文では、本来は「受給者の方にしていただく必要はございません」あるいは「受給者の方がなさる必要はございません」とすべきところが、「受給者の方が……」となっています。おそらく、この長い一文のはじめにある一番目の「受給者の方が」に書いた人がつられたか、もしくはあえて「受給者の方がしていただく」としたのかのどちらかではないでしょうか。

おなじ意味あいにもかかわらず、「誰々から」「誰々に」から「誰々が」へとことばづかいが移ろうのは、相当に大きな変化といえましょう。しかし、人びとの会話や原稿などに触れていると、まちがいなく増えている移ろいです。

参考資料
日本語亡者の繰り言「谷崎潤一郎『文章読本』中央公論社 2009年改版13刷」
http://www13.plala.or.jp/nihongomoja/99_blank.html
日本年金機構 2018年11月7日更新「44年以上厚生年金保険に加入している特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)の受給者の方が、退職などで被保険者でなくなったとき」
https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/tetsuduki/rourei/jukyu/2018110702.html
| - | 22:32 | comments(0) | -
多忙な科学者、用意周到に……


写真作者:Phil Campbell

ある編集者が、よく売れた著書を何冊も出しているような有名な科学者に取材をすることになりました。有名ということは多忙。「断られるかも」と思いつつも申しこむと、引きうけてくれました。ただし、その科学者から「大学の研究室にいることよりも、都内をまわっていることのほうが多いため、取材場所は編集者さんで用意してください」との要望がありました。

編集者は都内の貸し部屋を予約して記者とともに、13時30分から15時まで、取材に臨みました。

貸し部屋のため、予約時間が終わる5分前の14時55分に内線電話がなり、受付係から「あと5分でお時間です」と知らせがありました。取材はほぼ終わりに近づいていたため「はい、わかりました」と編集者。そして、科学者に「先生、きょうはお忙しいところどうもありがとうございました」とあいさつをし、部屋を片づけ始めました。

その科学者はというと、「こちらこそ、ありがとうございました」と言いつつ、いっこうに開いていたコンピュータをしまうことも、脱いでいた外套を着ることもなく、部屋を立ちさるそぶりを見せません。

編集者は、「あれ。もうあと3、4分で部屋から出ていかなければならないのに、先生、なに落ちついているのかな」といぶかしげ。しかし、「部屋から出ていくことをせかすのも失礼だし」と逡巡していました。

すると、15時ちょうどになり、受付係が部屋に入ってきました。「15時からべつの予約が入っていますので、お引きとりいただけますか」と、部屋にいるみんなに催促がありました。

ところが、それでもなお、その科学者は部屋から出ていこうとしません。ついに編集者は「あのぉ先生、お支度をしていただけますでしょうか」と科学者に言いました。

すると科学者は、こう言いました。

「ああ、言いおくれてすいません。じつは、この部屋を15時から予約しているのは私なのです。ここで、本づくりの打ちあわせを引きつづきすることにしまして……」

移動することさえもったいないほど多忙なこの科学者は、15時までの取材場所を編集者から聞いたあとすぐ、15時からの部屋の空き状況を受付に電話で聞き、空いているため、15時から部屋を確保しておいたのでした。

編集者と記者が部屋をそそくさと出るやいなや、その部屋の外で待っていたべつの編集者たちが入ってきました。科学者だけは席に着いたまま……。

| - | 12:43 | comments(0) | -
2020年も「カレーまみれ」のみならず


画像作者:Eric Huybrechts

2020年の「科学技術のアネクドート」もよろしくお願いします。

「アネクドート」は、逸話や小話のこと。ロシアでは、旧ソビエト連邦時代の政治を風刺したものとされます。たとえばこんな具合に……。

「ソ連にも言論の自由があるって本当ですか」
「ええ。ホワイトハウスの前で『くたばれレーガン!』と叫んでも罰せられないように、赤の広場で『くたばれレーガン!』と叫んでも罰せられません」

言いたいことを言えない状況のなかで、それでも言いたいことを言うために、民衆は風刺をきかせたわけです。この「科学技術のアネクドート」でも、言いたいことを言えないことについて、伝わるか伝わらないかぐらいのところを書いている記事もごくたまにあるようです。ほとんど風刺はきいておらず、また、伝わっているかどうかぐらいなものであることが伝わっているかもわかりませんが。

あらためて、このブログのシリーズ記事について紹介します……。

「カレーまみれのアネクドート」。カレーにまつわる記事を集めたもので、おもにカレーを出す店のカレーの紹介です。これまでの全129記事は、こちらでご覧になれます。

「立体視への挑戦」。人は、自分がその場で目にした立体の光景を、いかに平面で再現しようとしてきたのか。これを主題に、古代から現代へという流れで、その歴史を一歩ずつ紐といています。これまでの全7記事は、こちらでご覧になれます。

「法則古今東西」。自然科学、社会科学、そのほかの分野をふくめ、「法則」とよばれているものをひとつずつとりあげていきます。これまでの全31記事は、こちらでご覧になれます。

「sci-tech世界地図」。科学や技術にまつわるできごとの現場は、世界のどこにあるのか。“そこ”にある意味はどんなものか。毎回ひとつの題材に絞って見ていきます。これまでの全11記事は、こちらでご覧になれます。

「書評」。科学・技術の分野にかかわる本を中心に、内容はどんなものか、どんな人が読むとよさそうかなどを伝えていきます。これまでの全189冊分の書評は、こちらでご覧になれます。

| - | 12:30 | comments(0) | -
『「栄養と料理カード」でたどるレシピの変遷』刊行さる



女子栄養大学香川晶三・綾記念展示室が2019年12月、『「栄養と料理カード」でたどるレシピの変遷』という冊子を発行しました。

同展示室は、埼玉県坂戸市にある女子栄養大学のなかに置かれている部屋。同大学を運営する香川栄養学園の創始者である香川昇三と妻の綾についての資料を紹介しています。

同大学の出版部は、『栄養と料理』という月刊誌を1935(昭和10)年より出版しています。そして、創刊2号目から付録としてつくようになったのが「栄養と料理カード」。葉書よりひとまわり小さいカードに、毎回「卵焼き」「グラタン」「コロッケ」などのつくり方が記されています。特徴は、「健康に配慮したおいしい料理」がつくれるようにしていること。

この冊子を編集した三保谷智子さんは、同展示室の学芸員。1977年に女子栄養大学大学雑誌編集課に入り、『栄養と料理』の編集に30余年、携わり、うち10年間は編集長もつとめています。JBpress「食の研究所」でも「『栄養と料理カード』でたどる昭和レシピ」という連載を続けています。

冊子では、2ページごとに「アジのから揚げ」「カツレツ」「カレーライス」などの料理のつくり方を、実際の「栄養と料理カード」の内容を示しながら伝えていきます。掲載されている料理は29種類。

さらに別ページでは、時代ごとに「栄養と料理カード」の変遷も辿っていきます。1945(昭和20)年1月号から同年いっぱいまでは戦争の影響により同誌が休刊となり、「栄養と料理カード」の復活は1948(昭和23)年11月号から。その後、 1960(昭和35)年にはカラー化するなど、このカードの歩みを追っていけます。

三保谷さんは「栄養と料理カード」について「『栄養と料理』に掲載することで後世の人がアーカイブをひも解き、『栄養と料理』の歴史的価値にも気づいてくださることを期待しております」と述べています。

この冊子は、同展示室で2017年3月から2018年3月までおこなわれていた同名のの企画展示の内容を集成したものという位置づけになっているようです。

「女子栄養大学香川晶三・綾記念展示室」のサイトはこちらです。
https://www.eiyo.ac.jp/fuzoku/tenjisitu/top_tenjisitu.html

| - | 01:48 | comments(0) | -
2020年は「国際植物防疫年」…とされるけれど……


写真作者:gbsngrhm

国際連合総会はその年をとおして各国が共通の課題にとりくむため、1957年より「国際年」を定めています。

農林水産省は、2020年は「国際植物防疫年」であると伝えています。「防疫」とは、感染症が国内に入ってくることや、国内で流行ることを防ぐための処置のことをさします。

農林水産省は、国連食糧農業機関の情報として、世界の食料の80パーセント以上が植物由来であり、また、植物を害する虫による被害で世界の食料生産の20パーセントから40パーセントが損なわれていると伝えています。

世界の国ぐには、食料をもたらす植物を防疫することの大切さを前々から認識しており、1951年には、国連食糧農業機関の総会で「国際植物防疫条約」が採択されました。翌1952年に発効しています。この条約は、有害動植物の「危険にさらされている地域への有害動植物の侵入の防止における国際協力の必要性」などから結ばれたもので、締約国は有害となる動物や植物が入ってきたり流行ったりすることを防ぐための法令や公的手続きを求めることができることなどが定められています。おたがいに、自分の国に害を被るようなことについて防ぐことを認めあいましょうといったところでしょう。

ただし、2020年のこの国際年について、やや国連と日本政府では伝えかたのちがいも見られます。

国連食糧農業機関は、この国際年を“International Year of Plant Health 2020”と表現しています。“Plant Health”は直訳すると「植物の健康」。しかし、日本政府は「国際植物健康年」でなく「国際植物防疫年」と表現しています。おそらく、同機関の“Plant Health”に対するつぎの定義から「植物健康」でなく「植物防疫」としたのでしょう。

「(Plant Healthの定義)貿易のような人の相互作用を通じて、微生物が新たな地域へ広がることを引きおこす害虫、雑草、病気を制御し、防御するためのさまざまな対策を用いる規則と通常は考えられる」

「国際植物防疫年」のほうが「国際植物健康年」より具体的ではあります。しかし、日本の一般の人たちには「防疫」ということばはあまり知られていないため、「国際植物防疫年」は「国際植物健康年」よりも、わかりづらさやとっつきにくさもあります。

「植物防疫」と「植物健康」のどちらを使うにしても、この国際年がどのようなものであるかを「国際植物防疫年とはこれこれこういったものです」のような表現で人びとは知りたいもの。しかし、その説明は見あたりません。

では、人びとがこの国際年にできることはどんなことか。農林水産省はサイトで「自分でできることは?」という見出しと説明を掲げています。

しかるに、その説明は「植物の病害虫の侵入・まん延を防ぐため、植物を持ち込み・持ち出しする場合には規制があります」といったもの。「自分でできること」でなく、「規制があること」が書かれています。

せめて「……規制があります。この規制をきちんと守ることが、植物の健康を保つことにつながります」のように「自分にできること」のかたちで伝えるほうが、人びとの参加意識を高められそうです。

参考資料
農林水産省「国際植物防疫年2020(International Year of Plant Health 2020:IYPH2020)」
https://www.maff.go.jp/j/syouan/syokubo/keneki/iyph/iyph.html
国連食糧農業機関 “INTERNATIONAL YEAR OF PLANT HEALTH 2020 MY STORY”(英文)
http://www.fao.org/3/ca5426en/ca5426en.pdf
植物防疫所「国際植物防疫条約(和文) 」
https://www.maff.go.jp/pps/j/law/houki/joyaku/joyaku_1_html_1.html

| - | 17:08 | comments(0) | -
50年後の2020年「台風も核爆弾で撃退」はまだ実現せず

写真作者:TAKA@P.P.R.S

未来予想図は、いつの未来を描いたものであっても、その描かれている時代がきたときの現実とのちがいに興味がわくものです。

三菱銀行(いまの三菱東京UFJ銀行)は、1970(昭和45)年に大阪で開かれた日本万国博覧会に向け「君をタイムマシーンで紀元2020年の日本へ!  万国博へ行ったら三菱未来館をぜひ見よう」という広告を出稿しました。三菱未来館は「動く歩道」に乗りながら、50年後の日本を見られるという趣向でつくられたもの。

ここには、三菱未来館で見ることのできる、2020年の日本の未来が八つ描かれています。いくつかを現実の2020年の技術と照らしあわせてみると……。

「爆発する火山、大洪水、自然のおそろしさを大迫力で再現!」。この説明とともに、館を訪れた人びとが、再現された火山を目の当たりにしている絵が描かれています。現実に2020年では、3次元空間に忠実に火山を再現することは実現していません。でも、そのかわりに、人間は「仮想現実」の技術を開発し、眼鏡をつければすくなくとも視覚的には似たような体験をできるようになりました。

「いちばん進歩する陸上のすまい。電子装置と草花にかこまれた生活」。この説明にともなう絵は、エレベータのような装置と、花壇のようなところに生えるみどり。遠くには自然の野山も見られます。これは、現実の2020年でいうと建てもの内に設けた中庭風の広場のようなものといえるでしょう。実現されているとしてよいのではないでしょうか。

いっぽうで、現実の2020年にはまだ達成されていない未来予想図もあります。

「台風も核爆弾で撃退。人類は完全に空を支配した」。台風に向かって「核爆弾」を積んでいると思しきロケットが向かっている絵が描かれています。台風など空の気象を人間は完全に支配するどころか、年を追うごとに台風などには翻弄されるようになってきています。

この未来予想がされた背景として、1970年代なかごろ、台風を人工的に制御する技術が計画されていたといったことがあるのかもしれません。さらにさかのぼること、1946年には「原子爆弾による台風制御の可能性に関する予備的報告」と言う論文が書かれたいう話もあります。しかし、こうした研究に懸念の声が上がるなどしたようで、このときは頓挫したもよう。21世紀に入っても天気制御の研究はおこなわれてはいますが。

「開発すすむ海底都市。海は人類の第2のふるさとになるだろう」。魚の泳ぐ海底に、人びとの居住空間が描かれています。海底居住空間としては、米国航空宇宙局(NASA:National Aeronautics and Space Administration)が宇宙飛行士の訓練用につくった「アクエリアス」が、閉鎖された居住空間で生活することの訓練に運用されるなどしています。とはいえ、「海底都市」とはほどとおい状況です。

しかし、構想や技術が廃れたわけではありません。清水建設が、「オーシャンスパイラル」とよぶ深海未来都市構想」を掲げるなどしています。

このほかに、三菱未来館で体験できるとして描かれている2020年の日本は「天候をコントロールする宇宙ステーション」「海底の宝庫を求めて基地をでる探索船」「高くそびえるビル、発達した交通網」「君の手で装置が動く大リクリエーションルーム」。

人間がおこなっている暮らしを延長したような技術は、現実の2020年には達成されている向きがあります。いっぽう、人間がいるところから遠いところで起きることを制御するような技術は達成されていない向きがあります。

もちろん、未来を予想して当てることだけでなく、未来を人びとに示すことに重きが置かれていたのでしょう。広告の惹句にあるような「科学技術で陸・海・空を支配する」ことが、日本でもよしとされていた50年前における、50年後の未来の姿です。

参考資料
新米先達 mayan 2019年12月20日「あと10日でなんとかするのか」
https://twitter.com/mayan1969/status/1208267904325541888
饒村曜 2017年8月20日付「台風制御計画が最初に成功したのは昭和44年、その後は進展なし」
https://news.yahoo.co.jp/byline/nyomurayo/20170820-00074704/
日経サイエンス 2004年11月号「台風をあやつる 夢ではない天気の制御」
http://www.nikkei-science.com/page/magazine/0411/typhoon.html
ウィキペディア「海中居住施設」
https://ja.wikipedia.org/wiki/海中居住施設
清水建設「深海未来都市構想 OCIAN SPIIRAL」
https://www.shimz.co.jp/topics/dream/content01
| - | 12:52 | comments(0) | -
2019年の科学がらみの「失敗」、中心地は南米、世界、米国、米国



米国科学振興協会(AAAS:American Association for the Advancement of Science)発行の『サイエンス』における「2019年の科学における画期的成果」(2019 Breakthrough of the Year)をこのブログで見ています。おととい12月29日付の記事では「第1位」を、きのう30日付の記事では九つの「次点」を紹介しました。

『サイエンス』は同時に「失敗」も発表しています。昨2018年「失敗」は三つでしたが、2019年は四つに増えています。

「アマゾンの炎上」。2019年、南米のアマゾン川流域の森林で火災が生じ、広域を焼きつくしました。記事では、今年ブラジルで大統領に就任したジャイール・ボルソナーロ氏の政策に対して「炎上をあおったとして多くの非難が上がっている」と伝えています。

「はしかの再流行」。『サイエンス』を発行している米国では、2019年もはしかの流行が続き、世界的にも患者が急増しています。同誌は、飢餓、強制移住、衝突、そして米欧ではワクチンに関する誤情報などがウイルスの再流行をもたらしていると指摘。世界保健機関によると、2019年11月5日の時点で、世界全体では、すでに2018年の1.25倍にあたるはしかの事例の報告を受けているといいます。

「鳥の数が減っている」。北米の鳥の数は、1970年のときより3割ほど減ってしまったとする調査結果が出ました。数の減っている鳥には、スズメやカラスといった、人になじみのあるものも含まれているといいます。記事では、1900年代、北米大陸からあっという間に姿を消してしまったリョコウバトがたどったのとおなじ道を多くの鳥たちが辿っていると警鐘を鳴らしています。

「ジ・イレブンス・アワーの気候が起きているのでは」。見だしにある「ジ・イレブンス・アワー」とは、米国の映画俳優レオナルド・ディカプリオが2017年につくった地球環境を主題とする映画の題。映画では、さまざまな異常気象とその影響を視覚的に示しています。米国では、多くの世論調査で、「気候変動は本当であると信じている」「人間が寄与している」「政府と産業は手を打つべきである」といったことが示されているにもかかわらず、トランプ政権は2019年、重要な気候変動のしくみから撤退したと、記事では批判しています。

これら四つの「失敗」の多くは、米国からの視点によるもの。「科学がかかわる問題には、より世界的な視点が必要」と考えることもできるでしょうし、米国が抱える問題が、広く世界に影響を及ぼしている」とかんがえることもできるでしょう。

2018年よりも、ひとつ増えた2019の「失敗」。2020年は、何個になっているでしょうか。

『サイエンス』2019年の科学における「失敗」を伝える記事はこちらです(英文)。
https://vis.sciencemag.org/breakthrough2019/finalists/#Amazon-ablaze

| - | 12:00 | comments(0) | -
2019年の科学の画期的成果、次点に「天体」「微生物」の成果多く


米国科学振興協会(AAAS:American Association for the Advancement of Science)は、発行する雑誌『サイエンス』で、「2019年の科学における画期的成果」(2019 Breakthrough of the Year)を12月19日(木)に発表しました。

このブログではきのう12月29日付で、第1位の成果「ブラックホールの可視化」について紹介しました。

この第1位のほかに、「次点」が九つ選ばれています。

「デニソワ人との対面」。デニソワ人は、チベット高原の洞窟でおよそ40年前に発見されたヒト属の化石人類。ネアンデルタール人が生きていた5万年前ごろに、デニソワ人も生きていたとされます。中国と欧州の研究者たちが、デニソワ人ではないかとされていた化石の骨のコラーゲンを抽出し、デニソワ人が強健なあごや大きな臼歯などの特徴をもっていることを推定しました。さらにべつの研究チームが9月、デニソワ人の少女の顔を視覚化し、発表しました。

「量子超越性の達成」。2019年10月、グーグルの研究者たちが、従来のコンピュータでは不可能だった計算を量子コンピュータを使っておこなうことができたことを明らかにしました。これは、従来のコンピュータの性能を量子コンピュータが上まわる「量子の超越性」が達成されたととることもできます。しかし、IBMの研究者などからは、この発表に「本当に達成したのだろうか」といった疑問の声も出ています。

「細菌が栄養失調を討つ」。2019年、国際研究チームは安価でかんたんに得ることのできる栄養補助食品を開発しました。利益をもたらす腸内細菌を優先的に活性化させる方法を利用したものです。世界で生じている飢餓などを解決する方法として期待されています。

「致命的な衝撃とその余波」。メキシコのユカタン半島に落ち、恐竜の絶滅をもたらしたとされる隕石の衝撃ぶりが詳らかになりました。2019年、世界中の地層から得られた有孔虫を分析したところ、隕石が衝突したあと海で急激な酸性化が起き、海底の有機物質の量が半減したことが判明。これにより、以後100万年にわたり海の生命は抑制されたままの状態が続いたとみられます。

「遠隔なる物体の接近」。米国航空宇宙局(NASA:National Aeronautics and Space Administration)の探査機「ニューホライズン」が2019年1月、地球からおよそ6億6000万キロの距離にある「2014MU69」という小惑星に36キロメートルの距離まで近づき、撮影に成功しました。この6億6000万キロという距離は、人類が直接探査した天体としてはもっとも地球から遠いもの。

「“失われた環”の細菌、現る」。海洋研究開発機構の井町寛之さんをはじめとする日本の研究チームが2019年、ヒトをふくむ「真核生物」の祖先にあたると見られる「古細菌」とよばれる微生物の培養と、ゲノムの配列の確認に成功しました。真核生物は、古細菌とよばれるべつの分類から進化したという説があるものの、真核生物の祖先に近い古細菌を培養し、分析した例はいままでありませんでした。

「史上初、ほとんどの嚢胞性線維症に対する薬治療」。嚢胞性線維症は遺伝子疾患のひとつ。副鼻腔の痛みや肺炎などの症状をきたします。2019年10月、米国食品医薬品局はこの病気に対する治療薬「トリカフタ」(Trikafta)を承認したことを発表しました。この薬により、患者の9割で、この病気を進行性から、制御可能なものに変えることができるとされます。

「エボラ患者への希望、ついに」。2019年、科学者たちはエボラ出血熱による死亡率を抑える、2種類の薬を特定しました。どちらも、エボラウイルスの増殖を抑えこむ「抗体」にあたるもので、ひとつは、1996年のエボラ熱大流行のときの生存者から得られたもの。もうひとつは、ヒトの免疫系を再現したマウスから得られた三つの抗体をくみあわせたものです。

「人工知能が複数人参加型ポーカーを修得」。2019年、人工知能がポーカーの一種である「無制限テキサスホールデム」で、世界最優秀の選手たちに勝利しました。ゲームの状況について不完全な情報しか得られないまま進む、複数人参加型のゲームにおいて勝利したことに、大きな成果があるといいます。

第1位の「ブラックホールの可視化」をふくめ、2019年は天文分野での成果が多くあがりました。また、細菌などの微生物に対し、さまざまな研究の視線が注がれていることもわかります。

『サイエンス』2019年の科学における画期的成果「次点」を伝える記事はこちらです(英文)。
https://vis.sciencemag.org/breakthrough2019/finalists/#face-face

なお、『サイエンス』は、2019年の科学における「失敗」も四つ、掲げています。あす12月31日(火)に紹介します。

参考資料
AstroArts 2019年1月4日付「ニューホライズンズ、65億km彼方のウルティマ・トゥーレをフライバイ探査」
https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10407_2014mu69
毎日新聞 2019年12月20日付「真核生物の『祖先』培養成功 サイエンス誌が『今年の10大成果』に選出」
https://mainichi.jp/articles/20191219/k00/00m/040/277000c
ウィキペディア「嚢胞性線維症」
https://ja.wikipedia.org/wiki/嚢胞性線維症
薬事日報 2019年11月13日付「FDAが嚢胞性線維症治療薬Trikaftaを承認」
https://www.yakuji.co.jp/entry75613.html
| - | 14:51 | comments(0) | -
2019年の科学の画期的成果、第1位は「ブラックホールの可視化」



米国科学振興協会(AAAS:American Association for the Advancement of Science)は2019年12月19日(木)「2019年の科学における画期的成果」(2019 Breakthrough of the Year)を同協会が発行する科学雑誌『サイエンス』などで発表しました。

例年、『サイエンス』では、第1位の成果を一つと、次点の成果を九つ、挙げています。また近年は、その年の「失敗」もいくつか挙げています。

同誌が2019年の第1位としたのは「暗黒の視覚化」。天文学者たちからなる国際研究チームが、初めてブラックホールの画像を捉えたというものです。

ブラックホールは、物質はもちろん光さえ外部に脱出できないような強い重力場をもつ天体のこと。ブラックホールの存在は、理論的には1910年代にはすでに議論されていました。アインシュタインの一般相対性理論に出てくるアインシュタイン方程式を応用させたものです。

いっぽう、実際にブラックホールの姿を画像として捉えることはありませんでした。ただし、20年ほど前から、何人かの天文学者たちは、巨大ブラックホールの端の近くにある高温渦状ガスや、事象の地平面とよばれる境界面が、ブラックホールを可視化するのではないかと考えるようになりました。

「ブラックホールを可視化する」とはどういうことか。ブラックホールに近づいた光のうち、ブラックホールにあまりに近い光は、ブラックホールに吸い込まれてしまいます。しかし、さほど近くない光は、ブラックホールに吸い込まれないまでも、光の方向をねじ曲げられてしまいます。これを地球から見た場合、ブラックホールの部分は影となり、そのまわりにのみ光があるように見えることになるはずです。この姿を「ブラックホールの影」とよびます。

「ブラックホールの影」を捉えることを実現させたのは、天体観測の技術の進歩です。離れたアンテナで観測したデータを統合させることで像を得る「超長基線電波干渉法」(VLBI:Very Long Baseline Interferometry)とよばれる方法が発展していきました。これは、人のからだでいえば、とても強力な視力を得られるようなものです。

そして2017年4月、「事象の地平線望遠鏡」とよばれる国際事業のもと、世界の天体望遠鏡が協力して、おとめ座にある楕円銀河M87の中心にあるブラックホールのデータを観測しました。そして、得られたデータを蓄積していき、高性能スーパーコンピュータで処理することにより、ブラックホールの影を画像化。2019年4月に、同事業の研究チームは、ブラックホールの影を捉えたことを、その画像とともに発表したのでした。

『サイエンス』の記事は、研究に参画したオランダの研究者がブラックホールを初見したときに抱いた「地獄の出入口を見ているようなもの」という感じかたを伝えるとともに、べつの研究者のつぎのことばで締めくくっています。

「(今年の大成功は)この研究事業における始まりであって、絶頂点の成果なのではない」

『サイエンス』2019年の科学における画期的成果の第1位を伝える記事「暗黒の視覚化」はこちらです(英語)。
https://vis.sciencemag.org/breakthrough2019/finalists/#Darkness-made-visible

あす30日(月)は、次点の九選の成果を伝える予定です。

参考資料
国立天文台 2019年4月10日発表「史上初、ブラックホールの撮影に成功 地球サイズの電波望遠鏡で、楕円銀河M87に潜む巨大ブラックホールに迫る」
https://www.nao.ac.jp/news/science/2019/20190410-eht.html

| - | 23:59 | comments(0) | -
「多」のかたちは「タ」の2倍、読みは「タ」の1倍


日本語の漢字を学んだり興味深く思ったりしている人にとって、「多」は不思議かつ魅力的に映るのではないでしょうか。

「多」は「夕」をふたつ合わせることでつくられた会意文字です。「多」を分解したときの「夕」はなにを示しているかというと、「切った肉」あるいは「半月」なのだそう。

たしかに「肉」がたくさんあるというのは「多い」ことを示すのに似あっています。いっぽうで「夕方」などの「夕」は確かに「半月」を示す象形文字ですが、それが二つ並ぶというのは理解しづらいもの。「切った肉」のほうが有力ではないでしょうか。

「多」を、カタカナの「タ」がふたつ並んだものと捉えることもできます。「タ」は文字どおり「タ」と読みます。いっぽう、「タ」をふたつ並べて「多」にしても「タタ」とは読まず「タ」と読みます。字のかたちとしては「多」は「タ」の2倍でありながら、字の読みとしては「多」は「タ」の1倍となるわけです。

しかし、「多」を用いて「タタ」と読む術はあります。「多」をくり返して「多多」あるいは「多々」と書けばよいのです。

「多多」だと、なにかがとても多そうな感じがしてくるでしょうか。実際「タ」が四つも並んでいます。けれども「多多」あるいは「多々」の意味は「数多くあるさま」なので「多い」とおなじ。「多」をくり返しても「とっても多い」とか「二倍多い」といった意味にはならないわけです。辞書によっては「数がきわめて多いさま」のように「多」が強調されている意味をもっているとするものもありますが。

「多」や「夕」や「タ」を多々書いて、ゲシュタルト崩壊が生じてまいりました。このあたりにします。orz。

参考資料
漢字/漢和/語源辞典「多」
https://okjiten.jp/kanji156.html
漢字/漢和/語源辞典「夕」
https://okjiten.jp/kanji154.html
大辞林第三版「多多」
https://kotobank.jp/word/多多-560635
デジタル大辞泉「多多」
https://kotobank.jp/word/多多-560635
| - | 23:57 | comments(0) | -
「スーパー」につぐ「ハイパー」で陽子崩壊の検出めざす―sci-tech世界地図(11)

これまでの「sci-tech世界地図」はこちら。

岐阜県飛騨市の神岡鉱山があった地下には、物理現象を観測するための「スーパーカミオカンデ」という装置があります。1996年から稼働しているもので、先代で1983年に完成した「カミオカンデ」から役割をひきついでいます。

カミオカンデもスーパーカミオカンデも、観測する対象はおなじ。「チェレンコフ光」とよばれる光を検出することにあります。チェレンコフ光は、電荷をもつ粒子が水などの透明な媒質のなかを、その媒質における光の速さよりも速く走ったときに現れる光のことをいいます。


チェレンコフ光
写真作者:米国原子力規制員会

チェレンコフ光が生じる物理現象はさまざまあります。たとえば、素粒子のひとつで、レプトンとよばれるグループに属する「電子ニュートリノ」は、ごくまれに水の原子核や電子とぶつかることがあり、このとき電子を放ちます。電子は電荷をもっている粒子であり、放たれた電子は水における光の速さよりも速く走るためチェレンコフ光が生じます。おなじように「ミューニュートリノ」とよばれる素粒子も、水の原子核とぶつかるとミュー粒子が放たれ、これによりチェレンコフ光が生じます。

物理学者の小柴昌俊(1926-)は、これらニュートリノ、しかも太陽系外で生じたものを先代カミオカンデで1987年に検出しました。これにより、2002年にノーベル物理学賞が贈られています。

つまり、スーパーカミオカンデの役割のひとつは、「電子ニュートリノを検出する」ことです。けれどもそれだけではありません。

カミオカンデでもスーパーカミオカンデでもまだ検出されていないチェレンコフ光に、「陽子崩壊によるもの」があります。

「陽子」も素粒子のひとつで、クォークというグループに属します。陽子は中性子とともに原子核を構成しており、この原子核のまわりに電子があります。この陽子、中性子、電子で原子となるわけですから、陽子は物質をなりたたせるごくごく基本的な素粒子であるといえます。

この陽子は、長いこと「壊れることはない」と考えられてきました。陽子はとても安定した性質をもっているため、寿命は無限大、つまり壊れないと考えられてきたのです。

しかし、そのいっぽうで、べつの物理学の理論が「陽子は壊れるもの」という考えかたを導きました。素粒子に作用する力のうち「電磁気力」「弱い力」「強い力」を統一的に記述できるはずだとする「大統一理論」です。1974年、米国の物理学者ハワード・ジョージ(1947-)とおなじく米国の物理学者ジョージ・グラショー(1932-)が提唱したものです。

この大統一理論は、まだ未完成ながら、つぎのことは理論的に導かれます。

「大統一理論が事実であれば、陽子はほかのより軽い素粒子へと壊れるはず」

物理学の発見は、「理論を突きつめていくと、こういう現象が起きなければならない」といった具合に導かれることが多くあります。陽子の崩壊もこのひとつといえます。とはいえ、まだ大統一理論が完成しているわけではありませんが。

では、陽子はどのように壊れるのか。考えられている有力なものとして、「陽子が陽電子とパイ0中間子になる」というものがあります。そして、もし、この壊れかたが起きたときは、陽電子からチェレンコフ光が生じ、また、パイ0中間子もすぐふたつの光子という素粒子に壊れ、そのふたつの光子からチェレンコフ光が生じると考えられています。つまり、この陽子崩壊により、三つのチェレンコフ光が観測されることになります。

チェレンコフ光を検出するための装置であるスーパーカミオカンデで、この三つのチェレンコフ光を検出できれば、「陽子が壊れる」ことを観察により証明することができるわけです。それは、大統一理論の完成を後おしする大きな材料にもなります。

しかし、先代のカミオカンデの時代をふくめると1983年から2019年まで、陽子が壊れる現象は一度も検出されていません。はじめ、陽子の寿命は1000穣年、つまり10の31乗年ぐらいだろうと考えられていましたが、「検出されないことがつづく」という研究成果により、陽子の寿命はすくなくとも100溝年、つまり10の34乗年ぐらいはあるだろうということになりました。

30余年以上も、水素の崩壊が検出されなかったということは、これからも「三つのチェレンコフ光」は検出されないのでしょうか。なんともいえません。しかし、光は見えようとしているのかもしれません。

2020年代後半、スーパーカミオカンデの後継装置として「ハイパーカミオカンデ」が稼働することが予定されています。スーパーカミオカンデの10倍の体積があるチェレンコフ光検出装置であり、稼働すると「現在のスーパーカミオカンデの結果をたった2年で追い越す」(ハイパーカミオカンデのサイト)ことになります。「ハイパー」の投入で、いよいよ陽子が壊れるところを観測することができるのではないかと期待がかかっています。

「3世代のカミオカンデ」は、世界地図のこちらにあります。

参考資料
百科事典マイペディア「チェレンコフ効果」
https://kotobank.jp/word/チェレンコフ効果-565168
岩波書店「ニュートリノの夢」
https://www.iwanami.co.jp/book/b223687.html
ハイパーカミオカンデ「実験原理」
http://www.hyper-k.org/cherenkov.html
デジタル大辞泉「大統一理論」
https://kotobank.jp/word/大統一理論-155949
スーパーカミオカンデ「研究目的 陽子崩壊」
http://www-sk.icrr.u-tokyo.ac.jp/doc/sk/sk/pdecay.html
ハイパーカミオカンデ「陽子崩壊探索」
http://www.hyper-k.org/physics/phys-protondecay.html

| - | 02:45 | comments(0) | -
画像データがいくつもの層を通った結果「これはネコ」

写真作者:David Woo

コンピュータによる「学習」のしかたのひとつに「深層学習」があります。人間の脳のしくみを模した神経回路網を多層にすることで、コンピュータがデータにふくまれている特徴を捉え、正確で効率的な判断をすることをさします。表層から深層までたどるように、コンピュータが複数の層をたどっていくため「深層学習」とよばれます。

深層学習をするコンピュータは、画像データを扱うのが得意とされます。いくつもの画像データについて、「これはネコの顔としての特徴がこのくらいある」「これは特徴がこのくらいある」といった具合に、特徴量を求めて、「これはネコの顔である」と判断するような作業が得意なわけです。

これは、むしろ人間のほうが対象の画像データについて「特徴を量で決める」ということが苦手であるからともいえます。もちろん、人間はネコの顔の写真を見て「これはネコだ」と直感的にわかるわけですが、「ネコの顔の特徴の量がこれだけある」といった数値にすることは苦手です。いっぽうコンピュータは、人間が定めづらい特徴を定めることができます。

コンピュータが画像データを扱うかたちでの深層学習では、「畳みこみ神経回路網」とよばれる神経回路網を用意します。

「深層」学習ですので、画像データに対して特徴の量を定めるための段階は層状になっているわけですが、そのひとつの層に注目するとどうでしょう。さらにそのひとつの層には異なる役割をもったいくつかの層があります。

まず、「畳みこみ層」。これは、画像の濃淡のパタンを検出する役割をもつ層です。「畳みこみ」は、数学における積分の方法のひとつで、関数gを平行移動しながら関数fに重ね足しあわせる演算をさします。

つぎに「活性化層」。畳みこみ層によって抽出された「特徴」のデータを、より特徴づける役割をもつ層です。より特徴づけるために「活性化関数」とよばれる数学の関数が使われます。この活性化関数にはいくつもの種類がありますが、たとえば、ある閾値を超えた部分だけを意味ある情報とする「ランプ関数」などがよく使われます。

つぎに「プーリング層」。物体の位置が変動してもおなじ物体であるとみなす役割をもつ層です。これで、位置のずれを処理することができます。

ここまでの「畳みこみ層」「活性化層」「プーリング層」の3要素をひとつの層として、1層目、2層目、3層目……と、深層へ進んでいきます。

そしてその先に「全結合層」があります。畳みこみ層とプーリング層によって抽出された「特徴」のデータを結合します。

そして最後に「出力層」。全結合層のデータを確率に変換し、特徴の量にもとづいた分類をおこないます。このとき、「正規化指数関数」とよばれる関数が使われます。

こうして、画像データを入力し、分類結果を出力とする深層学習の作業がおこなわれていきます。なお、研究によっては、これらの層の順番は前後することもあります。

参考資料
Imacel Academy 2017年3月3日付「Deep learningで画像認識 畳み込みニューラルネットワークの構成」
https://lp-tech.net/articles/LVB9R
MarkeZine編集部『MarkeZine マーケティング最前線2017』
https://www.amazon.co.jp/dp/B01N355ZLB/
ウィキペディア「畳み込み」
https://ja.wikipedia.org/wiki/畳み込み
あぱーブログ「活性化関数がディープラーニングに必要な理由」
https://blog.apar.jp/deep-learning/12216/
| - | 19:44 | comments(0) | -
「横浜中華街 北京飯店」の牛ヒレ肉の中華カレーライス――カレーまみれのアネクドート(129)

これまでの「カレーまみれのアネクドート」はこちら。



きのう(2019年)12月24日付の「カレーまみれ」でとりあげた「保昌」とともに、「横浜中華街のカレー」の名を轟かせる店が山下町にある「横浜中華街 北京飯店」です。元町・中華街駅から朝陽門を入ってすぐのところにあります。

店の案内によると「1995年の創業当時から北京の伝統の味を皆様へお届けしてまいりました。お子様からお年寄りまでご安心してお召し上がり頂ける手作りの北京料理を是非ご堪能ください」。老舗であることを謳っています。

カレーの献立は「牛ヒレ肉の中華カレーライス」と「鶏肉の中華カレーライス」。
写真は「中ヒレ肉」のほう。頬ばれるほどの大きい牛ヒレ肉がごろごろと入っています。そして、玉ねぎは櫛形ぎりで牛ヒレ肉と大きさを揃えているようでもあります。

中華料理屋のカレーであることを思わせるのが、片栗粉をふんだんに使ってとろみを出しているソースです。このソースが牛ヒレ肉と玉ねぎを包みこんでいます。ソースと具がからまるとはまさにこのこと。

そしてこのソースとライスを蓮華ですくって食べます。このカレーは基本は中華料理なのだということを感じることでしょう。

中華街で食べるものといえば中華料理。でも、カレーを食べても「中華街で食べること」の意味を見いだすことができます。

「横浜中華街 北京飯店」のホームページはこちらです。
http://www.pekinghanten.com
「横浜中華街 北京飯店」の食べログ情報はこちらです。
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140105/14000679/

| - | 22:52 | comments(0) | -
「保昌」の牛バラ肉カレーご飯――カレーまみれのアネクドート(128)
これまでの「カレーまみれのアネクドート」はこちら。



横浜中華街で店が出すものといえば、当然ながらいわゆる中華料理。近年では、1000円未満で食べられるランチや、食べ放題の料理を出す店も増えました。

そんな中華街でも「カレー」を食べることができます。横浜中華街では、数店ほどが、さまざまな料理のひとつとしてカレーを出しています。

中華街大通りから関帝廟通りにかけてはいくつもの小路がありますが、そのひとつ「香港路」沿いには「保昌」(ほしょう)という店があります。醤油味フカヒレスープや大海老のチリソースといった中華料理が献立に載るなか、ひときわ異彩を放つのが「牛バラ肉カレーご飯」。名前のとおり、牛のバラ肉がおもな具となっています。

カレーソースは小麦粉または片栗粉でとろとろにしてあります。辛さはそれほどではありません。

具でもうひとつ特徴的なのは細長く切った玉ねぎです。剥いたときの厚みとおなじくらいの幅で切った細長い玉ねぎがソースにまみれています。

ともについてくるスープはもちろん、中華料理で供される卵とわかめのスープ。

中華料理は、あらゆる具材を厨房にて切りきざんでしまう料理とされます。中国の人びとは食に効率性や実利性を求め、「刀」とよばれる万能包丁でなんでも切ってしまう料理の文化を築きました。食卓で食べる人がナイフを手に切ることがないわけです。この「牛バラ肉カレーご飯」も中華料理に忠実につくられたものといえるでしょう。といっても、カレーの具材をナイフで切ることはそんなにありませんが……。

「保昌」の食べログ情報はこちらです。
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140105/14000147/
| - | 18:08 | comments(0) | -
木造かどうかの見分け方「三角屋根」くらい

写真作者:m-louis .®

日本の住宅は、おもに3種類の構造でつくられているとされます。

ひとつは「鉄骨造」とよばれるもの。建てものの骨組みとなる部分に、棒状や管状の鋼材を使ったもの。

もうひとつは「鉄筋コンクリート造」とよばれるもの。鉄骨とコンクリートを一体化させたようなつくりのもの。耐震性や耐火性に優れているとされます。

そしてもうひとつが「木造」です。これは、骨組みや柱などに木材を使ったもの。ほかの構造よりも安価で、また自由な間どりにしやすいといった利点がいわれます。また、鉄骨造や鉄筋コンクリート造よりも、吸水性や通気性があるため、日本の気候には適しているとされます。

いっぽうで、耐震性や耐火性は高くなく、地震や火事が生じたとき燃えうつりや燃えひろがりの危険があることがいわれています。

家を建てたという人であれば、自分の家がどの構造によるものかを理解しているかもしれません。しかし集合住宅に入居した人などは、自分がどの構造の住宅に住んでいるかさえ知らない場合もあるのではないでしょうか。

ひとつだけいわれているのは、2階だてで三角の屋根の家は、ほとんどの率で木造であるということ。しかし、見わけられる外観の情報といえばこのくらい。きになる人は、大家さんや不動産屋さんに聞いてみるのが確実です。

総務省統計局が2019年4月に発表した「住宅・土地統計調査」によると、全国の住宅全般において、木造の占める率は、2018年において56.9パーセント。10年前の2008年が58.9パーセント、20年前の1998年が64.4パーセントでしたので、着実に「非木造化」が進んでいることになります。

しかし、一戸建てでの木造率は92.5パーセントと極めて高いものがあります。逆に共同住宅の木造率は12.5パーセントととても低いもの。対照的です。

参考資料
不動産投資の図書館「家の構造で木造と鉄骨はどう違う?見分け方はあるの?」
http://fudousantoushi-toshokan.jp/ftt0000219-post/
総務省統計局 2019年4月26日発表「平成30年住宅・土地統計調査 住宅数概数集計 結果の概要」
https://www.stat.go.jp/data/jyutaku/2018/pdf/g_gaiyou.pdf
| - | 18:04 | comments(0) | -
北極圏「種子貯蔵庫」の近くに「寿司屋」


ノルウェイ領のスヴァールバル島には、ロングイェールビュエンという人口2000人ほどの街があります。北緯78度13分に位置し、おなじ緯度にはグリーンランドの北側の地があります。

この街の郊外には「スヴァールバル世界種子貯蔵庫」という、種子を後世にわたり保存するための地下貯蔵庫があります。2014年には、日本で初めて、この貯蔵庫に岡山大学からオオムギの種子が保存されてもいます。

さて、小さなロングイェールビュエンの街にはなぜか寿司屋があります。店の名前は「ヌガ」(NUGA)。スヴァールバル・ホテル・ザ・ヴォルトという宿泊施設のなかに構えているようです。

同店のフェイスブックには、「ヌガは、伝統的な日本料理を北極風に提供する現代のレストラン。寿司、ラーメン、天ぷらなどなど、手軽な価格で価値ある料理を揃えています」といった案内が英文で書かれています。

メニューはというと、サーモン、ツナ、いなり、玉子、わかめ、エビの寿司6かんと、エビの天ぷらやサーモン巻き8点からなる「サクラセット」や、より種の多い「北極セット」さらに「サムライセット」などが見られます。餃子は豚肉入りとマッシュルーム入りのものがあるもよう。また、ラーメンには鶏肉入り、豚肉入り、野菜ラーメンがあります。

写真では、外側に海苔を巻かない寿司や、濃いめのソースがまぶされた寿司なども見られますが、どれも食欲をそそります。

ここの店を訪れた日本人客は、「トリップアドバイザー」のサイトに、「日本人の口にも合う美味しい日本食レストラン! 日本人がよく食べている日本食とは少し異なるが、お寿司も餃子も大満足の味! お店はこじんまりして居心地がよく、スタッフはとてと親切なので、最高のディナーになった!」と感想を届けています。

じつは、このロングイェールビュエンには、かつて「スシキタ」(Sushi KITA)というべつの寿司屋があったことも知られています。しかし、グーグルの世界地図には「閉鎖」の2文字が。2017年10月に閉店したとの情報があります。

いっぽう「ヌガ」は2018年11月に開業したとのこと。およそ1年ほどの時間をおいて、北極圏の小さな街に「寿司」が戻ってきたことになります。

なお、「スシキタ」のあった場所は、「ヌガ」よりも距離にして20メートルほど北にあります。かつて「スシキタ」に「世界最北の寿司屋」の称号があたえられていましたが、いまは「ヌガ」がその地位を得ていることになるでしょう。

参考資料
岡山大学 2014年3月14日発表「日本初 スヴァールバル世界種子貯蔵庫にオオムギ種子を保存」
https://www.okayama-u.ac.jp/tp/news/news_id3294.html
ウィキペディア「ロングイェールビーン」
https://ja.wikipedia.org/wiki/ロングイェールビーン
NUGA facebook
https://www.facebook.com/pg/nugasushi/
トリップアドバイザー日本「NUGA」
https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g503715-d15350984-Reviews-NUGA-Longyearbyen_Spitsbergen_Svalbard.html
Bouchie16 2017年10月21日投稿「世界最北の寿司屋Sushi KITAが今日(21日)で閉店のようです」
https://twitter.com/boutchie16/status/921769534381481984
| - | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0)
「J.S.カリーみなとみらい東急スクエア店」のJ.S.カリー――カレーまみれのアネクドート(127)

これまでの「カレーまみれのアネクドート」はこちら。



カレー店にも意匠があります。その店の雰囲気を出そうと、経営者たちは趣向を凝らします。ネパールの人が経営しているカレー店には、日本人では再現できない雰囲気があります。香辛料に執心する人が経営しているカレー店には、数々の香辛料の瓶と香りがあります。

衣類系の企業が経営するカレー店はどうでしょうか。

創業1977年のベイクルーズグループは、長らく女性向けと男性向けの服装などの製造・販売をしててきた企業。「イエナ」や「エディフィス」などの商標で知られます。

このベイクルーズグループが2017年3月「J.S.カリー」というカレー店を渋谷に出しました。そして「フードトラック店」という移動販売の店を始めたあと、ことし2019年11月には、横浜に「みなとみらい東急スクエア店」を出しています。

みなとみらい東急スクエア店の意匠は、白や銀色を基調としたもの。それでいて、スプーンとフォークの色は黒。カレーから思いうかぶ「いかにも」な雰囲気を排しているのかもしれません。

同店でもっとも人気があるとされるのは、店名にもなっている「J.S.カリー」。衣類系企業の手がけるカレーよろしく、彩りは鮮やかです。なかでも胡瓜と香草ーの緑色が、ほかのカレー店のカレーと一線を画します。

この胡瓜と香草の風味はそれぞれ際立っており、相当にこのカレー全体の風味を支配しています。

加えて、かなりふんだんにまぶされているナッツが歯ざわりを支配しています。カレーでの歯ざわりといえば、たいていは肉。このカレーにも「自家製タンドリーチキン」が入っているものの、この肉の存在を忘れさせるほど、ナッツが存在感を出しています。半熟の玉子が1個分そえられているのも、なかなかの存在感です。

カレーソースは同店独自のものとのこと。玉葱と複数の香辛料を基本に、落花生バターと大根おろしが隠し味になっているのだそう。このカレーではソースは脇役にまわっています。

「いかにもなカレー店」でない店を、「いかにもなカレー」でないカレーをめざしたのでしょう。衣装系企業がとてもとても出しそうな店とカレーになっています。

J.S.カリーみなとみらい東急スクエア店の食べログ情報はこちら。
https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140103/14077667/

参考資料
ベイクルーズ「OUR HISTORY」
https://www.baycrews.co.jp/company/history/
はまこれ横浜 2019年11月14日付「スペシャリティカレースタンド『J.S. CURRY』みなとみらい東急スクエアにオープン!」
https://hamakore.yokohama/js-curry-minatomirai-tokyu-square-open-info/

| - | 14:43 | comments(0) | trackbacks(0)
“べったり”か“さらっと”かで成分を分離

写真作者:Oak Ridge National Laboratory

身のまわりにある物質の多くは、2種類以上の異なる成分が混じりあった「混合物」です。混合物を混合物のままにしておいてもよければ、なにも作業は起きません。しかし、ときには、混合物をそれぞれの単独の成分に分けなければならず、そのときに作業が要ります。

たとえば、香水の香りや、薬の効きめなどを調べるためには、その香水や薬にふくまれている成分を分けて、全体のなかでどのくらいの量が含まれているのかや、ほかの成分とどのくらいの量の比があるのかといったことを求めなければなりません。

このような成分の分離のために使われている方法に「クロマトグラフィー」があります。

混合物をつくる成分には、「ある物質」とあいだでの相互作用が強いものもあれば、弱いものもあります。相互作用が強ければ、その成分とその物質はいわば“べったりした関係”にありますし、相互作用が弱ければ、その成分とその物質はいわば“さらっとした関係”にあります。

そこで、分離したい成分をふくむ混合物を、この「ある物質」と作用させることで、“べったりした関係”をもつ成分には“べったり”してもらい、“さらっとした関係”をもつ成分には“さらっと”退いてもらうことができれば、混合物の成分を分離することができるはずです。

クロマトグラフィーでは、分離したい成分の相手となる「ある物質」を「固定相」といいます。

では、この固定相に、分離したい成分をそのままぶつけるのかというと、そうではありません。分離したい成分を「移動相」とよばれる、ガスまたは液体のなかに入れて、その状態の移動相を固定相に触れさせ、分離したい成分それぞれと固定相のあいだで相互作用を起こさせるのです。

移動相にガスを使う方法を「ガスクロマトグラフィー」といい、とくに揮発性のある物質の分離などに使われます。また、移動相に液体を使う方法を「液体クロマトグラフィー」といい、移動相に溶けさえすれば、揮発性のある物質の分離にも、揮発性のあまりない物質の分離にも使われます。また、移動相に超臨界流体とよばれる物質を使うこともあり、この方法は超臨界流体クロマトグラフィーとよばれます。

「クロマトグラフィ」(chromatography)は、ギリシャ語で「色」を意味する“Chroma”と「記録」を意味する“Graphos”からきています。また、クロマトグラフィーをおこなうための装置は「クロマトグラフ」といいます。

参考資料
日本分析機器工業会「クロマトグラフィーの原理と応用」
https://www.jaima.or.jp/jp/analytical/basic/chromatograph/principle/
GEヘルスケアライフサイエンス「クロマトグラフィー - バイオサイエンスを支える基礎技術 バイオダイレクトメール Technical Tips vol.48」
https://www.gelifesciences.co.jp/newsletter/biodirect_mail/technical_tips/tips48.html
大阪府立産業技術総合研究所 Technical Sheet「クロマトグラフ」
http://tri-osaka.jp/technicalsheet/10017.PDF
| - | 14:42 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで
フェルマーの最終定理―ピュタゴラスに始まり、ワイルズが証明するまで (JUGEMレビュー »)
サイモン シン, Simon Singh, 青木 薫
数学の大難問「フェルマーの最終定理」が世に出されてから解決にいたるまでの350年。数々の数学者の激闘を追ったノンフィクション。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
amazon.co.jp
Billboard by Google
モバイル
qrcode
PROFILE